7月1日
歴史に if が許されるなら。中森明菜 幻のシングル「あなたのポートレート」
107
0
 
 この日何の日? 
中森明菜のデビューアルバム「プロローグ<序幕>」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
ジャニーズの王道 近藤真彦、生で1日6回聴いたハイティーン・ブギ!

ジョン・クーガー、懐メロになんかならない「ジャックとダイアンの物語」

スウィート路線なのに甘くない、PANTAのサマーソングは「人類最後の日」

教えて明菜ちゃん、前髪のウェーブってどんな感じ?

2019年を描いた二つの映画、ブレードランナーとAKIRA

デイドリーム・ロマンス、松崎しげるという哀愁とダンディズム

もっとみる≫

photo:iTunes  

俗に、歴史は後から作られるという。

80年代のアイドルシーンを語る時、「花の82年組」というワードは外せない。いわゆる1982年にデビューしたアイドル黄金世代である。中森明菜を筆頭に、小泉今日子、堀ちえみ、早見優、石川秀美、三田寛子―― 確かに粒ぞろいだ。

しかし、である。改めて振り返ると、1982年当時、アイドル界は松田聖子が3年目を迎えて髪型を聖子ちゃんカットからショートに変えた年で、1月にリリースされた「赤いスイートピー」からユーミン(呉田軽穂)を作家陣に加え、「渚のバルコニー」に「小麦色のマーメイド」と、まだまだ聖子全盛期だったと記憶する。

その他の印象としては、81年暮れに公開された映画『セーラー服と機関銃』と同名主題歌の大ヒットで、薬師丸ひろ子ブームが到来。しかし、彼女自身は大学受験で休業宣言してしまい、82年、ファンは飢餓感からブームに更に拍車がかかる事態に――。

その穴を埋めるべく同年、角川映画が行なったオーディションで特別賞を受賞したのが原田知世だった。

そうそう、女子大生ブームが幕開けたのも82年だった。ラジオの文化放送で『ミスDJリクエストパレード』が始まったのが前年10月。成城大の千倉真理や青学の川島なお美らパーソナリティがアイドル的人気を博し、この年「女子大生」がブランドになった。

ブームは翌83年、フジテレビの『オールナイトフジ』に引き継がれる。


―― そんな次第で1982年当時、肝心の「花の82年組」たちは、リアルタイムの印象はさほど強くなかったと記憶する。なぜなら、彼女たちがオリコンで初めてベスト10入りするのは、翌83年初頭にリリースされたシングルから。

小泉今日子「真っ赤な女の子」、堀ちえみ「さよならの物語」、早見優「夏色のナンシー」、石川秀美「Hey!ミスター・ポリスマン」―― 奇しくも、いずれも5枚目のシングルだった。

かくして、「花の82年組」はやっとスポットライトを浴びた。そして歴史は上書きされたのである。あたかも彼女たちがデビュー1年目から人気を集めていたように。ただ一人、中森明菜を除いて――。

そう、中森明菜。花の82年組で、ただ一人1年目からオリコンのベスト10入りを果たし、あまつさえ1位も取った大スター。そう、リアルタイムで82年から売れていたのだ。その歴史に偽りはない。


少々前置きが長くなったが、今回はそんな中森明菜のデビューアルバムに関する話である。

そのタイトルを『プロローグ<序幕>』という。まさに大スターの登場に相応しい名前だ。リリースは1982年7月1日。今回、あえてファーストアルバムではなく、「デビューアルバム」と呼ぶのには、少々理由がある。

ちなみに、デビューシングルはご存知「スローモーション」で、リリースはアルバムからさかのぼること2ヶ月前の5月1日。シングルを1枚出して、その2ヶ月後にアルバムをリリースするタイミングは、ちょっと早い気もする。

それというのも、当時のアイドルのアルバムと言えば、シングルを2、3枚出したタイミングで、それにいくつか新曲を足して、コンセプトをまとめて1枚のアルバムに仕上げる―― という手順の代物だった。あくまでシングル優先で活動していたのである。

それに対し、世のアーティストと呼ばれる人たちは、アルバムを中心に活動が回っていた。大抵、アルバムをリリースした後に、そのタイトルを冠したツアーが始まる。シングルはあくまでアルバムのプロモーション的位置づけ。ゆえに「先行シングル」と呼ばれた。


