2月7日

夢戦士ウイングマン、甘酸っぱくもほんのり切ないエンディングテーマ

20
2
 
 この日何の日? 
テレビ朝日系アニメ「夢戦士ウイングマン」の放送が開始された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 松田聖子が覆したコスメ界の常識

ノストラダムスの大予言、恐怖の大王から僕を救ってくれたのはユーミン!?

訪日外国人が2,400万人を越えた報道で「くちびるヌード」を思い出す私

クール&ザ・ギャング「ジョアンナ」サーファーディスコのクラシック

1984年のアイドル革命、吉川晃司の「モニカ」と「すかんぴんウォーク」

サラエボオリンピックでヒットチャートを駆け上がったラヴェルのボレロ

もっとみる≫



photo:作品DB  

パンツのシワの書き込みにかけては日本一どころか世界一の桂正和先生の連載デビュー作『ウイングマン』。特撮マニアの先生の趣味が丸出しの作風で、大好きな作品だ。

アニメでは主題歌『異次元ストーリー』よりもエンディングの『Wing Love』の方が印象深い。主人公・健太が「チェイング(変身)」し、ウイングマンになってポーズを決めまくるだけの映像に重なる高音で澄んだ切なげな声。なんか、『みゆき』のエンディングでもあったH2Oの『想い出がいっぱい』が被るんですよ。80年代アニメのエンディングのどこか切なく、甘酸っぱい感じっていいよね…。

登場する女性キャラもカワイ子ちゃん揃い(80年代風)。ミクちゃんよりはアオイさんの方がいいよなぁ。でもアオイさんはポドリムス人だから、素顔がわからんし。やっぱ、モモコちゃんだなぁ、とちょっと考えてみたりして、直後に自己嫌悪に陥いったのもイイ思い出。アニメでは、声がなんだか色っぽいアオイさんが一歩リードか?しかし、アオイさんが健太のことを「ケン坊」って呼んだり、「パータレ」って怒ったりするのも80年代だなぁ…。ミクちゃんのぶりっ子ブリや髪型なんかも、この時代でしかありえないかも。

感動的な最終回は、ジャンプ漫画の中でも屈指の名シーン。今、思い出しても鳥肌モノ。アニメでもやって欲しかったなぁ。


Wing Love / 山中のりまさ
作詞:竜真知子
作曲:林哲司
編曲:奥慶一
発売:1984年(昭和59年)2月21日
   主題歌「異次元ストーリー」のC/W

2016.05.29
20
  YouTube / NEOHIEN2
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1974年生まれ
バーグマン田形
コラムリスト≫
58
1
9
8
0
黄金の6年間:翔んだカップルの桂木文と H2O「僕等のダイアリー」
カタリベ / 指南役
23
1
9
8
6
メイクアップ「ペガサス幻想」ロックバンドによるアニソンのパイオニア
カタリベ / 中塚 一晶
45
1
9
8
4
林哲司とシティポップ、新しいアイドル・ポップスの世界を開拓したヒットメーカー
カタリベ / 鈴木 啓之
37
1
9
8
2
林哲司とシティポップ、尼崎の夕暮れが洗練されたのは美しいメロディのおかげ
カタリベ / 彩
95
1
9
8
0
サイボーグ009と共に!いま爆音で響かせたいアニソン「誰がために」
カタリベ / 鎌倉屋 武士
25
1
9
8
4
デヴィッド・ボウイがイギー・ポップに差し伸べた少年ジャンプ的精神!?
カタリベ / ソウマ マナブ
Re:minder - リマインダー