3月24日

ヴァン・ヘイレン、アナタはデイヴ派? それともサミー派?

28
5
 
 この日何の日? 
ヴァン・ヘイレンのアルバム「5150」が米国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
あー、たまらん!アニタ・ベイカーの「スウィート・ラヴ」に一耳惚れ♡

知世のお姉ちゃん現る、原田貴和子は噂に違わぬ美人じゃないか!

会員番号12番、地上に舞い降りた天使「河合その子」に恋をした!

16歳で出会った最高のアルバム、ストーンズの新譜「ダーティ・ワーク」

80年代イントロなんでもベスト3 ~ その3「コミカル・イントロ」

80年代ストーンズ!ダーティー・ワークとワン・ヒットの衝撃!

もっとみる≫






photo:Warner Music Japan  

1984年、その名も『1984』というアルバムをリリース、シングル「ジャンプ」を大ヒットさせたヴァン・ヘイレン。

「ジャンプ」のあのイントロを聴くだけで、80年代の象徴として胸がときめきますよね。ヴァン・ヘイレンが大好きだった私は、彼らが次のアルバムを出すころに「ヴォーカル、デイヴ・リー・ロスが脱退、サミー・ヘイガーが加入」というニュースに相当ショックを受けました。

ギターヒーロー、エディ・ヴァン・ヘイレンが中心のバンドということがわかっていながら、日本人にはなかなか真似のできないエンタテインメント性の高いデイヴのヴォーカルスタイルが好きだったので、彼の代わりは誰も務まらないだろうと思いました。それで早速、サミー・ヘイガー加入のヴァン・ヘイレンのシングル「ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラヴ 」をラジオで聴きました。

曲はキャッチーなんですが、「これは私の求めていたヴァン・ヘイレンではない!」というのが正直な感想。意固地な高校生の私は、当初買おうと思っていたそのアルバムを買いませんでした。ヴォーカリストの交代というのはかなりバンドのカラーを変えてしまうのですね。

しかしながら、ラジオや TV で頻繁にオンエアされるヴァン・ヘイレンの新作『5150』のサウンドのカッコよさに少しずつ心動かされていきました… そして「けっこういいかも」という気持ちがちらほら芽生えてきたのは事実。ですが、周りの友人たちに「サミー・ヘイガーは認めない!」と言っていた手前、私は引くに引けず、とうとうサミー・ヘイガー期のヴァン・ヘイレンのアルバムをリリース時に手に入れることはありませんでした。

教訓:先入観のみで音楽に接すべからず!

その後に意地を張らないのも大事ですね。今ではどっちの時期も最高! と愛聴しております。逆に今では現存しないサミー・ヘイガーのヴァン・ヘイレン、1回でもライヴに行っておくべきでした…

そういえば、アルバム1枚だけだったゲイリー・シェローン加入期のアルバムも好きですよ。


※2016年1月3日に掲載された記事をアップデート

2018.10.12
28
  Spotify


  Spotify
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1969年生まれ
ほのぱぱ
『1984』聞いたなぁ・・・
「ジャンプ」や「パナマ」は今でも時おりラジオから流れますが、個人的には「ホット・フォー・ティーチャー」が大好き!当時この曲がシングルカットされたことにも驚いた記憶があります。
デイヴの置き土産的なPVも最高です。
2018/10/12 17:42
0
返信
1965年生まれ
高野 悠
デイヴ・リー・ロスはビーチボーイズのカリフォルニアガールズをカバーしてたなあ。今でもレコード持ってる。たまに聞きますよ。稀代のエンターテイナーですよね。
2016/01/06 05:27
1
返信
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
44
1
9
8
4
ジャンプ!今日もヴァン・ヘイレンは無責任に誰かの背中を押している
カタリベ / 宮井 章裕
56
1
9
8
4
みんなの洋楽ナイト — 1984年夏、フットルースと渋谷ラ・スカラ
カタリベ / 本田 隆
23
1
9
8
3
ヴァン・ヘイレン vs アズテック・カメラ、やる気にさせる「ジャンプ」はどっち?
カタリベ / やっすぅ
79
1
9
8
4
奇跡の年1984。第1回MTVアワードを揺るがせた最大の事件―マドンナ
カタリベ / 指南役
31
1
9
8
2
みんなの洋楽ナイト — 時代を切り拓く力、縦横無尽なヴァン・ヘイレン
カタリベ / 中塚 一晶
33
1
9
8
4
解放と抑圧のヴィジョン、映画「1984」とユーリズミックス
カタリベ / 後藤 護
Re:minder - リマインダー