2月3日

時代を読んだリッチー・ブラックモア、レインボーが80年代を乗り越えるための方法論

13
0
 
 この日何の日? 
レインボーのアルバム「アイ・サレンダー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
矢野顕子と大滝詠一の因果な関係【資生堂 vs カネボウ CMソング戦争】

アイアン・メイデン不動のリーダー、スティーヴ・ハリスの先見の明

デュラン・デュランは女子のもの?そんな線引きがあったのかもしれない

ベートーヴェンとリッチー・ブラックモア、交響曲第9番は「治療不可」

キャンディボイスの源流 ♡ 畑中葉子「もっと動いて」を、もっと聴いて!

ルビーの指環が聴きたくて、音楽大好き小学生のラジカセ録音奮闘記!

もっとみる≫




HM/HRシーンで見る1981年、アメリカを本気で目指したレインボー


「エイティーズの本格稼働は、1980年ではなく1981年だった」という論調を、リマインダーのコラムのいくつかで拝見して、なかなか面白い考察だなあと思った。リマインダー主宰の太田秀樹さんの提唱が元になっているのだけど、これを80年代のHM/HRシーンに当てはめるとどうなのだろうか、とふと考えてみた。

ジャパメタでいうと、レイジーが解散してラウドネスが結成デビューしたのが、まさに1981年だった。バウワウも1981年にHM/HR路線に完全回帰した会心作『ハード・ドッグ』をリリースしており、ここから80sのジャパメタブームに繋がる流れが本格稼働した、という意味合いとしてはドンピシャだろう。

これが洋楽のHM/HRでは、そう簡単にいかない。以前、 『NWOBHM「ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル」日本上陸40周年!』でも書いたように、日本では1980年を起点とするNWOBHMのムーブメントこそが、新世代80sメタルの夜明けと考えられるからだ。

けれども、NWOBHMがあくまでイギリス発のムーブメントだと考えると、少々事情が変わってくる。というのも、80sのHM/HRシーン全般を総括して振り返ると、その主戦場はイギリスではなく、アメリカの巨大なマーケットを中心とする一大ムーブメントだったからだ。即ち、アメリカでの成功こそが、アーティストにとって最大の果実だったのは間違いない。

そうした視点で見れば、イギリスの大物ハードロックバンドのレインボーまでもが、アメリカを本気で目指し始めた『アイ・サレンダー(Difficult to Cure)』を発表した1981年は、HM/HRにとってのエイティーズが本格稼働し始めた年、といっても差し支えないだろう。

70年代レインボーの象徴、リッチー、ロニー、コージーの3頭体制の終焉


70年代半ば、ディープ・パープル脱退後にレインボーを結成したリッチー・ブラックモアが、ロニー・ジェイムズ・ディオ、コージー・パウエルとともに、ハードロック史上最強の3頭体制で、様式美ハードロックの全てを確立したことは、誰もが知るところだ。

僕のレインボーとの出会いも、3頭体制時代の最後を飾る『バビロンの城門(Long Live Rock 'n' Roll)』の頃だったけど、程なくして3頭の一角、ロニーが脱退してしまう。リッチーはロニーの後任ヴォーカルにグラハム・ボネット起用し、1979年7月に『ダウン・トゥ・アース』を発表した。従来の大作主義から、よりコンパクトな作風へと変化した象徴が、シングル「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」だった。

イギリスのアーティスト、ラス・バラードの楽曲のリメイクでポップな曲調は、従来のレインボーのイメージを大幅に覆した。全米チャート57位とスマッシュヒットした一方、ファンからは賛否を巻き起こした。さらにはコージーがこの曲を演奏したくないと公言するなど火種を生み、80年の『モンスターズ・オブ・ロック』を最後に、コージーも脱退してしまう。

無名の逸材ジョー・リン・ターナーが輝かせた80年代のレインボー


賛否といえば、新加入のグラハムに対しても同様だった。今でこそレジェンダリーな存在として語られるグラハムだが、加入当時は、およそロックミュージシャンらしからぬ髪型やコスチュームへの、否定的な見方が大半だった。

御大リッチーが見初めただけに、その力量は一目を置かれたものの、パワフルなヴォーカルスタイルは、ハードロック色の強い楽曲でこそ、さらに威力を発揮した。それだけに、「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」のような楽曲に、よりフィットしているとは言い難かった。

グラハムとともに次作の制作に入ったレインボーだったが、レコーディング半ばでコージーの後を追うように、グラハムも脱退してしまう。この局面でリッチーが白羽の矢を立てたのが、ジョー・リン・ターナーだった。ファンダンゴで活動していたジョーは、HM/HRシーンで無名の存在だったものの、その決断こそがレインボーを80年代に輝かせ、新たなステージへと誘う決定打となった。

80sモードに完全シフト! 万人の心を掴んだ名曲「アイ・サレンダー」


ジョーを迎えたレインボーを僕が初めて聴いたのは、渋谷陽一さんのNHK-FM『サウンドストリート』を通じてだった。以前、対象となる文言『爆走ロックンロール! スピードの魔力を教えてくれたモーターヘッド』で書いたように、渋谷さんのイメージから意外だが、HM/HR系の新作も選曲してくれたこの番組は、当時の貴重な情報源だった。

その日は、ニューアルバムがリリースされるタイミングで、新作『アイ・サレンダー』から、何曲かオンエアされた。番組の冒頭に渋谷さんの曲紹介で「アイ・サレンダー」が流れたのを、40年も前なのにはっきりと覚えている。それは聴いた瞬間に「何て良い曲なんだろう!」と心の琴線に強く触れたからだ。

