7月21日

憂鬱な月曜日、狂気との格闘、ブームタウン・ラッツ「哀愁のマンデイ」

23
0
 
 この日何の日? 
ブームタウン・ラッツのシングル「哀愁のマンデイ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1979年のコラム 
男の夢みるわがままソング、さだまさし「関白宣言」は最上級の愛情表現

エアギターじゃ伝わらない!? ジョニー ルイス&チャーのフリーコンサート

超レア!細野晴臣×高橋幸宏×今剛×ペッカー×佐藤博のディスコサウンド

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 セクシャルバイオレットNo.1

1979年の所ジョージ。根っこにパンクを抱えたシンガーソングライター

博多ロックの重要メディア、筋の通ったインディーズマガジン「BLUE-JUG」

もっとみる≫







多くの人がそう感じていると思うが、月曜日はブルーになりがちだ。

理由はクドクドと書かないが、子どもの頃、日曜の夜はサザエさん症候群にフツーに陥っていたし、大人になった今では中央競馬の馬券を買って負けた瞬間に週末が終わる…嗚呼。

話は飛ぶが、30年以上前のインターネットがない時代、“歌” はニュースを伝える役割を果たしていた。わかりやすい例を挙げると、バンド・エイドの「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス」。1984年、エチオピアの飢餓のニュースをこんなにクリアに伝えた歌はなかった。新聞もロクに読まないボンクラ高校生には貴重な情報源でもあったのだ。

そこから遡ること4年ほど前、田舎の中学生に、かなりショッキングなニュースが歌で届けられた。ブームタウン・ラッツ「哀愁のマンデイ(I Don't Like Mondays)」。イギリスでバカ売れしているらしいこの曲は、1979年1月のとある憂鬱な月曜日、米カリフォルニア州で起きた殺人事件をモチーフにしていた。16歳の女の子が自宅から銃を撃ち、2名が死亡。その動機は「月曜日が嫌いだから」

―― 得体の知れないゾクゾクが駆け抜けた。ヒドい事件だ。でも気持ちはすごくわかる… とサザエさん症候群の中坊の心はかき乱された。

FMでエアチェックしたこの曲を何度も聴いた。一歩間違えれば、自分もこうなってたんじゃないか… という恐怖を感じながら、パンクバンドらしくないピアノと弦楽に身を任せた。

振り返ると、この体験は重要だったんじゃないかとよく思う。連続殺人鬼のルポは大好きでよく読むが、結局のところ、それは殺人犯の狂気と自分の狂気の差異を確認する作業だ。

ロックを好んで聴いている人間は特にそうだが、“自分のアタマおかしいわー” と思うことがある。しかし、いくらアタマがおかしいと思っても、やって良い事と悪い事の区別くらいはつく。その区別をこの曲で歌われた月曜の憂鬱、そこからくる狂気への恐れから学んだような気がするのだ。

ブームタウン・ラッツのボブ・ゲルドフは、この後、先述のバンド・エイドの仕掛け人となって注目を集め、ライヴ・エイドでも同曲を演奏。同じ頃に高校生となっていた自分はニュー・オーダーというバンドを熱烈に好きになり、その前身であるジョイ・ディヴィジョンというバンドを知って、今度は自殺の狂気と格闘していた。そして、故イアン・カーティスとの差異を考えることになる。


追記。
中学の頃にエアチェックして何度も聴いた 「哀愁のマンデイ」はアルバムバージョン。後に入手したシングル盤は、もっとも切なくなる箇所をバッサリとカットしている。ぶっちゃけ、このエディットバージョンは盛り上がりに欠けるので、あまり聴いていない。

2017.11.15
23
  YouTube / TheBoomtownRatsVEVO


  YouTube / BandAidVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
22
1
9
8
5
全世界が注目したライヴエイド、センセーショナルな映像続きの1985年夏
カタリベ / 太田 秀樹
28
1
9
8
5
デヴィッド・ボウイで寝落ち… 15歳の夏、初めての徹夜はライヴエイド
カタリベ / 宮井 章裕
70
1
9
8
5
ボウイ×ライヴエイド~大トリで歌った「バンド・エイド」の例の曲
カタリベ / 宮木 宣嗣
48
1
9
8
5
クイーンが魅せた音楽の力、ライヴエイドでの圧倒的パフォーマンス!
カタリベ /  白石・しゅーげ
26
1
9
8
5
マドンナは高校球児だった、ライヴエイドでのひたむきなパフォーマンス
カタリベ / 太田 秀樹
44
1
9
8
5
80s音楽にビジネスを学ぶ:ウィ・アー・ザ・ワールドと多様性マネジメント
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー