2月18日
リリックビデオのルーツ!殿下ことプリンスは映像作品でも我々を驚かす
16
1
 
 この日何の日? 
プリンスのシングル「サイン・オブ・ザ・タイムズ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
ブラジルは人種のるつぼ、リオのカーニバルで超絶ボニータと一期一会!?

どっちも天才、超絶ギター! 12歳の少女「りーさーX」と「レーサーX」

佐藤孝信のアーストンボラージュとマイルス・デイヴィス、麻布ってどこ?

つねに当事者であれ。ブルーハーツが教えてくれた危うくも純粋な青い心

ビリーとレイの共演♪ ピアノマンの人生を綴った「ベイビー・グランド」

ジャニーズ的サマーソング、少年隊が歌って踊る夏を感じるこの2曲!

もっとみる≫

photo:Discogs  

リリースの度に我々を驚かすと同時に称賛を浴びせることを禁じ得なかったアーティスト、殿下ことプリンス。特に80年代は「もう驚かないぞ」とこちらが身構えても、軽々とその想像をはるかに超えた作品を次々とリリースしたものでした。

そんな数々のエポックメイキングをやってのけた彼の作品で私が特にぶっ飛んだのが、87年のアルバム『サイン・オブ・ザ・タイムズ(Sign "O" The Times)』からのシングル「サイン・オブ・ザ・タイムズ」のミュージックビデオでした。

マイケル・ジャクソンやマドンナに代表される煌びやかなミュージックビデオ全盛の時代に何とも地味な文字(歌詞)の羅列。今でいうリリックビデオの元祖的な作品です。

正式なミュージックビデオが完成されるまでの仮作品として歌詞を表示したビデオだったり、ファンがYouTubeにあげるために歌詞を表示して作成したビデオを現在ではリリックビデオと言いますが、最近では「リリックビデオ=本作品」というものも少なくありません。

このミュージックビデオは仮でもなく、「本作品」だったわけですが、当時はやっぱりびっくりしましたね。本人が出てこないどころか、アニメーションによる歌詞の羅列だけ。アーティストのかっこいい動く姿を期待するファンの期待をあっさりかわすと同時に「これでええんやろか?」という何だかわからない疑問にも似た衝撃だけを残すことになりました。

楽曲もド渋のファンクネスが強調され、カッコいいんだけど、それほどキャッチ-ではないもの。当時のTVのチャート番組のなかでもこの曲だけ、かなりの異彩を放ってましたね。

今改めてこの作品を観ると最近のリリックビデオにも負けていない、デザインのセンスがうかがえます。あえてシンプルにタイポグラフィーを配置し、曲との一体感も絶妙。「Time」の部分のベタさもいいですねえ。「To=2」、「For=4」、「You=U」などプリンスらしい単語の変換もより印象に残ります。

「プリンスほどの大物のビデオなのに地味すぎる」とも思えるし、「策士のプリンスだから納得」とも思える。さらには「忙しすぎて本人の撮影時間がとれないだけ」とも。

様々な憶測をよんだこの謎めいた作品。その記憶だけは彼のどの作品のミュージックビデオよりも私の脳裏にずっと残り続けたことだけは確かです。

2017.08.06
16
  SAPO / mvideos
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田秀樹(ohtachan)
80年代のプリンスは異常だった。まず一番最初に思った印象は「気持ち悪い」。怖いもの見たさで近づき、いつの間にか罠に落ちた。久しぶりにアルバム聞いてみよう。もちろん『サイン・オブ・ザ・タイムズ』
2017/08/06 18:52
0
返信
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
13
1
9
8
6
新しい時代の幕を開けた「パレード」恐れを知らず、孤独だったプリンス
カタリベ / 宮井 章裕
44
1
9
8
6
四月に雪が降ることもある、ありがとうプリンス… 感謝してる
カタリベ / 太田 秀樹
39
1
9
9
0
ただの色物ではない、プリンスは稀代の天才メロディメーカー
カタリベ / 中川 肇
25
1
9
8
5
清涼感溢れるUKのフュージョンファンク、レベル42の夏向きヒットソング
カタリベ / DR.ENO
30
1
9
8
3
マイケルのビリー・ジーン、キング・オブ・ポップとMTVの幸福な関係
カタリベ / 中川 肇
14
1
9
8
9
プリンスのバットダンス、ゴミ袋かぶって踊りまくった奴がいた!
カタリベ / 太田 秀樹
Re:minder - リマインダー