5月6日

ザ・キュアーの思い出、合コンの惨事と「ボーイズ・ドント・クライ」

42
1
 
 この日何の日? 
ザ・キュアーのアルバム「スタンディング・オン・ア・ビーチ」が英国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
世界を驚愕させた神秘の声、ブルガリアン・ヴォイスとUKのレーベル4AD

ピカピカのアイドル時代の終焉、小泉今日子「100%男女交際」

レベッカ — 家を飛び出した少女と路地裏の悪友たち

ヒットチャートに耳をすませば ー 忘却の果てに甦るわずか数秒だけの曲

菊池桃子は癒しの女神、極上の前向き片思いソング「夏色片想い」

80年代の最強サックスプレイヤー、デイヴィッド・サンボーン無双!

もっとみる≫







今年も『フジロック・フェスティバル』は行かなかったが、やはりザ・キュアーは観たかった。フェス以外で来日公演を観るのが叶わない、私的 “最後の大物”。古くからのアイドル。なにしろ、上京して移り住んだ六畳一間アパートの部屋に、初めて貼ったのは、高井戸駅地下商店街のレコード屋でもらったキュアーの巨大ポスターだったのだ。

薄緑を背景に、青いシャツと黒いジャケット、赤い唇のロバート・スミスがどーんと映ったそれは、引っ越すまでの3年とちょっとの間、貧乏学生の生活をじっと見守り続けた。引っ越しのどさくさによって、それをなくしてしまったのが本当に悔やまれる。あのデザインのダークな感じは、UK インディーズに入れ込んでいる陰気には、たいそうフィットした。

“合コンの話があるんだけど、来ない?” ―― ロバートに見つめられた部屋で、大学の同級生から、そんな電話を受けた。合コンって、あれか、集団お見合いみたいなやつか!? 上京して一年足らずの田舎者には、その程度の認識だったが、恋愛とは無縁の身には嬉しい話だ。今思うと、数合わせ&安パイとして声をかけられたような気がしないでもないが、そのときは舞い上がった。

しかし、何を着ていけばいいのか? “ジャケットを着ていけ” ―― 壁のロバート・スミスはそう言った。青のシャツは持ってないので、とりあえず白いシャツをロバートと同じように第一ボタンまで留めて出かけた。

合コンの場、そしてまたもや、しかし、だ。その場の話題についていけない……。昨日のテレビがどうとか、あのドラマが面白いとか、テレビをほとんど見ない自分は、ただうんうんと頷くしかない。

会話に入っていけないことに気づいた友人が、助け舟を出してくれた。“ソウマは音楽と映画、すごい詳しいんだよ” ―― 有難かった、が、結果的にそれは泥船と化す。

“へー、ソウマ君は、どんなアーティストが好きなの?” と女子に問われ、反射的に“キュアーとかスミスとかエコー&ザ・バニーメンとか” とか答えたら、場がシーンとなった。マズい、非常にマズい…… と戸惑っていたら、ひとりの女子が助け舟を出してくれた。“そのキュアーって、名前聴いたことあるけど、どんな曲やってたっけ?”

このパスをどう返すべきか? 脳内メモリが全力で働き始める。「首吊りの庭」…… なんて言ったらドン引きが加速するに違いない。「ザ・キャタピラー」…… “毛虫” の歌なんて、ますますキモがられる。「レッツ・ゴー・トゥ・ベッド」…… 初対面の女子に言う曲名ではないな。迷った挙句、“「ザ・ウォーク」というかっこいい曲がありまして…” と言ったら、またもやシーン…… 泥船はタイニックよりも早く沈んでいく。せめて“「ラブキャッツ」っていう素敵な曲があるんですよ”って言えよ、俺!

その後、映画の話になり、“『トップガン』見た?” という話題に。“見た、見た!”、“トム・クルーズ、かっこいいよねー”、“サントラ買ったよー” という流れの中で、“『蜘蛛女のキス』がとっても面白かった” と主張するのは無粋と思い、再び頷きモードに入った。

“あーあ、やっちゃったなあ、マズったなあ、ダメだなあ” と思いつつ、帰宅。壁のロバート・スミスはこう言った。“黙って「ボーイズ・ドント・クライ」を聴け”

SNS やクラブイベのおかけで、あれから30年強を経てキュアー友は増えた。とりあえず今年の『フジロック』のステージも中継で観ることができたし、それでも胸アツだった。合コンとはその後無縁だったが、この歳になっても舞い上がれるものがあるのは、ちょっと嬉しい。

2019.08.07
42
  YouTube / The Cure


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
21
1
9
8
2
ザ・キュアー「ポルノグラフィー」が放つゴシックの炎
カタリベ / 後藤 護
23
1
9
8
4
ロックとパンクの壮大なパロディ、キッチュが売りのフランキーとジグジグ
カタリベ / ジャン・タリメー
7
1
9
7
8
これこそ不条理!? キュアーのデビューシングル「アラブ人」の運命は?
カタリベ / DR.ENO
25
1
9
8
4
キュアーのキャタピラー、ロバちゃんの魔法で毛虫の女の子になった私
カタリベ / Micco
32
1
9
8
0
ロックの原点回帰、暴走族に愛されたアナーキーのパンクロック
カタリベ / 本田 隆
46
1
9
8
8
ジュン・スカイ・ウォーカーズがもたらしたパンク・ロックの大革命! 
カタリベ / 本田 隆
Re:minder - リマインダー