2022年 10月21日

デビュー50周年!五輪真弓という女性アーティストが日本音楽史に刻んできた功績

84
0
 
 この日何の日? 
五輪真弓のベストアルバム『Mayumi Itsuwa Premium best -HISTORY-』がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2022年のコラム 
37年ぶりの新曲 ♪ 畑中葉子は「カナダからの手紙」と「後から前から」で終わらない!

全く売れなかったバンド「スターダスト☆レビュー」の新作はブギウギに原点回帰!

【ライブレポ】セットリスト一新!61歳の田原俊彦が魅せた “変化と挑戦” 

90年代ブリットポップ!オアシスを発見した男の「クリエイション・ストーリーズ」

還暦を過ぎたかつてのアイドルバンド a-ha が届けてくれた “未来への希望”

これぞ世界最高峰!ブルーノ・マーズの最大の魅力っていったい何だ?

もっとみる≫




デビュー50周年を迎える五輪真弓。ベストアルバムをリリース


五輪真弓は1972年10月21日、シングル「少女」と同名のアルバムでデビューしました。

ちょうどデビュー50周年を迎える2022年10月21日に4枚組のベストアルバム『Mayumi Itsuwa Premium best -HISTORY-』がリリースになります。

このアルバムはタイトル通り五輪さんの50年間のヒストリーが年代順に収録されていますので、CDを聴きながらこのコラムを読んでいただけると大変嬉しいです。

僕が五輪さんのファンになったのが1980年に大ヒットした「恋人よ」の直前くらいで、そこから70年代の作品を後追いしたのですが、五輪さんのインターナショナルな活動にとても驚きました。

「恋人よ」しかご存じない方にも、ぜひこの機会に70年代の五輪さんの活動を知っていただければと思っています。



デビューの条件は「自身のレーベル」「海外レコーディング」


『Mayumi Itsuwa Premium best -HISTORY-』DISC1(1970~1977)


五輪さんはデビュー前にすでに米軍キャンプや渋谷ジャンジャンでライブ活動を行っていて、当時は洋楽のカヴァーをしていたそうです。各レコード会社からデビューの誘いがあったそうですが、五輪さんは簡単に首を縦にはふらず、五輪さんサイドが出した条件が、「海外録音によるレコーディング」と「自身のレーベルからのリリース」という、50年前にはとても考えられないものでした。

1972年10月21日に発売されたデビューアルバム『少女』は、LAで約40日かけてレコーディングされ、ピアノにキャロル・キングが参加したことも話題となりオリコンの最高位6位を記録するヒットになりました。この成功がなければ、現在まで脈々と続く女性シンガーソングライターの歴史はもう少し違うものになっていたかもしれません。

デビューの翌年に発売されたシングル「煙草のけむり」は万年筆のCMソングに起用され、スマッシュヒットになっていますが、さすがにこのCMは見たことがありません(当時見たことのある方はいらっしゃるでしょうか?)。このシングルを収録したセカンドアルバム『風のない世界』もLAでレコーディングされ、「昨日までの想い出」には再びキャロル・キングがピアノで参加しています。

「うつろな愛」「ジャングルジム」を収録した4枚目のアルバム『Mayumity~うつろな愛~』は八王子の山の中の一軒家で、細野晴臣や鈴木茂らとホームレコーディングしたアルバムなのですが、このアルバムがフランスのCBSの目に留まり、五輪さんはフランスでデビューをすることになります。



50周年記念ベストにふさわしいボーナストラック


今回このDISC 1には、当時シングルのB面にしか収録されていなかった「春風」「旅路」が初収録されますが、「旅路」はスタジオ録音されたものが初CD化になります。

そしてもう1曲の目玉は、1976年の2月~3月にNHK『みんなのうた』で流れていた「遠いまち」の初CD化でしょうか。長らく五輪さんのファンを公言している自分も、これまで聞いたことがなかった1曲です。

まさに50周年記念ベストにふさわしいボーナストラックですよね。

歌謡曲路線、「さよならだけは言わないで」が約30万枚の大ヒット


『Mayumi Itsuwa Premium best -HISTORY-』DISC 2(1977~1981)


フランスのCBSから認められた五輪さんは、単身フランスに発ちアルバムを制作。1977年にアルバム『Mayumi』がヨーロッパで発売になります。このアルバムから5曲が日本のアルバム『えとらんぜ』に収録されたのですが、収録されなかった2曲が、今回ついに初CD化になります。「LA PHOTO GRAPHIE」「CALIFORNIE」の2曲は『えとらんぜ』の中で「海」「私少し疲れたの」という日本語バージョンで収録されていた曲のフランス語バージョンです。

当時、海外を拠点に活動をしていた五輪さんでしたが、日本を離れたことで逆に母国語の美しさに気付き、帰国後、日本人の琴線に触れる歌謡曲路線の「さよならだけは言わないで」を発表。この曲が約30万枚の大ヒットになり、新たなる新境地が開拓されることになるのでした。

