11月11日
1987年の船山基紀 — 1986オメガトライブと少年隊
34
1
 
 この日何の日? 
少年隊のシングル「ABC」が発売された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
ジョージ・ハリスンの「クラウド・ナイン」は驚きの連続だった

SWEET DREAMS ー 松任谷由実が描いた甘く、せつなく、やるせない気持ち

夕方の再放送枠を塗りつぶせ!ダンディー鷹山とセクシー大下の疾走

ロス・ロボスの成功と「ラ★バンバ」80年代ロック伝記映画の決定版!

人は見かけで判断しちゃダメ!リック・アストリーは最高のソウルシンガー

30周年!私をスキーに連れてって ー いかに私が「私スキ」をスキだったか

もっとみる≫


Re:minder で書かせていただくのは二回目だが、今回は編曲家・船山基紀さんについて書こうと思う。

初回の原稿では、カルロス・トシキ&オメガトライブのアルバム『BAD GIRL』およびそのプロデューサーだった編曲家・新川博さんについて書いた。子供の頃、カルロス期のオメガトライブが大好きだった私にとって、二人は特別な存在の音楽家だ。

実のところ、船山さんはオメガトライブでは8曲しか編曲されていない――。

しかしながら、1986オメガトライブの1stアルバム『Navigator』の表題曲はとても印象に残っている。2ndアルバム『Crystal Night』収録の「Phoenix」のアレンジもまた素晴らしい。「白く霧に煙る都会(まち)滲む Signal 時を止める」という出だしの歌詞とイントロが相まって、目の前に都会の情景が鮮やかに浮かぶ。抑えめだけど、跳ねたリズムがとてもクールで、今でもとても好きな曲だ。

そして、カルロス・トシキ&オメガトライブに改名してからの1stアルバム『DOWN TOWN MYSTERY』に収録された「Emmy Angel」などもそうだ。記憶に残る曲が実に多い。だからだろうか、「船山基紀」という名前は子供の頃からずっと覚えている。

船山さんは1981年から2年間、アメリカ・ロサンゼルスに音楽活動の拠点を置き、そこで当時最新鋭のデジタルシンセサイザー・フェアライト CMI と出会い、これを日本に持ち帰った。そして、80年代後半、Wink や森川由加里などに代表されるジャパニーズ・ユーロビートムーブメントを牽引した立役者としても知られている。そんな船山さんがライブストリーミングサイト『DOMMUNE』に出演された際「時代が変わっても音楽の本質的な部分は変わらない。みんなが聴きたいと思う曲は、ワクワクしたり、キラキラしたりっていうのは戦前から何も変わっていない」と話されていたのがとても印象的だった。

平成最後の紅白歌合戦では King&Prince「シンデレラガール」や、Sexy Zone「カラクリだらけのテンダネス」が歌われたりと、船山さんが手掛けた楽曲はいつの時代も話題を集めている。

そう、私にとって船山さんと言えば、少年隊も忘れるわけにはいかない。「仮面舞踏会」や「ABC」、山下達郎のカバー曲「FUNKY FLUSHIN'」など、子供の頃からずっと大好きで聴き続けてきた曲ばかりだ。イベント企画・運営グループ「ケモノディスク」で何度かお招きしているノーナ・リーヴスの西寺郷太さんも、邦楽の中で一番好きな曲は「ABC」、最も敬愛する編曲家として船山さんの名前を挙げている。

ちなみに「ABC」の発売日は87年11月11日。ちょうど一週間後には1986オメガトライブ5枚目のシングル「Stay girl Stay pure」がリリースされるが、そのカップリング曲である「Sand On The Seat」は船山さんの編曲だ。両曲とも多幸感溢れるダンサブルなアレンジ、いつ聴いてもイントロからテンションが上がってしまう。

2017年4月から3ヶ月間、早稲田大学エクステンションセンターで西寺さんの80年代ポップスに関する講義『ポップ先生の 80’s 音楽戦国史』を受けた。5回目の講義は「1987年の少年隊」。

1987年と言えば3月に「stripe blue」、6月に「君だけに」、11月には「ABC」をリリースし、少年隊が最も華々しく活動していた時期だ。あの当時、彼らが見せる煌びやかな世界にすっかり魅せられていた私… 文化祭のステージで少年隊の歌を熱唱したのもいい思い出だ。

少年隊について、西寺さん曰く――

「楽曲・編曲・演奏・歌唱・ダンスともに日本音楽史上最高峰の領域に突入。全てがハイクオリティに揃った究極のエンターテインメントグループ」

さらに西寺さんは持論を展開、それは「アメリカ・イギリス・オーストラリアなど様々な国のミュージシャンが互いに刺激や影響を受け合い、80’s ポップスは進化していった」というものだった。

その話を聞き、80年代の邦楽と洋楽の関係について掘り下げてみたいと思い立ち、2019年1月27日(日)にトークイベント『編曲家という仕事~男性アイドルを中心に辿る船山基紀の世界~』(場所:三軒茶屋グレープフルーツムーン)を開催することにした。

音楽シーンの最前線にいた船山さんと80年代ポップスに精通している西寺さんとで、その当時の日本のポップスシーンを洋楽との関係から考察していければと思う。

2019.01.13
34
  Apple Music


  Apple Music


  YouTube / オタメシチャンネル
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1972年生まれ
ケモノディスク 中村
コラムリスト≫
32
1
9
8
9
80年代と90年代を繋ぐ音楽、オメガトライブから渋谷系へ
カタリベ / ケモノディスク 中村
13
1
9
8
7
ジャニーズ的サマーソング、少年隊が歌って踊る夏を感じるこの2曲!
カタリベ / むぅとうさん
44
1
9
8
4
80年代最強の湘南サウンドはTUBEでもオメガトライブでもなく中井貴一!
カタリベ / 鈴木 啓之
11
1
9
8
5
SMAP以前、独断!80年代ジャニーズソングランキング!
カタリベ / 太田 秀樹
42
1
9
8
6
80年代イントロなんでもベスト3 ~ その3「コミカル・イントロ」
カタリベ / スージー鈴木
27
1
9
8
3
総制作費200万円、すったもんだの「ゴンチチ」レコーディング顛末記
カタリベ / 福岡 智彦
Re:minder - リマインダー