4月13日

恐るべし阿木燿子と柏原芳恵「ちょっとなら媚薬」悪女路線の濃密な3分間!

383
0
 
 この日何の日? 
柏原芳恵のシングル「ちょっとなら媚薬」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
イクスマル・ドイチュラントのディーヴァ、アーニャ・フーヴェとは何者か?

ソウルメイトの優しさを思い出す一曲、スパンダー・バレエのトゥルー

ファッションでは語れないREM ー 見た目のフツーっぽさ、普段着の音

レッツ・ダンス — デヴィッド・ボウイと踊ろう、シリアスな月の下で

僕らの世代にとってデヴィッド・ボウイは最初からスーパースターだった

黄金の6年間:星に願いを — 東京ディズニーランドの開園とウォルトの夢

もっとみる≫




18曲連続オリコンTOP10入り、80年代を代表する女性アイドル


柏原芳恵は、80年6月1日にシングル「No.1」でデビューし(当時は “柏原よしえ” と表記)、81年10月15日発売の7thシングル「ハロー・グッバイ」でブレイクしオリコン最高6位をマーク、以降86年1月1日発売の24thシングル「春ごころ」まで18作連続でオリコンTOP10入りを果たしており、80年代を代表する女性アイドルと言えるでしょう(シングルの通算枚数は企画シングルを除く 以下同じ)。

中でも、83年1月11日発売の12thシングル「春なのに」(作詞・作曲:中島みゆき)は、「♪ 春なのに お別れですか」という卒業による別れのやるせなさを美しい歌声とストリングスで聴かせることで、発売から35年以上経った今でも、春の定番ソングとしてカラオケや音楽配信で愛され続けています。

17歳にして大人の哀しいラブソング、柏原芳恵「ちょっとなら媚薬」


今回紹介する「ちょっとなら媚薬」(83年4月13日発売)は、その「春なのに」に次ぐ作品ですがこちらは作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:萩田光雄という、山口百恵の「横須賀ストーリー」や「プレイバックPart2」「愛の嵐」などの名作を次々と手掛けてきた強力な布陣。で、柏原芳恵は17歳にして大人の哀しいラブソング、いわば悪女路線に挑んでおり、「芳恵ちゃんが百恵路線を歌うなんて!」と発売当時の話題性も大きかったように思います。

ただ、本作のセールスだけを見れば、前作の「春なのに」(約33.4万枚)よりも、次の作品「夏模様」(約15.9万枚)よりも低い12.4万枚(いずれもオリコン調べ)。この恋愛に一途だったり奔放だったりする悪女路線は、翌84年に「悪戯 NIGHT DOLL」、85年に「太陽は知っている」と10代後半に3年連続で挑んでいますが、いずれもその前後のセールスより低く、芳恵ヒットヒストリーの “エアポケット” になっているのかもしれません。

確かに、彼女のしっとりとしたボーカルと、谷村新司、中島みゆき、松尾一彦(オフコース)、松山千春、五輪真弓などフォーク出身アーティストの提供作は抜群の相性で、独特な抒情感のある傑作として高評価のものが多く見られます。他方、前述の悪女路線は、“性” 自体をタブー視する正統派アイドルファンからも、抒情歌謡好きのファンからも敬遠されたのかもしれません。

作詞:阿木燿子が仕立てた3分21秒のとんでもないドラマ


しかし、この「ちょっとなら媚薬」は、3分21秒の間に、とんでもないドラマが繰り広げられており、さすが阿木燿子と唸らされる人も多い気がします。ちょっと2時間ドラマのあらすじ風に書き下してみますので、故・来宮良子風のナレーションでお読みください。(以下、主人公の女:ヨシエと、相手の男:アキラが登場します。歌詞の行間は筆者の妄想で補完していますが、ひとつの解釈にすぎませんので、どうかご了承ください)

――「ちょっとなら媚薬」あらすじ
ベッドの上でタバコをくゆらせるアキラ。ヨシエは、さっきの情事の最中にアキラが別の女の名前を呼んだことが気になって思わず問い詰めてしまう。すると、アキラは家出をした猫だと誤魔化したので、ヨシエは背中に爪を立ててみせておどけてみせる。しかし、そこに爪を立てられない女の影を見たヨシエ。

「アキラを自分のものにしたい…!」いっそ “ちょっとなら媚薬” と思い浮かべるほどに。まもなくして、ペアのリングを外し、別れを切り出すアキラ。突然の告白に「そんなのイヤ!」と胸を叩き泣きじゃくるヨシエはいつしか酒に溺れるように。

「もう、やめられません!」と愛の炎を燃やしながら、このグラスに媚薬でも溶かしたら、この別れが覆るだろうか… 賭けに出るヨシエであった。
つづく――

情感たっぷり、酒もタバコも出てくるアイドルらしからぬ楽曲


阿木は、作詞をする際、提供する歌手の写真を何時間も見つめて考えると雑誌インタビューで語っていましたが、当時17歳の柏原の写真を見ては、こんな哀しい女の性が浮かんできたのでしょうか。阿木燿子、恐るべし!

そして、17歳にして酒もタバコも出てくるアイドルらしからぬ楽曲を情感たっぷりに歌い、それでいて気品ある歌声で決して猥褻じゃないポップスを歌う柏原芳恵も恐るべし!

勿論、Aメロ、Bメロ、サビと各パートでドラマティックまたはダイナミックに歌えるメロディーは、いかにも宇崎竜童らしいし、忍び寄る別れをサスペンスタッチに仕上げたアレンジはさすがの萩田光雄… と、楽曲の下地部分を支える匠の技も忘れてはなりません。

とにかく、この歌をじっくり聞くと3分間のあいだ息をのむのも忘れてしまうほど濃密な時間が過ごせること間違いなしです!


Song Data
■ ちょっとなら媚薬 / 柏原芳恵
■ 作詞:阿木燿子
■ 作曲:宇崎竜童
■ 編曲:萩田光雄
■ リリース日:1983年4月13日
■ オリコン最高位:10位
■ 推定売上枚数:12.4万枚
■ 100位内登場週数:11週


2020.04.13
383
Apple Music

 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
臼井孝
コラムリスト≫
75
1
9
8
3
柏原芳恵「春なのに」卒業ソングの名曲に長年抱える違和感アリ!
カタリベ / 藤澤 一雅
35
1
9
8
0
阿木燿子の歌詞を深読み!山口百恵「さよならの向う側」に隠されたメッセージ
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
24
1
9
7
8
伝説のひと、YAZAWAくんの語る山口百恵の「プレイバックPart2」
カタリベ / 時の旅人
23
1
9
8
0
少し翳あるオトナの女? 1980年組、柏原よしえは14歳デビュー!
カタリベ / KARL南澤
70
1
9
8
0
山口百恵の姉御シャウト「ロックンロール・ウィドウ」までの道のり
カタリベ / 望月 ゆみ子
84
1
9
7
8
鉄道ソングに駄作なし、山口百恵「乙女座 宮」銀河大陸横断鉄道〜♪
カタリベ / 指南役
Re:minder - リマインダー