11月25日
80年代という時代の響き、9th(ナインス)の魔術師 玉置浩二 ①
64
3
 
 この日何の日? 
安全地帯のシングル「ワインレッドの心」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
ヴァン・ヘイレンも憧れた真のギターレジェンド、アラン・ホールズワース

ポール・ウェラー vs オレ、レコードハント闘争時代 〜 スタカン篇

8ビートギャグに夜ヒット、U2のメディアミックスは正しかったのか!?

バンド解散の危機!平成の中学生が選んだ安全地帯とチューリップ

そして僕は途方に暮れる ー 山下久美子と大沢誉志幸の名曲誕生秘話?

自らの存在を否定することからスタートした尾崎豊のロックンロール

もっとみる≫


最初に宣伝を2つほど。おかげさまで、拙著『サザンオールスターズ1978-1985』が、(思ったよりも)売れております。ありがたいことです。もしよければ、手にとっていただければと思います(下にインフォメーション、リンクページがあります)。

加えて、10月6日(金)の深夜2時から、BSデジタルの「BS12」で、マキタスポーツさんとの音楽番組が始まります。題して、『ザ・カセットテープ・ミュージック』

この番組、タイトルからも分かりますように、あまりにも「リマインダー」的なコンセプトの番組で、このサイトの読者の方々にはピッタリかと。FMラジオとも連動した企画です。ぜひご覧・お聴きください。

さて、突然ですが、「80年代って、9th(ナインス)の時代だったよなぁ」と、深く感じ入るわけです。

ここでいう「9th(ナインス)」とは、コードに対するメロディの音の位置の話をしています。ごくごく簡単に言えば、バックの演奏が「ド・ミ・ソ」のメジャーコードで演奏しているとき、「レ」の音で歌うことです。またはマイナーコード=「ラ・ド・ミ」のときに「シ」の音で歌うこと。

「バックの音と歌の音が合ってないということは、音痴みたいな、変な響きになるんじゃないの?」という疑問を持たれる方がいるかもしれません。まさにその通り、変な響きになるのです。

昔の日本人、そうですね、たとえば戦後すぐの日本人にとっては、9th(ナインス)なんて、変な響きすぎて、気持ち悪くってたまらなかったかもしれません。

しかし、60年代にイギリスから登場したあの4人組の音楽が、世界を席巻した。そして、彼らによる奇妙なコード進行や転調、そして9th(ナインス)含む、バックの音と対決するような、過激なメロディづくりが、全世界に撒き散らされた(その象徴が、その4人組の《ドライブ・マイ・カー》の歌い出し)。

そして日本でも、彼ら4人組の影響を強く受けた、筒美京平や都倉俊一などの職業作曲家、また荒井由実や桑田佳祐のようなシンガーソングライターが、ヒット曲を連発したことで、「変な響き」が徐々に「いい響き」に転換した―― という舞台設定が整ったところに、80年代がやってきたわけです。

そうして、80年代が「9th(ナインス)の時代」になっていく。今回は、そんな時代を形作った作曲家の1人として、安全地帯の玉置浩二を挙げたいと思います。私にとって彼は「9th(ナインス)の魔術師」とでも呼ぶべき存在に映ります。

その「9th(ナインス)の魔術師」としての代表作と言えば、84年発売の大ヒット=安全地帯『ワインレッドの心』にトドメを刺します。あのサビ=「♪ 今以上、そ《れ以》上、愛されるのに」の《 》内が9th(ナインス)になっています(この曲はマイナーキーなので「ラ・ド・ミ」のときの「シ」の音)。

図で描くとこうなります。「《れ以》」のところで、音程もぐぐっと上がって、浮遊感ある「シ」の音が、強烈に印象づけられる結果になっています。

図1:安全地帯『ワインレッドの心』(コードは「ラ・ド・ミ」)



余談になりますが、拙著『1984年の歌謡曲』で、この『ワインレッドの心』のこのサビを以下のように激賞しました。これでも誇張しているつもりはありません。


―― とにもかくにも、大ヒットの主要因は、サビのメロディである。「♪ 今以上 そ《れ以》上」「♪ あの消えそうに燃《えそ》うな」の、《 》でくくったところの強い引っかかりはどうだ。一度聴いたら、二度と忘れることが出来ない必殺フレーズである。(中略)玉置浩二のボーカルは、低音部分が湿ったタオル、高音部分が乾いたゴムのような質感を持っている。「♪ 今以上 そ(ここまでタオル)→(ここからゴム)《れ以》上」という、声質の転換が、このフレーズの引っかかり度をより高めている。


あと、こちらも大ヒット曲=85年の安全地帯『悲しみにさよなら』の歌い出し(サビ)も忘れられません。「♪《泣かない》で《ひと》りで」の《 》内が9th(ナインス)。こちらはメジャーキー「ド・ミ・ソ」の上に「♪《レレレレ》ド《レレ》ミミ」となります。

図2:安全地帯『悲しみにさよなら』(コードは「ド・ミ・ソ」)



9th(ナインス)。冒頭にも書きましたが、もともとは「変な響き」なので、使いすぎると逆効果になります。ただし、「ここ1番」で使うと、その不思議な浮遊感が強烈なインパクトとなって、大ヒットに貢献するのです。そして、80年代中盤に、9th(ナインス)の響きを、最高に上手く使ったのが、「9th(ナインス)の魔術師」玉置浩二だということです。

では次回は、安全地帯以外も含めた「80年代・9th(ナインス)ベスト3」を決定したいと思います。

2017.09.18
64
  YouTube / hakuryu dorakue


  YouTube / ひまわり1985
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
スージー鈴木
【宣伝】サイト「リマインダー」連載、新ネタ入りました!
2017/09/18 18:30
1
返信
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
56
1
9
8
4
見事なまでの浮遊感、1979年+80年代の9th(ナインス)名曲ベスト3
カタリベ / スージー鈴木
24
1
9
8
8
安全地帯「月に濡れたふたり」男の僕が好きになる玉置浩二の歌声
カタリベ / 古城戸 大輔
21
1
9
8
3
バンド解散の危機!平成の中学生が選んだ安全地帯とチューリップ
カタリベ / 古城戸 大輔
54
1
9
8
3
日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その1)
カタリベ / スージー鈴木
16
1
9
7
8
偉大なるパロディ「ラトルズ」を見ずしてビートルズは語れない!
カタリベ / DR.ENO
10
1
9
8
7
村上春樹のノルウェイの森を読み、ビートルズのノルウェーの森を聴いた夜
カタリベ / 太田 秀樹
Re:minder - リマインダー