5月29日

ポールは今でもナンバーワン! ずっとそうだったわけじゃないけれど。

26
0
 
 この日何の日? 
ポール・マッカートニーのアルバム「タッグ・オブ・ウォー」が全米1位になった日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
強者どもの憂さ晴らし!? ベイクド・ポテト・スーパー・ライヴ!

ちょっとヤンチャなイケメンロック、リック・スプリングフィールド!

グレン・フライの歌声にはカリフォルニアの青い空がよく似合う

エンジニア出身のアーティスト、「狂気」も手がけたアラン・パーソンズ

メルボルンのスーパーマーケットで耳にしたメン・アット・ワーク

子供ばんどの「サマータイム・ブルース」我が家にも暑い夏がやって来る

もっとみる≫






photo:paulmccartney.com  

“ポール・マッカートニーのニューアルバム『エジプト・ステーション』が全米チャートで1位を獲得! 36年振りの快挙!”

そんなニュースが届いたのは、先月(2018年9月)のことだ。36年振りの全米第1位。あれからもうそんなに経つのか。僕は微かな感慨を胸に1枚のレコードを棚から引っぱり出し、ターンテーブルにのせた。

―― 1982年の春、中学校に入学した僕はいっぱしのビートルズファンになっていた。この年はビートルズのデビュー20周年。メディアでも彼らのことは頻繁に取り上げられ、とても10年以上前に解散したバンドとは思えないほどだった。

そんな中、僕はオリジナルアルバムを聴き漁り、ビートルズ関連の本を買ってきては、隅から隅まで読み尽くす日々を送っていた。ビートルズは世界一のロックバンドで、彼らの音楽以上に素晴らしいものなどこの世には存在しないと、本気で思っていた。

僕にはふたつ上の兄貴がいて、同じくビートルズのファンだった。兄貴は塾の帰りによくレコードを買ってきた。そして、僕がそのレコードをカセットテープに録音させてもらうには、兄貴に100円を払う必要があった。少し腑に落ちなかったが、「レンタルするより安いだろ」というのが、兄貴の言い分だった。

そんなある日、「ポールは今も活動してるの?」と兄貴に訊ねた。兄貴はうなずくと、新曲の「エボニー・アンド・アイボリー」がちょうどヒットしていると教えてくれた。そして、「すごくいい曲だよ」と。

兄貴の言う通りだった。「エボニー・アンド・アイボリー」を初めて聴いた時、僕はまぶしいばかりの光に包まれたような気がした。あれはとても感動的な体験だった。新しい心の扉を開かれた瞬間で、そこにはビートルズ時代とはまた違うポール・マッカートニーがいたのだ。

「エボニー・アンド・アイボリー」はヒットチャートを急上昇すると、瞬く間にナンバーワンまで登り詰めた。僕は興奮し、兄貴に「ポールが1位だよ!」と伝えた。兄貴は特に驚いた様子もなく僕を見やると、「もっといい曲があるんだよ」と言った。

それは「タッグ・オブ・ウォー」という曲で、「エボニー・アンド・アイボリー」が収録されているポールのニューアルバムのタイトルソングだという。そして、どうやらアルバムでしか聴けないらしい(※後にシングルカットされた)。

僕はその曲をどうしても聴きたくなった。そして、その願いはほどなくして叶うことになる。兄貴がレコードを買ってきたのだ。僕は100円を払うと、カセットテープをセットし、高鳴る胸を手で押さえてから、そのレコード『タッグ・オブ・ウォー』に針を落とした。

小さなスクラッチノイズ、綱引きをする効果音に続いて、ポールが静かに歌い出した。アコースティックギターのカッティング。ストリングス。脳みそが震え、全身が痺れるのを感じた。なんてスケールの大きな曲なのだろう。そして、なんて美しいのだろうと。また兄貴の言う通りだった。ポールが今もこんないい曲を作っていることが、ただただ信じられなかった。

それから本屋で FM雑誌 を立ち読みした時、僕はそれまで気にしたことのなかったアルバムチャートをチェックしてみた。すると、『タッグ・オブ・ウォー』は見事ナンバーワンに輝いていた。

シングルもアルバムも1位かよ! まるでビートルズじゃないか!

僕は雷にでも打たれたような気分だった。そして、60年代のビートルマニアの気持ちが少しわかったような気がした。なにより、すごく誇らしかったのを覚えている。「ポールは今もナンバーワンだ。僕が好きな人はこんなに凄い男なのだ」と。

―― あれから36年。ポールは今もナンバーワンだ。ずっとそうだったわけじゃないけれど。ニューアルバムの『エジプト・ステーション』には、36年分のチャレンジの成果が詰まっている。そこには僕の36年分の人生も存在する。もちろん世界中のファンの人生も。

僕らがポールの音楽と共に過ごしてきたかけがえのない時間が、ここには間違いなくあるのだ。

ちなみに、僕が今持っている『タッグ・オブ・ウォー』は、あのときのものだ。ある日、兄貴が他のビートルズのレコードと一緒に僕にくれたのだった。僕は飛び上がらんばかりに喜んだ。毎回払っていた100円なんてどうでもいい。それらは今でも僕の最も大切なコレクションであり続けている。

2018.10.31
26
  Apple Music


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
49
2
0
1
8
ビートルズだけじゃ堪らない!カープール・カラオケのポール・マッカートニー
カタリベ / 中川 肇
46
1
9
8
9
1989年のポール・マッカートニー来日狂想曲、やっとあえるね。
カタリベ / 宮井 章裕
18
1
9
8
6
ショック!ポール・マッカートニーのアルバムが全米チャート最高30位!?
カタリベ / 宮木 宣嗣
17
2
0
1
6
80年代はビートルズファンにとって失われた10年だった
カタリベ / 佐々木 美夏
47
1
9
8
9
ティアーズ・フォー・フィアーズ、UKロックの結晶的作品がコレだ!
カタリベ / 中川 肇
27
1
9
8
3
誰も褒めないポールの「パイプス・オブ・ピース」最高傑作は誰が決める?
カタリベ / ジャン・タリメー
Re:minder - リマインダー