2月25日

80年代カラオケの実情:忘れられない「忘れていいの」ループタイム!

11
0
 
 この日何の日? 
小川知子 谷村新司のデュエットシングル「忘れていいの ー愛の幕切れー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
反骨の炎「ときめきに死す」は静の旋律、主演映画にみる沢田研二の肖像

ザ・スミスとエドワード・ゴーリー、沼地(ムーア)の憂鬱に今こそ学ぶ

トラブルなんて当たり前、洋楽アーティストの来日と歌番組ブッキングの裏事情!

ジャパーン! 郷ひろみ「2億4千万の瞳」から読み解く国鉄キャンペーンの歴史

夏のノースリーブ考察、ネーナとパティ・スミスとロックンロール!

FIFAワールドカップ開催記念!世界で活躍したドイツ出身アーティスト・ベストイレブン

もっとみる≫



photo:フォト蔵  

80年代、カラオケでは、店に居合わせた人同士でデュエットすることもしばしば。テーブルを挟んで知らない人とも一緒に歌うこともありました。中には、それがきっかけで結婚したカップルも誕生しましたから、当時のカラオケは婚活の役割も果たしていたのです。

また、カラオケスナック特有かもしれませんが、新曲が入ると必ず、店の開店準備中に従業員が練習をしていました。お客さんから「これ教えて」と聞かれたときに、お応えしようとしていたのです。当時は、お客さんと従業員の距離感が、やたら近かったのです。

そんなこともあり、有線でかかったときに、すぐに練習を始めたのが『忘れていいの』。そう、谷村新司さんが、うっかり小川知子さんの胸に手を滑り込ませてしまったPVが有名になったあの曲です。お客さんの中には、男性だけで来て、女性パートを従業員に求めることもありましたので、(従業員は男だけなので)先輩のTさんが、女性パートを練習していました(エラく上手い)。

しかし、この曲は本当にリクエストが多かったです。ある日、店は男女入り乱れての満席状態。そしてこの曲へのリクエストのあまりの多さに、マスターが突然、「忘れていいのタイム〜!!」と宣言。それからなんと10回連続、しかも、すべて別のぺアが歌うという賑やかさ。後にも先にも、こんな状態はこの日、この曲だけです。

中にはふざけて、女性の背後から胸に手を滑り込ませうとする御仁も現れる始末。もちろん、従業員がメガホンで頭をコツン。真似しようとした方もいるのではないですか? とにかく80年代を代表するデュエットソングとして、とても印象が強い1曲です。


忘れていいの ー愛の幕切れー
作詞・作曲:谷村新司
編曲:馬飼野康二
発売:1984年(昭和59年)2月25日

2016.03.13
11
  YouTube / torimotori
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1964年生まれ
小山眞史
コラムリスト≫
17
1
9
8
4
80年代カラオケの実情:意外なアイドル、香坂みゆきの歌うフワフワ感
カタリベ / 小山 眞史
33
1
9
8
2
山下達郎のあまく危険な香りは茶の間をアーバンでアダルトな世界に誘う
カタリベ / 平マリアンヌ
25
1
9
8
9
人生初のカラオケ体験「ビー・マイ・ベイビー」あるある話!?
カタリベ / clake
47
1
9
7
8
平尾昌晃&畑中葉子「カナダからの手紙」は元祖ソーシャルディスタンス・デュエット!
カタリベ / 指南役
14
1
9
8
4
繰り返し聞き続けた失恋ソング、ジョン・ウェイトの「ミッシング・ユー」
カタリベ / ジャン・タリメー
18
1
9
9
2
国民的ソング!加山雄三/谷村新司「サライ」24時間テレビから生まれた “心のふるさと”
カタリベ / 鈴木 啓之