そう、先行シングル――。鍵はここにある。

中森明菜もアルバム『プロローグ<序幕>』でデビューして、その先行シングルとして「スローモーション」がリリースされたと考えれば、そのタイミングに違和感はない。

事実、同アルバムに収録される10曲のレコーディングが行われたのは、明菜のデビュー前の1982年2月。それもLAである。

デビュー前の新人アイドルがLAでアルバムをレコーディングする―― まるでアーティストである。スタッフの先見の明に感服する。

そして帰国後、アルバム曲の中からデビューシングルの選考が行われた。候補は、「スローモーション」「銀河伝説」「Tシャツ・サンセット」「あなたのポートレート」の4曲。

最後まで「スローモーション」と争ったのは「あなたのポートレート」だったと聞く。ちなみに、どちらも来生えつこ・たかおの作品。よく誤解されがちだが、2人は夫婦ではなく姉弟である。

もし―― 歴史に「if」が許されるなら、デビュー曲に「あなたのポートレート」が選ばれていたら、その後の明菜の人生はどうなっていただろう。


 軽くウェーブしてる 前髪がとても素敵
 そっと盗み撮りしたの あなたのポートレート


同曲はいきなりサビから入る。その美しいメロディラインに、僕らは一瞬で歌の世界に引きずり込まれる。


 あの日にボートがぶつかって
 帽子を落としていなければ
 他人のままで こんなときめきもない
 恋は信じられない 偶然


まるで青春映画の1シーンのようだ。絵画的な描写は、タイトルの「ポートレート」にも通じる。正直、「スローモーション」と優劣つけがたい。同曲がアルバムのA面一曲目に採用されたことが、そのクオリティの高さを証明する。

アルバム『プロローグ<序幕>』は、全般に16歳の少女・中森明菜のフラットで素直な歌声が印象的である。そこには等身大の少女の姿が見える。セカンドシングル「少女A」以降のどこか大人びた、陰のある歌声とは一線を隔す。感情表現や技巧に走っていない分、逆に聴き手の創造力を掻き立てる。

以前、八代亜紀さんがあるトーク番組で「歌に感情を込めない」という趣旨の話をしていた。曰く「感情を込めると、歌は歌手自身のものになる。だが、感情を込めずに曲の世界観だけを伝えると、聴き手がそこに自分を投影する」と。

実際、銀座のクラブ歌手時代、感情を込めないで歌ったところ、ホステスたちが急に泣き出したという。

1982年7月12日、アルバム『プロローグ<序幕>』はオリコン初登場7位にランクインする。新人アイドルのデビューアルバムとしては上出来だ。この時点で、アーティスト・中森明菜のデビュープロジェクトはほぼ成功を収めたと言っていいだろう。


だが、歴史は思わぬ急展開を見せる。

翌13日、彼女は17歳になる。そして2週間後、セカンドシングル「少女A」がリリースされる。


 いわゆる普通の17歳だわ
 女の子のこと 知らなすぎるのあなた


17歳になった中森明菜が、同曲で一躍スターになるのは歴史の事実である。

実は、「あなたのポートレート」はセカンドシングルでも、最後まで「少女A」とシングル候補を争ったと聞く。

もし―― 歴史に「if」が許されるなら、セカンドシングルに「あなたのポートレート」が選ばれていたら、その後の中森明菜はどうなっていただろう。

2017.05.14
107
  YouTube / northjapantv2012
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
37
1
9
8
2
キョンキョン vs 明菜!? 花の82年組に挑んだ女性アイドル決選投票の秋!
カタリベ / goo_chan
36
1
9
8
2
胸をしめつける「セカンド・ラブ」ひとりの女性としての中森明菜
カタリベ / 稲田 雪路
21
1
9
8
1
セーラー服と機関銃、現代へと続く星泉の系譜。初代薬師丸ひろ子の幻影
カタリベ / 鎌倉屋 武士
44
1
9
8
6
人生にスパイスをふりかけた、中森明菜が「DESIRE」で歌ったワンフレーズ
カタリベ / 藤本 真
32
1
9
8
2
教えて明菜ちゃん、前髪のウェーブってどんな感じ?
カタリベ / 小山 眞史
34
1
9
8
3
1983年夏、夏期講習の帰りに聴いた松田聖子の天国のキッスなどなど
カタリベ / 太田 秀樹
Re:minder - リマインダー