11月14日

ロス・ロボスの成功と「ラ★バンバ」80年代ロック伝記映画の決定版!

26
0
 
 この日何の日? 
映画「ラ★バンバ」が日本で劇場公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1987年のコラム 
さだまさし「風に立つライオン」歌詞の深読みとアメイジング・グレイス

これがエンタメ!少年隊「ABC」ジャニーさんにとって永遠の “Angel Baby Cupid”

1987年の船山基紀 — 1986オメガトライブと少年隊

エルヴィス・コステロ来日公演、スペシャルゲストはニック・ロウ!

リック・アストリーは最高のソウルシンガー、人は見かけで判断しちゃダメ!

初代ヴォーカリストは宮城宗典、80年代を駆け抜けたヒルビリー・バップスの軌跡

もっとみる≫




レイ・チャールズを描いた『Ray / レイ』、フランキー・ヴァリを描いた『ジャージー・ボーイズ』、ジョニー・キャッシュを描いた『ウォーク・ザ・ライン / 君につづく道』など著名なアーティストの伝記映画はこれまでにいろいろ制作されました。来年にはクィーンを描いた『ボヘミアン・ラプソディ』も公開されるようです。

こうしたちゃんと俳優を配してアーティストの人生を描いた伝記映画、ロック題材のものは80年代くらいから登場し始めました。そんな80年代ロックアーティスト伝記映画の決定版のひとつが87年の『ラ★バンバ』です。

『ラ★バンバ』の主人公はリッチー・ヴァレンス。わずか17歳で早逝した伝説のロックンロールアーティストです。伝説と言っても我々日本人にとってはほぼ無名、欧米の人にとっても若いひとにはほとんど知られてなかったと思われます。ですので、この映画のヒットによって彼の存在を知った人がほとんどでした。

では、そのヒットの要因は何か? 脚本、キャスティング、演出など映画における重要なポイントはすべてにおいて見事なんですが、それ以上に決定的なのが「音楽の見せ方」でした。

カルロス・サンタナと音楽プロデューサーのマイルズ・グッドマンが音楽監督を担当、映画における音楽キャスティングが見事にハマります。なかでも主役であるリッチー・ヴァレンス役のルー・ダイアモンド・フィリップス以上の存在感を見せつけたのがロサンゼルス出身のヒスパニック系バンド、ロス・ロボスです。

1950年代に録音されたリッチー・ヴァレンスの作品は音質的に使用しにくいこともあり、映画におけるリッチー・ヴァレンスの曲はすべてロス・ロボスによって演奏されました。リッチー・ヴァレンスの「カム・オン・レッツ・ゴー」を過去にカヴァー(デビューEPに収録)していたこともあって起用されたようですが、この起用がこの映画の成功のキーともいえるほど、どハマりしたワケです。

この映画のトレイラー替わりにもなった「ラ・バンバ」のミュージックビデオもガンガン流れまくり、ビルボード3週連続1位を獲得します。

劇中にもメキシコ民謡「ラ・バンバ」を演奏するバンドとして登場し、愛嬌をみせるロス・ロボスはこのヒットで一躍スターに。その後こういったシングルヒットには恵まれませんでしたが、T・ボーン・バーネットやチャド・ブレイク、ミッチェル・フルームといったマニア好みのプロデューサーらと素晴らしいアルバムを残し現在も活躍中です。

「ラ・バンバ」の印象が強すぎて「ロス・ロボス=ラ・バンバ」のようになってしまったのは残念ですが、ライ・クーダーなみにアメリカンルーツミュージックやメキシカンミュージックなどのさまざまなジャンルの音楽を表現し続ける姿勢は立派です。是非彼らの音楽に触れていただきたいです。

しかし『ラ★バンバ』の見どころはロス・ロボスだけではないんです。

<つづく>

2018.01.05
26
  YouTube / djmambito2


  YouTube / Black Machine
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
20
1
9
8
7
親しみやすいエディ・コクラン、サマータイム・ブルース は スーダラ節?
カタリベ / 本田 隆
24
1
9
7
8
羽生結弦もむせび泣き、ゲイリー・ムーアは泣きのギターを顔で弾く!
カタリベ / DR.ENO
105
1
9
8
3
ジミヘンから R.ケリーまで 〜 アイズレーこそ最強のインフルエンサー
カタリベ / 中川 肇
37
1
9
7
7
50'sブームとは?アメリカに未来を見いだした80年代のティーンエイジャー
カタリベ / 本田 隆
19
1
9
8
2
歌謡風味の軽快サウンド、サンタナの情熱メロディー「ホールド・オン」
カタリベ / DR.ENO
54
1
9
8
0
ボズ・スキャッグス「ミドル・マン」秋の夜長に聴きたいAOR
カタリベ / 中川 肇