クセのない万人の心を捉える声質を持つジョーが歌う、キャッチーで哀愁を漂わせた美しいメロディと、1度聴けば忘れられない強烈なフックのあるサビのコーラス。そして、あくまでも曲を引き立たせて、浮遊するようにメランコリックに奏でられる御大リッチーのギターワーク。ラス・バラードの楽曲を再び採用した「アイ・サレンダー」は、80sモードに完全シフトした、新生レインボーを高らかに宣言するかのようだった。

絶大なインパクトを放った「アイ・サレンダー」だけに、かつてのロニー、コージー時代を愛する旧来のファンからは、賛否の声が巻き起こった。けれども、アルバムには、様式美ハードロックの教科書的な名曲「スポットライト・キッド」や、リッチーのギターの真髄を堪能できるインスト「メイビー・ネクスト・タイム」、第九をモチーフにした「治療不可(Difficult To Cure)」など、ロニー時代のファンを納得させる楽曲も揃えた。

一方で、当時ヒットを連発していたフォリナーを意識したようなテイストの、外部ライターによる「マジック」も収められ、振り幅の大きい収録曲は、レインボーの全米マーケットでの可能性の広がりを示すことになった。

アメリカでの確かな成功を手中に収めた新生レインボー


『アイ・サレンダー』は、全米マーケットで一定の成功を収めたものの、人気の中心は「アイ・サレンダー」が全英チャート3位の最高位を獲得した本国イギリスと日本であり、リッチーが期待する結果が得られなかったのも事実だ。

それでも、『アイ・サレンダー』で確立した新たな方向性は、80年代のレインボーが進むべき確たる礎となった。1981年末には12インチEP「ジェラス・ラヴァー」でラジオオンエアを稼ぎ勢いをつけ、1982年には『闇からの一撃(Straight Between the Eyes)』をリリース。ライヴも本国イギリスをスキップして全米をツアーする徹底ぶりで、アルバムはビルボード30位を獲得。シングル「ストーン・コールド」もMTVでヘビーローテーション入りする中でビルボードのHOT100でTOP40入り、また、同トップ・ロック・トラックスで1位を獲得するなど、遂にアメリカでの確かな成功を手中に収めた。

1983年には、アメリカ制覇に向けた集大成『ストリート・オブ・ドリームズ』をリリースするも、ディープ・パープルの再結成に伴い、レインボーはその活動を休止した。80年代中後期も活動を継続していたなら、アメリカでさらなる成功を収めたかもしれない。

アメリカの重要性を先読み、柔軟に時代を捉えたリッチー・ブラックモア


振り返ると新生レインボーは、HM/HRシーンにおけるアメリカのマーケットの重要性を先読みしたかのように、のちに必要とされるセオリーを実践していったようにみえる。

まず、リッチーほどの有能なソングライターが、あくまでもラジオフレンドリーな楽曲にこだわり、外部ライターの楽曲を積極的に採用。結果として、全米の最重要メディアであるラジオでの強力なプロモーションを推進できた。前述の「ストーン・コールド」こそ、バンド自身の楽曲だったが、ラジオを狙う感覚を投影したはずだ。

さらに、グラハム期にも実践していたが、MTV時代の到来を先読みするかのように、当時HM/HR系ではまだ限られていた、ミュージックビデオを積極的に制作した。日本では小林克也さんの『ベストヒットUSA』でいち早くオンエアされたのを記憶している。

そして、どんなタイプの楽曲もこなせるヴォーカル力に加え、ルックスにも恵まれたジョーの才能を見出した、リッチーの判断は見事だった。もしグラハムのままでは、アメリカでの快進撃は叶わなかったかもしれない。

こうして挙げていくと、かつて頑固な天才ギタリストに見えたリッチーが、いかに柔軟で、時代を捉える自在性を持つアーティストであるか、容易に理解できる。

HM/HRシーンにおける1981年に、意味を持たせた「アイ・サレンダー」


レインボーは、オールドウェイヴと揶揄された70年代のアーティストが、80年代を乗り越えるための方法論に加え、ブリティッシュのHM/HRバンドが、80年代の全米マーケットへ進出するための、大いなるヒントと道筋を与えたのだ。

『アイ・サレンダー』は、ここ日本においてもゴールドディスクに輝いたように、HM/HRファンの裾野を広げる、多大な貢献を果たした作品になったと思う。タイトル曲を耳にして、アルバムを入口にHM/HRを好きになった人は多いはずだ。

1981年、HM/HRシーンが、まさにアメリカのマーケットに向けて本格的に展開していく先陣となった『アイ・サレンダー』。これからもHM/HR史上の重要な作品として、燦然と輝き続けるであろう。



2021.02.03
13
  YouTube / Rainbow


  YouTube / Rainbow
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
中塚一晶
コラムリスト≫
28
1
9
8
4
リッチー・ブラックモアとレインボー、黒の美学・ハードロックの美学
カタリベ / ジャン・タリメー
34
1
9
8
1
ベートーヴェンとリッチー・ブラックモア、交響曲第9番は「治療不可」
カタリベ / 阿野仁マスヲ
13
1
9
8
1
孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット
カタリベ / DR.ENO
69
1
9
8
5
ディープ・パープル再結成、僕はその時5人のレジェンドを目撃した!
カタリベ / 藤澤 一雅
21
1
9
8
6
その名も “シンデレラ” ハードロックらしからぬバンド名がもたらした幸運と悲劇
カタリベ / 中塚 一晶
41
1
9
8
1
派手な動きとツーバスドコドコ!コージー・パウエルは僕のアイドル
カタリベ / 飛影