11月28日

伊藤銀次と4曲のクリスマスソング「ほこりだらけのクリスマス・ツリー」

22
0
 
 この日何の日? 
細野晴臣と高橋幸宏を中心とした ¥ENレーベルのオムニバスアルバム「WE WISH YOU A MERRY CHRISTMAS」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
佐藤信 × 妹尾河童「1983 YMO ジャパンツアー」解散じゃなくて散開!

バンド解散の危機!平成の中学生が選んだ安全地帯とチューリップ

安全地帯「ワインレッドの心」玉置浩二は9th(ナインス)の魔術師

伊藤銀次と高橋幸宏、¥ENレーベルのクリスマスアルバムにみる2人のポップスター

そして僕は途方に暮れる ー 山下久美子と大沢誉志幸の名曲誕生秘話?

なんて無力な「15の夜」尾崎豊は本当に自由になれたのだろうか?

もっとみる≫




伊藤銀次が書き下ろしたクリスマスソング


12月24日生まれの僕にとって、1983年はなんとも象徴的で、ある意味記念すべき年となった。なんとクリスマスソングを1年に3曲も発表することになったからなのである。

長いあいだ日の目をみることがなかった70年代が開けるやいなや、まるで休火山が一気に活動をはじめたかのように、銀次は1982年4月から1983年4月にかけて、立て続けにポリスター・レコードから3枚のアルバムをリリースした。

銀次のポップンロールが開花した、いわゆる「アダルキッズ3部作」。この頃ノリにノッていたとはいえ、間髪いれぬ3枚の連続リリースはなかなかに大変なものだったけれど、そのおかげで、若い新たなポップスファンが多くついてくれて、晴れて自分の全国ライヴツアーもできるようになったのはとてもありがたい出来事だった。

そこで、つづく4枚目となる『WINTER WONDER LAND』は、これらのアルバムを支持してくれたファンへの、僕からの感謝の気持ちを込めて送るグリーティングカードのような冬休みアルバムを目指して制作、さらにクリスマス・イブ生まれということを意識して、「雪は空から降ってくる」と「フェアウェル・ブルー・クリスマス」の2曲をアルバムのために書き下ろした。

高橋信之&高橋幸宏兄弟プロデュース「WE WISH YOU A MERRY CHRISTMAS」


これでもう生涯クリスマスソングを書くことはないだろうと思っていたら、なんとこのアルバムのリリース前に、アルファ・レコードからいろんなアーティストが参加するクリスマスソングのオムニバスアルバムに参加してほしいとのオファーがあったのだ。

そのアルバムのタイトルは『WE WISH YOU A MERRY CHRISTMAS』。海外ではこういったクリスマスソングのオムニバスのアルバムはよくあったけれど、日本ではまだかなり珍しかった画期的な企画。

プロデューサーは高橋幸宏君、高橋信之さん兄弟で、参加アーティストは高橋幸宏、大貫妙子、細野晴臣、越美晴、上野耕路、戸川純、ムーンライダーズ、ピエール・バルーというそうそうたるメンバー。当時の日本のロック / ポップスでの最先端をいくニューウェーブシーンの立役者たちばかりで、僕はちょっと浮いてるのではと心配したけれど、ぜひにというお願いだったので、あえて他のアーティストのことは考えず、僕らしいサウンドでいこうと決めて、ハリー・ニルソンかバカラックみたいな曲を意識して書いたような曲調でレコーディングすることにした。

自分のアルバムのために書いた2曲の詩は、ドリーミーで幸せないつもの銀次ポップスだったので、さすがに3曲目も似たような感じにするのはちょっと芸がない気がしたので、方向を変えて、別れた二人が、クリスマスイブの夜に街でばったり出会うことからはじまる、ちょっとビターで大人の味わいのクリスマスソングにした。それが「ほこりだらけのクリスマスツリー」。

伊藤銀次らしいクリスマスソング「ほこりだらけのクリスマスツリー」


はたして僕はかなりアルバムの中で浮きまくってしまうのではないかと、たえず心配しながらレコーディングしていたら、レコーディングをのぞきにきてくださったプロデューサーの高橋信之さんから「銀次さんには最初から他の参加アーティストにはない銀次さんらしいものを期待していたのでばっちりです」といううれしいお言葉が。

信之さんはバズのヒット曲「ケンとメリー~愛と風のように~」の作曲でおなじみの音楽プロデューサー。会うのは、かつて70年代にバズのレコーディングでギターを弾いた時にお世話になって以来。そのときはゆっくりお話ができなかったけれど、このレコーディングのときにはいろいろと打ち解けてお話をすることができてよかった。

もうはっきりとは覚えていないけれど、あれはセディック・スタジオやレコードショップのWAVEが入ってた六本木にあったビルのどこかで、たしかこの参加メンバーが一堂に介してレコ発のトークライヴをやった記憶がうっすらとあるけれど、細かいことは残念ながら忘れてしまったね。

うれしいことにこのアルバム、40年近い時を経て、2021年の12月現在の今でも手に入れることができるというのは、夢のようでまさにアーティスト冥利に尽きることだ。

ちなみに、その後2017年の僕のアルバム『MAGIC TIME』のために「誕生日がクリスマス」という曲を書いたので、なんと生涯にクリスマスソングを4曲も持つという実におめでたいアーティティストに!! これもひとえに、クリスマス・イブに生まれたということからくる一種の宿命みたいなものかもしれないね。なにはともあれ、そんな僕からみなさんに――

メリー・クリスマス!!

▶ 伊藤銀次のコラム一覧はこちら!



2021.12.17
22
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1950年生まれ
伊藤銀次
コラムリスト≫
60
1
9
8
1
佐野元春が山下久美子に提供した「So Young」彼ならではのレコーディング秘話
カタリベ / ふくおか とも彦
23
1
9
8
4
ビューティー・ペアからクラッシュギャルズ、女子プロレスの栄枯衰退
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
33
1
9
8
0
80年代イントロなんでもベスト3 ~ 最終回「総合1位と2位の前に…」
カタリベ / スージー鈴木
95
1
9
8
0
EPICソニー名曲列伝:佐野元春「アンジェリーナ」大村雅朗とのガチンコ対決
カタリベ / スージー鈴木
52
1
9
8
2
伊藤銀次の80s:ソングライター開眼!プロデューサー木崎賢治との出会い
カタリベ / 伊藤 銀次
48
1
9
8
3
伊藤銀次の80s:スリリングな「打ち込み」アプローチ、60年代を最新型に!
カタリベ / 伊藤 銀次