4月21日

石川優子とチャゲ「ふたりの愛ランド」を完璧にハモるためのカラオケ必勝法!

25
0
 
 この日何の日? 
石川優子とチャゲのシングル「ふたりの愛ランド」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
40周年!伊藤麻衣子&伊藤かずえ「不良少女とよばれて」大映ドラマの中でも突出した人気

不良少女とよばれて、大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌

吉田秋生の傑作漫画「河よりも長くゆるやかに」北原ミレイと男子校生の青春白書

80年代のトップアイコン小林麻美、ジェーン・バーキンに寄せた強い意志

全アルバム一斉配信【ザ・ルースターズ】解散へと向かう冷たい炎のロックンロール!

昭和カラオケ争奪戦!「ふたりの愛ランド」あの娘を射止める最終兵器

もっとみる≫




JAL沖縄キャンペーンソングに起用された「ふたりの愛ランド」


邦楽の男女デュエット・コラボレーション楽曲を紹介するシリーズ。今回は、石川優子とチャゲ「ふたりの愛ランド」を紹介します。

1984年(昭和59年)のJAL沖縄キャンペーンソングに起用された「ふたりの愛ランド」は、CM大量オンエアの効果もあり大ヒット。ザ・ベストテンでは6〜8月にかけて11週間ランクインし最高位2位、年間順位10位を記録。また、ラジオ番組『決定!全日本歌謡選抜』では年間1位に輝きました。

「ふたりの愛ランド」は楽曲の完成度が群を抜いていると思います。まず、夏の開放感が表現されたカラッと明るいメロディー。そして、そのメロディーに乗る石川優子とチャゲのボーカルもキラキラと明るい。のびやかで芯がある石川優子の歌声は “太陽”、熱を帯びつつも軽やかに響く チャゲ の歌声は “風” であり、彼らの歌声が重なると夏の情景が鮮やかに映し出されるように感じます。

2人とも歌声が明るくのびやかなので心地よく聴くことができ、よく通る 石川優子 の歌声をチャゲが軽やかに包み込むバランスも素晴らしく、2人の歌声の相性は抜群です。チャゲがこの曲を作った当初、女声とのデュエットを想定していなかったとは信じ難いほどに、曲のテーマや曲調に歌い手が見事にハマっていると思います。

前向きに突き進んでいく言葉がちりばめられた名曲


歌詞もまた、明るく前向きです。カタリベ・本田隆さんがコラム「作詞家 松井五郎の世界を堪能!時代を超えた《女性ボーカル・エールソング編》」で書かれているとおり、楽しい夏というだけでなく前向きに突き進んでいく言葉がちりばめられており、これを石川優子とチャゲの2人が歌うと、とても素直に聴き手の中に入っていく感じがします。

Aメロのソロパートの歌詞が、女声パートは女性のセリフ、男声パートは男性のセリフになっているのも、素直に聴ける一因だと思います。これは演歌やムード系では普通のことですが、ポップス系のデュエット曲だと(男女のセリフではなく)ソロパートでストーリーや情景を歌っていることが意外と多いのです。

歌詞にセリフがあると躍動感が出てきますよね。男女のセリフをソロパートに乗せることで男女の掛け合いがより鮮明になり、それが「ふたりの愛ランド」のデュエット曲としての完成度を高めているのだと思います。

このように、知名度が高く、楽曲も素晴らしく、後述するようにメロディーもハモりも難しくない。ということはカラオケでも大人気…かと思いきや、カラオケでデュエット曲を選ぶ際に意外と選択肢に上がらず、歌われたとしてもハモりがキマって良い雰囲気になっている光景を、私はほとんど見たことがありません。

「ふたりの愛ランド」のハモりの全体像


知名度はあってもカラオケのレパートリーにするほどしっかり覚えている人が少ない、というのが筆者の考察です。とりあえず歌ってみようかと思い立ったとしてもメロディーが細部まで思い出せず、歌える自信がないので諦めて別の曲を選ぶ、ということが多いように思います。

ハモりがあったことは確かなんだけど、どこにどんなハモりが入ってたかな? と思った方のために「ふたりの愛ランド」のハモりの全体像をご紹介します。下の図をご覧ください。2番やリフレインも同じパターンなので、1番のみを示します。



