1月21日

徳永英明のレイニーブルー、今も原宿に行くと耳の奥であのイントロが…

21
0
 
 この日何の日? 
徳永英明のデビューシングル「レイニー ブルー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
80年代メタルのギター革命! イングヴェイ、そしてポール・ギルバートの衝撃

シンプリー・レッドのミック・ハックネルは「赤い悪魔」の熱狂的サポーター

酔いどれ詩人フィル・ライノット、アイリッシュ・ウイスキーを飲みながら…

受験シーズンの定番ソング? とんねるず「落ちて滑って不合格」

EPICソニー名曲列伝:渡辺美里「My Revolution」エピック黄金時代がやって来た!

マイ・レヴォリューション、次々と “10代初” を更新していった渡辺美里

もっとみる≫



photo:LAUGHY  

あの夏、原宿のCOXY188と言うビルでウエイターとビラ配りのアルバイトをしていた僕は、エリア限定で聞けるラジオの作りハガキを書いたりもしていた。名前はKIDS FMだったかな? BOWWOWの事務所の社長の上野さんが作った気がする。

しばらくして、東郷神社で行われたロックミュージカルがあって、そこにも出た気がするけど、同じビルでバイトしてた男の人がカセットテープを配ってた。その中に入っていた曲が「レイニー ブルー」だったと思う。カセットを配っていたのが徳永英明さんだということを後で知って驚いた。

今でもカラオケで歌う思い出の詰まった曲。切なくて、ウォークマンで聞いていた。当時原宿はタレントショップもたくさんあって、竹下通りは大渋滞。今も原宿に行くと耳の奥であのイントロが鳴り出して困る。なぜならあの二十代前半に付き合っていた女の子のことが鮮明に思い出されるからたまらない。

結婚か起業か、はやりのアメリカンライトビール、バドワイザーを煽りながら、ジッポでガラムに火をつけていきがっていた自分を思い出す。今も捨てられないホノルルワイキキのローカルラジオ局の海賊版が録音されたカセットテープの山にまみれ、「レイニー ブルー」のカセットも僕の宝物、80年代の音楽遺産である。


Rainy Blue(レイニー ブルー)/ 徳永英明
作詞:大木誠
作曲:徳永英明
編曲:武部聡志
発売:1986年(昭和61年)1月21日


2016.02.14
21
  YouTube / HideakiTokunagaVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
[edi]
コラムリスト≫
31
1
9
7
8
ちゃらちゃらした水谷豊「表参道軟派ストリート」傷だらけの天使が蘇る?
カタリベ / 平マリアンヌ
43
1
9
7
9
セディショナリーズを日本に持ち込んだプラスチックスと原宿のブティック
カタリベ / inassey
34
1
9
8
0
マクセル「RIDE ON TIME」キャンペーンで当たったものは!?
カタリベ / @0onos
50
2
0
1
7
風と光のデイ・トリッパー、山下達郎の「COME ALONG」と鈴木英人
カタリベ / 太田 秀樹
44
1
9
8
3
ウォークマン誕生!エンタメ企業としてのソニーを考える ー 大賀典雄 篇
カタリベ / goo_chan
110
1
9
8
2
1982年の鹿鳴館、原宿「ピテカントロプス・エレクトス」誕生秘話
カタリベ / ロニー田中