6月

NYの伝説的ディスコ「スタジオ54」セレブの集まるクールな社交場

31
1
 
 この日何の日? 
コンピレーションアルバム「ア・ナイト・アット・スタジオ54」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1979年のコラム 
日本だけの一発屋、ライオット「NARITA」はダサいジャケットNo.1

タケカワユキヒデ「ハピネス」溢れ出る愛を歌い上げた結婚式ソングの定番

爆発寸前!日本にパンクの火をつけた「東京ロッカーズ」

山口百恵「愛の嵐」ジェラシーの音を表現した美しく重厚な30秒のイントロ

距離感はロバート・パーマーから学べ!ブラックミュージックと寄り添うクールな視点

bayfm「Wave Re:minder」山口百恵・堀ちえみ・小泉今日子の【嫉妬ソング】を紹介!

もっとみる≫



photo:Discogs  

1999年の話だ。1人暮らしをしていた僕のアパートからほど近い恵比寿ガーデンシネマ(※)に、『54 フィフティ☆フォー』というインディペンデント系の米国映画を観に行った。

この映画は、77年から86年までNYはマンハッタンの西54丁目に実在した伝説のディスコ「スタジオ54」を舞台に、青春の光と影を描き出した… パンフレットにはそう書いてある。

残念ながら映画のストーリーは完全に忘れてしまったし、そもそも僕はこの映画を観るまで「スタジオ54」の存在を知らなかった。でも、映像を観たことで、その空間と音楽の煌びやかで狂おしい印象が、間違いなく僕の脳裏に刻み込まれたのだった。

「スタジオ54」は、その歴史の終盤にはドラッグや脱税の問題で廃れていくが、絶頂期は “最もファッショナブルなセレブリティが集まる最もクールな社交場” だったと言われている。

実際、アンディ・ウォーホル、カルバン・クライン、イヴ・サンローラン、ミック・ジャガーらが連日足を運んだそうだし、マイケル・ジャクソンもNY滞在中はよく通っていたんだとか。

当時を振り返るまでもなく、78~80年頃の音楽シーンはとにかくディスコサウンドが席巻していた。ザ・ローリング・ストーンズ、ロッド・スチュワート、クイーンが、まるでシック(ナイル・ロジャースとバーナード・エドワーズの最強コンビ!)のようなサウンドを追求したが、こうした一連のムーブメントは、黒人音楽でも白人音楽でもない “ディスコ” という新しいジャンルを生み出した。そして、それが80年代サウンドの土台となったことは、きっと間違いないはずだ。

ところで、「スタジオ54」ではどんな音楽がかかっていたのだろうか? それは、79年にリリースされた『ア・ナイト・アット・スタジオ54』というコンピレーションアルバムを聴くことで追体験できる。

このアルバムは、KISS(もちろん、白塗りメイクと火を噴くパフォーマンスで有名な4人組バンドのこと)を世に送り出したカサブランカ・レコードから、ノンストップに編集されて2枚組で発売された。

オープニングナンバーには、疑問の余地もなくシックの「おしゃれフリーク(Le Freak)」が選曲されているが、当時カサブランカ・レコードに所属していたドナ・サマーの「ラスト・ダンス」やシェールの「誘惑の扉(Take Me Home)」も収録された。

ドナ・サマーとは、言うまでもなく “Queen of Disco” のことだ。シェールは、80年代には『月の輝く夜に(Moonstruck)』など多くの映画に出演していたので女優のイメージが強いが、元々はソニー&シェールとしてデビューしたシンガーである。何となく魔女っぽいというか、性的倒錯者のような(言い換えるとヘンタイな)印象がある。

それにしてもこの2曲、何だかめちゃくちゃ似ているではないか。皆さんにも、当時の「スタジオ54」の雰囲気を味わってもらうためにも、ぜひ聴き比べて欲しいと思う。


■Le Freak
(78年12月9日 1位)

■Last Dance
(78年8月12日 3位)

■Take Me Home
(79年5月12日 8位)


※注:
恵比寿ガーデンシネマは、いわゆる単館系映画館として94年の恵比寿ガーデンプレイス開業と同時にその敷地内に開館したが、2011年に惜しまれながらも休館。2015年に同じ場所にオープンした現在のYEBISU GARDEN CINEMAは別経営である。

2017.08.21
31
  YouTube / Miramax


  YouTube / Donna Summer


  YouTube / CherVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
66
1
9
8
3
ぶりっ子じゃない松田聖子、ラジオ「夢で逢えたら」で見せた飾らない姿
カタリベ / 本田 隆
35
2
0
2
2
TRF・DJ KOO インタビュー ③ ディスコを操る必殺技、キラーチューンからチークタイムまで
カタリベ / 本田 隆
40
1
9
8
4
3人のテイラー(仕立て屋)がいるバンド、王者デュラン・デュラン
カタリベ / inassey
44
1
9
8
8
80年代の船山基紀、アナログとデジタルの狭間を駆け抜けた編曲家
カタリベ / スージー鈴木
26
1
9
8
5
ライヴエイドのフレディ・マーキュリー「ボヘミアン・ラプソディ」から始まるクイーン伝説
カタリベ / 本田 隆
56
1
9
8
4
初めてのディスコは「渋谷ラ・スカラ」チークタイムはワム!のバラード♪
カタリベ / 親王塚 リカ