1月

80年代の東京インディーズ事情、上條淳士の「TO-Y」と北村昌士の「YBO²」

52
0
 
 この日何の日? 
YBO²のシングル「Doglamagla」がリリースされた月
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
ウルフマン・ジャックと青春のひとコマ、僕らの夏は終わらない

スーツの似合うロックミュージシャン、ロバート・パーマーは男の憧れ!

偉大なるアメリカン・ギターズ、愛ある限りギブソンは復活する!

インダストリアル・サウンドの美学、鉄男の音楽を手掛けた石川忠のバンド

フランス・ギャルと石川忠、何一つ似たところのないミュージシャンの死

さらばできない青春の光「ブラボー ジョニー」は今でもハッピーエンド

もっとみる≫




80年代の東京ロック、上條淳士「TO-Y」とインディーズブーム


80年代に高校時代を東京で過ごした僕は『週刊少年サンデー』に連載されていた上條淳士のマンガ『TO-Y』にはまっていた。そこには中野サンプラザや、かつての新宿LOFTが登場し、同時代の東京のロックをめぐる状況が強く意識されていた。

折しも日本はインディーズブーム。大手のレコード会社(メジャー)に対してマイナーと呼ばれた無数の自主制作レーベルが覇を競い、独自の嗅覚でミュージシャンを発掘していた。

『TO-Y』には実在のミュージシャンが出てくるわけではない。それでも『TO-Y』はその “らしさ” を通して同時代を伝え、読者も状況を読み込み臨場感を覚えていた。

キャプテンレコード、ナゴムレコード、そして北村昌士のトランスレコード


『FOOL'S MATE』の創刊者でもある北村昌士の『トランスレコード』にはパンク、プログレ、ハードロックを融合する独自路線のバンドが集い、宝島社主催の『キャプテンレコード』の他、ケラ率いる『ナゴムレコード』にも有頂天や筋肉少女帯といった個性的な面々が名を連ねた。各レーベルには共通の音楽性など無いはずなのに、“トランスギャル” や “ナゴムギャル” と呼ばれたファンのほうが、それぞれのレーベルに独自な音を聴き取っていた。

高校生だった僕は北村さんのバンド YBO²(Yellow Biomechanik Orchestra² 通称:イボイボ)に出逢い、ビルボードで流れる洋楽とは異質な世界に魅せられた。地を這う重低音、速攻かつ正確なリズム、噴き出すようなギターリフ。夢野久作の原作を一字一句変えずに歌詞にしたファーストシングル「Doglamagla」を聴くと今でも首をひねる。どうしてこんな演奏ができるのだろう……

マンガでも描かれた聖地、ヤオンと新宿都有3号地


『TO-Y』では、主人公トーイがヴォーカルをとる “GASP” の解散コンサート(ヤオン=日比谷野外音楽堂)と年末のインディーズ・フェスティバル(新宿都有3号地)が描かれている。実際、1987年には同様の企画が日比谷野外音楽堂で開催されているし、2枚組のコンピレーションアルバム『The Indies Live Selection 86 to 87』からは、当時のインディーズ・シーンの雰囲気が伝わってくる。

ところで、GASP は、たぶんハードコアバンドで、北村さんの音とはまるで違う。それでも僕は『TO-Y』でコンサートの場面を読む度にミッキーマウスのような耳をつけてヤオンで演奏する GASP に YBO² を重ね合わせ、当時の状況に想いを馳せるのだ。


※YBO²のファーストシングル「Doglamagla」には次のヴァリエーションがある
1)Dogla Magla II <Dead Tech Sampler - No wave from Japan>
2)Dogla Magla, Trans Records, 1986 <Trans-05>(7inch)
3)Dogla Magla, Trans Records, 1987 <Trans-20> sideA(リミックス)
4)Dogla Magla, Trans Records, 1987 <Trans-20> sideB(2の再録)
 (12 inch,ピクチャーレコード,3,000枚限定版)



※2016年5月9日に掲載された記事をアップデート

2020.06.17
52
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
ジャン・タリメー
コラムリスト≫
11
2
0
1
6
全集に全部入っているわけじゃない、YBO² 限定ボックス発売の賛否両論
カタリベ / ジャン・タリメー
14
1
9
8
6
YBO² がカバーしたアニソン「太陽の皇子」とキング・クリムゾンの関係?
カタリベ / ジャン・タリメー
16
1
9
8
6
甦るトランスの音、80年代インディーズは東京という地方のあだ花?
カタリベ / ジャン・タリメー
24
1
9
8
8
自粛ムードと有頂天、全身ニューウェイヴのケラが歌う「君はGANなのだ」
カタリベ / 吉井 草千里
36
1
9
8
7
これぞインディーズの極北、ゲロゲリゲゲゲのライブ盤「パンクの鬼」
カタリベ / 鳥居 淳吉
72
1
9
8
3
インディーズ史に残るソノシート、あぶらだこは何故パンクス以外にもウケたのか?
カタリベ / 鳥居 淳吉
Re:minder - リマインダー