1980年に発売され、今では昭和のスタンダードソングとして愛されている「恋人よ」は、もともとはB面の「ジョーカー」がA面の予定でした。しかし「恋人よ」のレコーディング時に、あまりの出来の素晴らしさにスタジオ中が静まり返り感動に包まれたそうです。そこで急遽AB面がひっくり返り「恋人よ」がA面として発売されることになりました。

曲はミリオンセラーを記録し、年末のレコード大賞の金賞を受賞したほか、紅白歌合戦への出場も決定し、五輪さんは瞬く間に “時の人” になったのでした。



忙しかった時代。だけど国内外で充実した活動を展開


『Mayumi Itsuwa Premium best -HISTORY-』DISC 3(1981~1987)


DISC 3に収録されてる80年代の五輪さんは、とにかく忙しかった時代です(過労のために入院をしたことも!)。

この時期の楽曲に「心の友」という曲があるのですが、この曲は1982年のアルバム『潮騒』に収録されていたあくまでもアルバムの中の1曲でした。しかし、しばらくして日本で五輪さんのコンサートを観たインドネシアの方が、五輪さんのカセットを国に持ち帰り、ラジオで流したところ「心の友」が大きな反響を呼ぶことになります。

インドネシアでは知らない人がいないほど有名な曲になり、国歌の次に知られる歌となりました(ちなみに五輪さんのSpotifyのトップトラックは断トツでこの「心の友」が1位です)。

このDISC 3に収録されている「心の友」「時の流れに~鳥になれ~」「Wind and Roses」はいずれも五輪さんが紅白歌合戦出場し歌われた曲です。いかにこの時代の五輪さんの活動が充実していたかおわかりいただけると思います。



1990年代以降も精力的に活動を続ける五輪真弓


『Mayumi Itsuwa Premium best -HISTORY-』DISC 4(1988年~2022)


1990年代に突入しても、五輪さんは精力的にコンサート活動を中心に活動を続けています。タイアップ時代になりシングルに多くのタイアップがついているのもこの時代の大きな特徴かもしれません。

1996年のアルバム『21世紀』をリリース後、しばし活動の速度を緩めることになりますが、2003年に久しぶりのアルバム『Time To Sing』をリリースしています。

1977年のアルバム『蒼空』のアレンジを手掛けたデヴィッド・キャンベルと再会し制作されたこのアルバムは、洋楽のスタンダードナンバーを日本語詞でカヴァーした充実の1枚ですが、このアルバムからは「Try To Remember」が収録されています。



他にも「少女」のニューバージョンや、NHKラジオ第一『ラジオ深夜便』の「深夜便のうた」に起用された「BORN AGAIN」、さらにはNHK『みんなのうた』で流れていた「星の子供たち」も初CD化で収録されています。

そしてDISC 4のラストに収録されている「心の友」ですが、こちらは2005年にスマトラ沖地震のチャリティーソングとして発売されたシングルです。インドネシアのシンガーDELONとデュエットしたバージョンがシングルで発売されていますが、このDISC 4にはこのシングルの五輪さんのソロバージョンが収録されています。これまで五輪さんのソロバージョンの存在は明かされておらず、初CD化になります。

70年代はアメリカやフランスを活動の拠点にしてきた五輪さんですが、80年代はインドネシアや香港でも大きなコンサートを大成功させています。

これまでに多くの楽曲が、海外のアーティストにカヴァーされてきました。まだ世の中が男性社会だった1970年代、女性が自分の言葉で何かを表現することは生半可な気持ちでは続けられなかったと思います。特に、女性シンガーソングライターの草分け的存在として知られている“五輪真弓”なくしては、日本の女性アーティストの歴史を語ることはできません。

みなさんにも“五輪真弓”というアーティストが日本の音楽の歴史に刻んできた功績を、この機会に改めて知ってほしいと思っているのです。

▶ 五輪真弓のコラム一覧はこちら!



2022.10.21
84
  Songlink


  Songlink


  Songlink


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
長井英治
コラムリスト≫
48
1
9
8
0
イントロクイズで答えたい! 船山基紀が編曲を手掛けた知る人ぞ知る名曲♪
カタリベ / 藤田 太郎
65
1
9
7
7
ポンタが掲げた孤高なる布石。80年代への未来図は、山下達郎「SPACY」
カタリベ / せトウチミドリ
43
1
9
8
5
流行り歌なら船山基紀、派手なイントロとインパクトが真骨頂!
カタリベ / 太田 秀樹
56
1
9
8
0
深夜に咲いた時代のあだ花、カメリアと武富士ダンサーズ(前篇)
カタリベ / @0onos
41
1
9
8
0
冗談だよと笑ってほしい… 五輪真弓が名曲「恋人よ」に込めた渾身の力
カタリベ / 宮井 章裕
22
1
9
8
3
ブラック・サバス「悪魔の落とし子」混沌のメタル界とイアン・ギランの加入
カタリベ / DR.ENO