女声ソロ → 男声ソロ → 女声メイン・男声ハモり という構成です。始めに2人の歌声をソロで聴かせて、その後は女声が主旋律を歌い男声がハーモニーでサポートする。これは男女デュエット曲の王道パターンです。

Bメロはフレーズの一部だけ、ハモらずにユニゾンになっています(厳密には チャゲ が1オクターブ下を歌っているのでオクターブユニゾンです)。ハモっている途中で一部分だけユニゾンにするのは案外難しいので、この箇所もついハモりたくなりますが、この部分はハモるのも少し難しいメロディーになっています。

なので、実際にカラオケで歌うとき、Bメロは全てユニゾンで歌うのも一策だと思います。ここは2人で同じメロディーを歌うことで声を重ねることを楽しみ、サビだけハモるという歌い方でも十分に盛り上がれると思います。

サビにも、ハモる箇所とユニゾンの箇所があります。ユニゾンには『2人は1つ』という印象が生まれる効果があり「ふたり夢をかなえてる」「翔んで夏シマシタ」という歌詞がユニゾンになることで、曲の盛り上がりが生まれます。なので、この箇所も自己流でハモるより、原曲に忠実にユニゾンで歌う方がいいと思います。

爽快なメロディーで明るい夏がストレートに表現された「ふたりの愛ランド」


続いて、ハモりのメロディーを見ていきましょう。下の図をご覧ください。こちらも2番やリフレインは同じパターンなので、1番のみを示します。






図はBメロとサビを分けていますが、どちらも主旋律の少し上の音程によるハーモニーだけが使われています。筆者はこれを「上ハモ」と呼んでいますが、下の音程でハモる(下ハモ)よりも上ハモの方がハモりやすいです。また、イレギュラーな音程も出てきませんので、ハモりのメロディーとして実にシンプルで歌いやすいです。

ハモりの覚え方をまとめると、原則は『Bメロ以降は上ハモ、ただし一部分がユニゾン』で、どこがユニゾンかをしっかり把握しておく、といったところでしょう。女声側はハモりが無いので、男声側がこれを覚えておけば「ふたりの愛ランド」をハモりながらデュエットする機会を増やすことができるでしょう。

「ふたりの愛ランド」は、爽快なメロディーで明るい夏がストレートに表現され、ハモりに関しては構成もメロディーも王道という、2人で歌うと本当に楽しい1曲です。ハモり無しのデュエットも楽しいですが、この曲に関してはシンプルなハモりでありながら、ハモると格段に気持ちよく幸福感がグンと上がります。男性や声が低めの女性の皆さんは、ぜひハモりを覚えて歌ってみてください。


■ Song Data
■ ふたりの愛ランド / 石川優子とチャゲ
■ 作詞:チャゲ、松井五郎
■ 作曲:チャゲ
■ 編曲:平野孝幸

男声ハモり分量:★★★
男声ハモり多彩さ:★★
女声ハモり分量:−
女声ハモり多彩さ:−
掛け合いや遊びの妙:★★
カラオケ難易度男声:★★
カラオケ難易度女声:★★
カラオケ満足度:★★★
※評価値は5段階評価。あくまで筆者の個人的な見解です。

▶ ふたりの愛ランドに関連するコラム一覧はこちら!



2023.08.21
25
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
倉重誠
コラムリスト≫
26
1
9
8
9
人生初のカラオケ体験「ビー・マイ・ベイビー」あるある話!?
カタリベ / clake
76
1
9
7
9
シルヴィアの歌う「別れても好きな人」黄金の6年間に大ヒットした理由
カタリベ / 指南役
50
1
9
8
4
作詞家 松井五郎の世界を堪能!時代を超えた《女性ボーカル・エールソング編》
カタリベ / 本田 隆
29
1
9
9
1
ASKA「はじまりはいつも雨」優しさと愛の詰まった珠玉の雨ソング
カタリベ / 村上 あやの
11
1
9
8
4
80年代カラオケの実情:忘れられない「忘れていいの」ループタイム!
カタリベ / 小山 眞史
24
1
9
8
5
意表を突かれた大物コラボ、フィル・コリンズ&フィリップ・ベイリー
カタリベ / KARL南澤