3月21日

小泉今日子「渚のはいから人魚」危うくて、いたずらっぽくて、ドキドキする

33
0
 
 この日何の日? 
小泉今日子のシングル「渚のはいから人魚」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
時代の空気とスタイル・カウンシル、80年代の気分は “おしゃれ” とカフェバー?

初めてのエイティーズ体験、15の朝は甘酸っぱいカフェ・ブリュの恋

プリンスの紡ぐ「ビートに抱かれて」鳩が翼を広げて飛び立つとき

出会うべき時に出会う音楽、ゆとり世代の聴いた尾崎豊はメロンソーダの味?

夏を制する者はアイドルを制す!小泉今日子は「渚のはいから人魚」で東証一部上場!

大滝詠一のEACH TIME、毎度毎度の長すぎるロングバケーション…

もっとみる≫




ショートカットで歌っている頃の小泉今日子を見ると、私はつい、女子の目線より、男子の目線で彼女に釘付けになってしまう。

健康的に引き締まった体と、くるくると変わる表情。キラキラとした瞳、なにかしでかしそうな、いたずらっぽい笑顔にハートを鷲掴みにされる。

彼女が刈り上げショートに学ラン姿で雑誌『DUNK』の表紙を飾ったのは有名な話だけれど、私がもし当時の高校生男子だったら、部活終わりに部室で「小泉今日子ってかわいいよな~」とか言いながら男たちで回し読みをするはずだ。それまでの、可愛らしいフェミニンなアイドルとは違って、一緒にバカ騒ぎしたり、スポーツだってできちゃいそうな彼女は、男子高校生の「理想の彼女」だったと思う。

小学生の時にいた、野球チームやサッカーチームに1人だけ入ってる女の子… みたいな感じがあって、私はそういう女の子を少なからず羨ましいなと思って生きてきた。

同じ高校にいたら、いつも男友達とつるんで、「コイズミ!」なんて呼ばれたりして、男子達の中で特別な立ち位置にいそう。で、みんなキョンキョンのことが好き(笑)。そんな妄想を掻き立てるキョンキョンのチャーミングさは、いつまでも衰えることがない。

明るくて元気があって、屈託無く笑う、自由で開放的な姿は、年齢を重ねても変わらず、いつまでも少女のようで愛くるしい。

さて、前置きが長くなってしまったけれど、1984年3月21日発売のシングル「渚のはいから人魚」の話をしたい。小泉今日子が9枚目にして自身初の週間オリコンチャート1位を獲得した曲だ。

デビュー当時のふわふわヘアスタイルと、王道アイドル路線の曲とは異なる、キョンキョンらしさが確立されている。危うくて、いたずらっぽくて、ドキドキする。放っておくとどこかに行ってしまいそうな、そんな、男の子の手には負えない、魅惑的なキュートさがよく現れている。

まず、「渚のはいから人魚」というタイトルが彼女にピッタリだし、「ズッキン ドッキン、ズッキンドキン…」とコーラスが流れると、こちらの鼓動も速くなる。


 あっち向いてて ダメよのぞいちゃ


―― なんていたずらっぽく歌われたら、のぞきたくなってしまうし、「大きく NG」と言ったあと、囁くように「ちいさく OK」なんて言われたら、ずるいなぁ、と思いつつキュンとしてしまう。

そういうキョンキョンのペースに乗せられて、翻弄されてしまうのが、この曲の魅力だ(キョンキョンの他の曲にも言えることだけれど)。人魚は伝説上、歌で男たちを誘惑し、船を沈める… なんて言われてきたけれど、80年代に現れた「はいから人魚」は、ブラウン管を通して、多くの男子の心を誘惑したことであろう。

私はこの曲の「男の子って すこし悪い方がいいの」という歌詞が好きなのだけど、本当に少し悪い方がいいのかどうかは、22の私にはまだ答えを出しかねるところである。

2019.03.20
33
  YouTube / Victor Entertainment 


iTunes / コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト1982-2017

 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
ミヤジサイカ
コラムリスト≫
105
1
9
8
7
非常にクオリティの高い “80年代女性アイドルのアルバム” ランキング10
カタリベ / 不自然なししゃも
46
1
9
8
8
早すぎたシティポップの歌姫「ラ・ムー」菊池桃子
カタリベ / ケモノディスク 中村
34
1
9
8
6
松田聖子「瑠璃色の地球」僕らのアイドルが歌った “希望” のスタンダード
カタリベ / goo_chan
103
1
9
7
8
鉄道ソングに駄作なし!山口百恵「乙女座 宮」♪ 銀河大陸横断鉄道~
カタリベ / 指南役
61
2
0
1
2
小泉今日子「Koizumi Chansonnier」中年のリアルを歌った私小説アルバム
カタリベ / まこりん
69
1
9
8
1
柏原よしえ「ハロー・グッバイ」はアグネス・チャンと讃岐裕子のカバー曲
カタリベ / 藤澤 一雅