10月21日

ビートルズのいない80年代、そこにはニック・ロウがいた!

36
2
 
 この日何の日? 
ニック・ロウのアルバム「ローズ・オブ・イングランド」が日本でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
六甲おろしと闘魂こめての微妙な関係? その1

ちわきまゆみ「GOOD MORNING I LOVE YOU」血沸き肉踊る最強のアンセム!

岡村孝子「ピエロ」悲しい失恋ソングがライブで総立ちになるワケは? 

僕のラジオデイズ、深夜に胸ときめかせた辻仁成のオールナイトニッポン

イメージしたことは面白いほど叶う ー 米米CLUB:博多めぐみとの邂逅

笑いと反骨精神を貫き通したバンド、米米CLUBのファンクスピリット

もっとみる≫



photo:ソウマ マナブ  

ニック・ロウのフォルダは “ビートルズみたいなの”


今ほどジャンルの細分化が進んでいなかった1980年代、「洋楽は全部ロックでいいじゃん!」と思いつつも、数を聴くようになると、自分の中で系統ができてくる。これはエレクトロポップで、あれはハードロック、そっちはアメリカンロック…… といったふうに脳内フォルダに整理されるのだが、ある日分類に困り “ビートルズみたいなの” という妙なフォルダができた。ニック・ロウを聴いたときだ。

ハイティーンの頃、NHK-FMの『サウンドストリート』は主婦が朝ドラを見逃さないのと同様、自分には毎日のように聴くラジオ番組だった。中でも渋谷陽一がパーソナリティを務めていた日は、ニック・ロウがよくかかった記憶がある。初めて聴いた「ハーフ・ア・ボーイ・アンド・ハーフ・ア・マン」にオッ!と思い、「恋するふたり」も大好きになった。極めつけは「シー・ドント・ラヴ・ノーバディ」。これにハマり、レコードを買った。

ラジオデイズを思い出す私的名盤「ローズ・オブ・イングランド」


そのアルバム『ローズ・オブ・イングランド』を聴き、出てきたのが “ビートルズみたい” という感想だ。ビートルズと言われて連想する音は人それぞれだが、当時の自分にはメロディアスで親しみやすく、それでいてシンプルな、キャリア前半期の音を意味していた。

そしてそれは、エコーをギンギンに効かせ、やたらとヌケのイイ流行りの音楽とは一線を画していた。必然的に、この頃のニック・ロウはヒットチャートを賑わすことはなかったが、『ローズ・オブ・イングランド』は私的名盤だし、聴き返すと、あの頃のラジオデイズが思い出される。

一般的にはパブロックに分類されるニック・ロウ、だけどやっぱり…


ニック・ロウが一般的にパブロックというジャンルに分類されていると知ったのは、もう少し後の話。しかしパブロックもさまざまで、ファンキーなイアン・デューリー、神経質なコステロ、ゴリゴリのドクター・フィールグッドはどれも違う音に聴こえるし、ニック・ロウもしかり。

自分には今でも “ビートルズみたいなの” だ。そもそもビートルズだって、パブ・バンドだったわけだし。


※2017年2月28日に掲載された記事をアップデート

2021.03.24
36
  YouTube / Yep Roc Records


  YouTube / STIFF
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
中川 肇
比較的最近(?)でも、Ben AffleckやChristina Ricciが出演した『200 Cigarettes』という映画の中で「Cruel To Be Kind」が使われていたのが印象的でした :)
2017/03/01 10:21
3
返信
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
30
1
9
8
5
颯爽と舞い降りたブルーアイドソウルの貴公子、スクリッティ・ポリッティ
カタリベ / KZM-X
33
1
9
8
6
ウルフマン・ジャックと青春のひとコマ、僕らの夏は終わらない
カタリベ / 本田 隆
44
2
0
1
7
ムッシュとユーミンのただならぬ関係、中央フリーウェイで楽しいバス旅行
カタリベ / 佐々木 美夏
68
1
9
8
2
音楽から総合エンタメに変化、マイケルの「スリラー」は時代の大きな転換点
カタリベ / 中川 肇
44
1
9
8
3
中野のヒーロー野村義男!The Good-Bye が残した極上のポップセンス♪
カタリベ / 本田 隆
11
1
9
8
3
歳をとるほど混乱はヒドくなる… キンクスから教わった人生訓
カタリベ / ソウマ マナブ