6月20日
プリンス・トラスト'86 ポール・マッカートニーがライヴに還ってきた夜!
24
0
 
 この日何の日? 
プリンス・トラストコンサートがロンドンのウェンブリー・アリーナで開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
上司悶絶! 1986年のマリリンで腰を振る総務部屈指のアーティスト

どちらも生真面目!? PiLとスタカンは似てない双子か他人のそら似

1986年のマドンナ、ターニングポイントは「パパ・ドント・プリーチ」

ポールがバック!? デヴィッド・ボウイとミック・ジャガー幻の共演ライヴ

レオン・ラッセルを偲ぶ、30年前のプチ・リバイバルと男女雇用均等法

鎌倉屋武士の恋愛指南、寒い冬に ❤️を射止める王道バラードうっとり3選

もっとみる≫

photo:musikalske.net  

今から30年前の1986年、ポール・マッカートニーはオリジナルアルバム『プレス・トゥ・プレイ』が全米30位に終わるというソロワーストの記録を出してしまう。しかし、その一方でポールは今日まで繋がる活動の第一歩を踏み出していた。それがこの年の6月20日に開催されたプリンス・トラストコンサートである。

プリンス・トラストはイギリス・チャールズ皇太子が主宰する若年失業者をサポートするチャリティ。ロンドンのウェンブリー・アリーナで行われたチャリティコンサートにポールは出演した。ロイヤルシートにはチャールズ皇太子、ダイアナ妃の姿もあった。’80年代に入り、盟友ジョン・レノンの死もあり自らのバンド、ウイングスも解散したこともあって、ポールはライヴから遠ざかっていた。前年1985年のライヴ・エイドのトリでようやく「レット・イット・ビー」をピアノ1本で披露したのが、ここまでの’80年代唯一の公衆の面前でのパフォーマンスであった。

エルトン・ジョン(key)、エリック・クラプトン(g)、フィル・コリンズ(dr)、マーク・ノップラー(g)等そうそうたるメンバーをバックに従え、トリでポールはステージに現れた。ブカブカなジャケットとパンツ、ポールも思いっきり’80年代のいでたちであった。

1曲めはビートルズのデビューアルバムの冒頭を飾る「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」。意外なことにソロではこれが初披露。ポールはアコギを手に歌い、ブライアン・アダムスがハーモニー・ヴォーカルを取った。続く2曲めはビートルズや初期ウイングスのレパートリーでもあった「ロング・トール・サリー」。前曲同様ポールのオリジナル・キーでの歌唱は冴え渡り、ブランクを感じさせなかった。

そして最後はこれまたソロ初披露のビートルズナンバー「ゲット・バック」。この曲だけはキーが落とされていた。ポール・ヤングやティナ・ターナーという’80年代の顔もリードヴォーカルを取るためだったのだろう。マイクを挟んでのポールとティナの熱いヴォーカルの応酬でフィナーレを迎えたのだった。

以上3曲、ポールは全てアコギでベースを手にしなかった。やはり未だ “リハビリ中” だったからなのだろうか。しかしヴォーカルはいきなりトップギア。ポールのロックンローラーっぷりは健在で、前年のライヴ・エイドの欲求不満はかなり解消されたのだった。

このコンサートの模様は程無くレーザーディスクとVHSでリリースされた。VHSも未だ普及途上の当時、動くポールの姿は本当に貴重だったので、当時大学2年の僕はバイトで貯めたお金で買ったレーザーディスク・プレーヤーでポールのパートを繰り返し繰り返し観たのだった。ネットの普及した今では隔世の感があるが、逆に言うと僕は未だにこのライヴの1シーン1シーンを鮮明に覚えている。恐らくポールのライヴ映像で個人的な再生回数は未だNo.1なのではないだろうか。

そしてこのコンサートでライヴの愉しさを思い出したポールは、これから3年後の1989年、10年振りにツアーを再開する。それからのポールのライヴでの大活躍は、5回の日本公演を含め、改めて言うまでも無いだろう。全てはここから始まったのだ。

2016.12.30
24
  YouTube / Prince's Trust 
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
宮木宣嗣
コラムリスト≫
70
1
9
8
5
ボウイ×ライヴエイド~大トリで歌った「バンド・エイド」の例の曲
カタリベ / 宮木 宣嗣
85
1
9
8
6
ポールがバック!? デヴィッド・ボウイとミック・ジャガー幻の共演ライヴ
カタリベ / 宮木 宣嗣
17
1
9
8
6
ショック!ポール・マッカートニーのアルバムが全米チャート最高30位!?
カタリベ / 宮木 宣嗣
29
1
9
8
5
ポールにとって “人生最悪の時” だったライヴエイドの1分48秒
カタリベ / 宮木 宣嗣
18
1
9
8
5
フジテレビが中継したライヴエイド、僕らの観たスーパースターは1時間遅れ
カタリベ / 宮木 宣嗣
38
1
9
8
2
ふたりの Sir が作った究極のジョン・レノン追悼曲:ポール篇
カタリベ / 宮木 宣嗣
Re:minder - リマインダー