2月11日

クール&ザ・ギャング「ジョアンナ」サーファーディスコのクラシック

23
0
 
 この日何の日? 
クール&ザ・ギャングのシングル「ジョアンナ」がビルボードHOT100で最高位(2位)を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
ノストラダムスの大予言、恐怖の大王から僕を救ってくれたのはユーミン!?

訪日外国人が2,400万人を越えた報道で「くちびるヌード」を思い出す私

夢戦士ウイングマン、甘酸っぱくもほんのり切ないエンディングテーマ

1984年のアイドル革命、吉川晃司の「モニカ」と「すかんぴんウォーク」

サラエボオリンピックでヒットチャートを駆け上がったラヴェルのボレロ

反骨の炎「ときめきに死す」は静の旋律、主演映画にみる沢田研二の肖像

もっとみる≫



photo:snow records  

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol. 33
Joanna / Kool & The Gang

クール&ザ・ギャング、ダンス・クラシックスの定番を最も多く輩出!


70年代後半~80年代にかけてのディスコフロアで、特にサーファーディスコあるいはマハラジャ系ディスコで重宝していた楽曲、いわゆるダンス・クラシックスの根強いブームが衰えない。当時ディスコ通いしていた主に40代後半からアラカン世代を中心に、厚い支持を得ているようだ。

ところでブラック系 / ダンスミュージック系アーティストによるダンス・クラシックスの盛り上がりの定番曲というものが結構な数存在しているが、それを最も多く輩出したアーティストは誰か、ご存じだろうか。アース・ウィンド&ファイヤー? マイケル・ジャクソン?

いやいや、答えはクール&ザ・ギャング! そして80年代31番目に誕生したナンバー2ソングは、クール&ザ・ギャングの「ジョアンナ(Joanna)」(84年2月2位)だ。

80年代ディスコに鳴り響く、ジェイムス “JT” テイラー加入後のナンバー


60年代終盤から活動する R&B / ファンク・グループ、クール&ザ・ギャングは、アーシー&ワイルドなファンクを身上とした70年代と、ポップ&ブラコンテイストを強くした80年代とでは、まったく別ものグループといってもいいくらいだが、ダンス・クラシックス人気を得ているのは、言うまでもなく80年代の方だ。

色男かつ甘い歌声を持つリードシンガー、ジェイムス “JT” テイラー加入後、そして映画『2001年宇宙の旅』で使用された「ツァラトゥストラはかく語りき(Also Sprach Zarathustra)」(73年2位)のヒットで知られるデオダートをプロデューサーに迎えて以降(およそ79年~)の時代となる。この時期に残されたダンス・クラシックス定番と言われる作品を挙げてみよう。

■ レディーズ・ナイト(80年8位)
■ トゥー・ホット(80年5位)
■ セレブレーション(81年1位)
■ ステッピン・アウト(82年89位)
■ ゲット・ダウン・オン・イット(82年10位)
■ ビッグ・ファン(82年21位)
■ トゥナイト(84年13位)
■ ストレート・アヘッド(84年ブラック49位)
■ ミスレッド(85年10位)
■ フレッシュ(85年9位)

いずれも当時隆盛を極めたディスコに足を踏み入れた方々には、耳なじみ(踊りなじみ?)のある楽曲が並んでいるはずだ。特に唯一の1位獲得「セレブレーション」、ダンスマンもカバーした「ゲット・ダウン・オン・イット」のヒット規模が最も大きいと思われるが、それを上回る共有感を擁するのが「ジョアンナ」だ。

MTV黎明期、80年代を代表する楽曲と共にオンエアされた「ジョアンナ」


ブラコン / AOR テイスト溢れるミディアムバラッド調はフロア対応ではないが、ディスコラヴァーズにとってはチークタイムで刷り込まれた作品である。さらには突っ込みどころ満載の MTV 時代黎明期としか言いようのないチープな PV が、繰り返し地上波 TV でオンエアされたのをご記憶の方も多いのではないだろうか。

そう、ヒットチャートの上位曲がようやく軒並み PV を作成、この新たな魅力的コンテンツをこぞってメディアが紹介しだした時期でもあったのだ。そして「ジョアンナ」と同時期にチャート上位を賑わせたのが、錚々たるキラキラ輝く楽曲かつキャッチーな PV を伴った作品たち――

■ カルチャー・クラブ「カーマは気まぐれ」
■ ヴァン・ヘイレン「ジャンプ」
■ ネーナ「ロックバルーンは99」
■ シンディ・ローパー「ハイスクールはダンステリア(当時の邦題)」
■ イエス「ロンリー・ハート」…

―― 後に80年代洋楽を代表するような楽曲たちと共に(ついでに?)「ジョアンナ」の PV はオンエアされたわけだ。結果「ジョアンナ」は、クール&ザ・ギャングのレパートリーの中でも最も共有感の高い作品になったどころか、ある意味80年代の洋楽バブルを代表する楽曲のひとつに位置してしまっている。

絶妙なヒットタイミングであり、トップ到達を阻まれたものの逆に「カーマは気まぐれ」には足を向けて寝られないのが「ジョアンナ」なのだ。


※2017年7月10日に掲載された記事をアップデート

2020.02.11
23
  YouTube / KoolAndTheGangVEVO 


  YouTube / KoolAndTheGangVEVO 
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
15
1
9
8
5
フロアの王者 クール&ザ・ギャング、チークタイムの定番はチェリッシュ
カタリベ / KARL南澤
11
2
0
1
9
ディスコは洋楽だけじゃない!青春 J-POP ディスコ in マハラジャ
カタリベ / DJ BLUE
14
1
9
8
6
宮殿ディスコの発火点、あの「マハラジャ」が京都祇園に誕生した日!
カタリベ / 小山 眞史
23
1
9
8
0
クール&ザ・ギャングとEW&F、ゆずとコブクロって全然違うでしょ!?
カタリベ / 時の旅人
50
1
9
8
3
世界中で大ヒット「カーマは気まぐれ」は最初から古くて新しい曲だった♪
カタリベ / 宮井 章裕
107
1
9
7
8
アース・ウインド&ファイアー「セプテンバー」と80年代の六本木ディスコ事情
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー