6月5日
私の中の残念な記憶「コール・ミー」と「ワタシニ、デンワシテ、クダサイ」
19
1
 
 この日何の日? 
ブロンディのシングル「コール・ミー」が日本でリリー―スされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
デイヴィッド・カヴァデールは僕の中に君臨するNo.1ヴォーカリスト!

ジューシィ・フルーツのイリアは日本の女性ロック史におけるキーパーソン

キンクスのライヴ盤「ワン・フォー・ザ・ロード」に叱られた中学生!

名曲が生んだ、実在するリアル「順子」のハッピーエンドな物語

追悼:永六輔、RCサクセションが蘇らせた日本の有名なロックンロール!!

【R.I.P.】時のないホテル、ユーミンが松原正樹に頼った動かぬ証拠がコレだ!

もっとみる≫

photo:OLDIES and AUDIO  

誰でも頭から離れないフレーズがあると思う。「・・・リー、・・イリー、・タイリー、スタイリー、スタイリー」 そう、「ワタシニ、デンワシテ、クダサイ」という台詞で一世を風靡した健康器具通販のあの音楽である。時折そんなフレーズを思い出す自分に腹が立つ。

さて、話はガラッと変わるが一時、T.M.Revolutionというバンドのボーカルが西川貴教だとばかり思っていたら、西川=TMである事実を突きつけられた瞬間があった。逆に、ブロンディ=デボラ・ハリーと思っていたら、ブロンディってバンド名だったことに行き当たったこともあった。

デボラ・ハリーを初めて見たのが1980年。テレビを付けていたら彼女のヒット曲となった「コール・ミー」が流れていたのである。デボラはマドンナが現れるまで、アメリカンポップスのセックスシンボルの座を防衛し続けた女性である(評価には個人差があります)。妖艶な表情で「あなた色に染めて」と歌う彼女には、アングロサクソンだけでなく、モンゴロイド男子達も魅了されたものだった。当然私も一発でファンになった。彼女のアルバムを聴いて驚いたのが、そのジャンルの多彩さである。

・ハート・オブ・グラス(79年)
・サンデー・ガール(79年)
・ワンウェイ・オア・アナザー(79年)
・ザ・タイド・イズ・ハイ(80年)
・アトミック(80年)
・コール・ミー(80年)

それぞれ、カントリー調であったり、レゲエ調であったり、ハードなロック調であったりと聞く者を飽きさせないのである。彦麻呂なら「洋楽の玉手箱や~」と言うこと間違いなしである。すべて30年以上前の曲なのに、今聴いても全然古い感じがしないのもまた彼女の魅力の一つでもある。ただ一つ残念なのが「コール・ミー」と「ワタシニ、デンワシテ、クダサイ」がセットで私の記憶に残ってしまっていることだ。

2016.05.17
19
  YouTube / emimusic
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
時の旅人
コラムリスト≫
24
1
9
8
2
自腹で往復43万!ニューヨークでたまたま観たブロンディ最後のツアー
カタリベ / 福岡 智彦
30
1
9
8
5
80年代サウンドの発信源!ニューヨークのスタジオ・パワー・ステーション
カタリベ / 中川 肇
23
1
9
8
9
ルー・リードが80年代の最後に放った大名盤「ニューヨーク」
カタリベ / DR.ENO
28
1
9
8
0
ガラスのニューヨーク52歳、ビリー・ジョエルの目力でパワー注入中!
カタリベ / ミスターZ
66
1
9
8
8
田村正和と井上陽水の力技「ニューヨーク恋物語」にメロメロ ♡
カタリベ / 平マリアンヌ
23
1
9
8
2
眩しすぎた西海岸の夏、ゴーゴーズのバケーションはヴェイケイション!?
カタリベ / 太田 秀樹
Re:minder - リマインダー