2月17日

佐藤孝信のアーストンボラージュとマイルス・デイヴィス、麻布ってどこ?

20
3
 
 この日何の日? 
アーストンボラージュのNYコレクションにマイルス・デイヴィスが出演した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1987年のコラム 
ダイアモンドの物語、ジャネット・ジャクソンとハーブ・アルパートの関係

80年代アイドル作家 新井素子の軌跡、そして小比類巻かほるとの邂逅

ド迫力の入場テーマ、マサ斎藤とスタローンの「オーバー・ザ・トップ」

リリックビデオのルーツ!殿下ことプリンスは映像作品でも我々を驚かす

アメリカン・ロックンロールの良心の証明 ― ジョージア・サテライツ登場!

つねに当事者であれ。ブルーハーツが教えてくれた危うくも純粋な青い心

もっとみる≫



photo:Amazon  

86年、来日していたマイルスは佐藤孝信に会うなり開口一番「So What !?」ではなくこう言い放った。

「お前は今日まで、おれの為に服を創ってきたのか !?」

そして、二人の友情関係はマイルスが亡くなるまで続いた。この年、佐藤孝信率いるアーストンボラージュはNYコレクションに於いて、史上最多動員記録7,000人を集めていた。

その翌年87年2月17日、マイルスはアンディ・ウォーホルを誘ってアーストンボラージュのショーにモデルとして出演する。場所はNYの地下鉄駅を改装したトンネル。この様子は、シライ・スス写真展『追悼24 Miles Kiss From』(2015.9.29 - 10.31.)で紹介された。

アーストンボラージュ、僕はその服を知っていた。当時の愛読書『Check Mate』(講談社)に頻繁に登場していたのだ。

少年隊はヒガシの押し切りで、ステージ衣装はアーストンボラージュと決められていた。彼らの姿はTVでよく見かけたが「白と黒しか着ない」と豪語するだけあってヒガシだけは似合っていた(モッくんの方が似合うと思うが)。

そして真打登場!安全地帯 玉置浩二である。

TV出演した彼は7タックはあろうかというジョッパーズを穿いて「ワインレッドの心」を歌ったと言いたいが、衝撃的過ぎて曲どころではなかった。それはクールで知的な爬虫類顔の玉置浩二に途轍もなく似合っていた。

僕は当時現金手渡しだったバイト代を握りしめ中心街へ。しかし、何処にもアーストンボラージュのショップがない!

地元の百貨店のマヌカンさんに尋ねると「麻布まで行かないとないかも!?」と言われ、「麻布? 近いのか、遠いのか??」とお話にならないレベルで、イケてなかった。

多分、その時 俺はこの街を18になったら出てみせる。そして、ボラージュ着てマヌカンのお姉さんと付き合うんだと決めていた。そう、浜田省吾を聴きながら決意した17の夜。

後から知ったのだが、ザ・カーズのリック・オケイセックもボラージュ愛用者。この人とマイルスは別次元の格好良さ!! 誰も真似出来ない。

さらに後日談。玉置浩二の7タックジョッパーズ、実は『PASHU』というブランドだという事を知る。パシュについては機会がありましたら。

2017.05.04
20
  YouTube / laneth03


  YouTube / jac kom


  YouTube / Jake Young
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田 秀樹
音楽とファッションって極めて密接な関係ですよね。ファストファッション全盛の今はどうなんだろう。
2017/05/05 03:36
1
返信
カタリベ
1969年生まれ
inassey
コラムリスト≫
102
1
9
9
5
5月22日は錦織一清の誕生日 − 少年隊「PGF」誰にも似てない今のニッキがいいんだよ!
カタリベ / 平マリアンヌ
25
2
0
1
9
イベントレポ:80年代イントロ十番勝負Vol.4 夏のINTROフェスティバル!
カタリベ / さにー
49
1
9
8
9
ドリカム「うれしはずかし朝帰り」から始まる “シン・EPICソニー” の歴史
カタリベ / スージー鈴木
23
1
9
8
1
ヴォーカリーズの草分け、観ても楽しい♪マンハッタン・トランスファー
カタリベ / DR.ENO
43
1
9
8
8
角松敏生プロデュース、新しい時代のビッグバンド — TOKYO ENSEMBLE LAB
カタリベ / 前田 祥丈
34
1
9
8
1
阿川泰子 ー 大人の世界を垣間見せてくれた美しきジャズヴォーカリストの艶気
カタリベ / goo_chan