10月10日

フレディー・マーキュリーの真骨頂、バルセロナ五輪で観られなかった異種格闘技!

30
0
 
 この日何の日? 
フレディー・マーキュリーとモンセラート・カバリエのコラボレーションアルバム「バルセロナ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
渋谷、西麻布、六本木… 新時代の到来を告げたバーシアとJ-WAVEの開局

唯一無二。ストーンズのキース・リチャーズが作った至高のロックンロール

氷室京介の本質、シングルB面はデヴィッド・ボウイとモップスのカヴァー

これぞ圧巻のゴスペル風! U2の「終りなき旅」ライヴ・トラック

U2が探し求めたロックンロール、そして「魂の叫び」の先にあるもの

バブルに抱かれなかった女たちの拠り所?「るきさん」と「やっぱり猫が好き」

もっとみる≫







さて、東京オリンピック開催まで1年を切って、それっぽい雰囲気が漂ってきた今日この頃であるが、実を言うと僕はオリンピックに興味がない。

そもそも国家対抗というのが前時代的な気がするし、多額の予算を使って東京で開催することについても、都民としていまだに納得していない。なので、大会期間中は、仕事の予定次第では東京を離れようとすら考えている。

そんな僕でも小さい頃は TV にかじりついてオリンピック中継を観ていた。当時は、ワールドクラスのアスリート達が闘う姿をライブで観る方法が、それしかなかったからだ。

僕が最後に一生懸命オリンピックを TV 観戦したのが、1992年のバルセロナオリンピックだった。最大の理由は、男子バスケットボールの「ドリームチーム」だ。

88年のソウル大会で銅メダルに終わった米国チームは、プロ選手参加が容認されたのを受け、NBA(National Basketball Associationの略。男子プロバスケットボールリーグのこと)のスター達を招集することに決めた。スポーツ誌『Sports Illustrated』は、早くも選手発表の前から、この代表チームのことを「ドリームチーム」と呼んでいた。

最終的に選ばれたのは、80年代のNBAを支えた2人のスーパースター、アーヴィン・“マジック”・ジョンソン(ロサンゼルス・レイカーズ)とラリー・バード(ボストン・セルティックス)、それに当時絶頂期の「神様」マイケル・ジョーダン(シカゴ・ブルズ)を含む全12名。このうち7名が引退までに MVP を受賞し、11名が2012年までに殿堂入りを果たしているが、まるで天から舞い降りたかのようなスター軍団であった。

大会期間中、現地は大騒ぎ。ドリームチームのメンバーはセキュリティ上の懸念から、選手村ではなく、バルセロナ市内の高級ホテルに宿泊したそうだ。

結局、ドリームチームは全8試合に大差で勝利して、楽々と金メダルを獲得した。何より相手の選手がスター軍団に写真撮影やサインを求める有様で、試合そのものに観るべきものはなかったが、それでも、このメンバーが揃った “絵” だけで既に十分に価値があったのだった。

そして、ドリームチームがオリンピックに現れたことで、米国のローカルスポーツに過ぎなかった NBA の人気が世界的に高まることになった。また、これにあやかって、現地においても、当時リーガ・エスパニョーラで連覇中だった FCバルセロナまでもが「ドリームチーム(El Dream Team)」と呼ばれるようになっていた。

このように、ドリームチームのお陰もあって、大いに盛り上がったバルセロナオリンピックであったが、僕には一つだけ心残りなことがある。

このオリンピックのテーマ曲は、フレディー・マーキュリーとモンセラート・カバリエがデュエットした「バルセロナ」だ。2人は開会式でこの歌を披露することが決まっていたが、オリンピック前年にフレディーが急死したことで、残念ながら実現しなかった。

モンセラート・カバリエとはカタルーニャ生まれの世界的なオペラ歌手のことで、この共演は、彼女のファンだったフレディーの熱烈なアプローチによって87年に実現した。当時、クイーンのメンバーを含む、彼の周りの人間は誰も理解を示さなかったと言うが、僕はこの「異種格闘技」感こそがフレディーの真骨頂ではないかと思う。

もし彼がもう少し長生きしていたら、開会式でのデュエットが世界中に生中継されていた訳で、それが観られなかったのは本当にもったいなかった。ウェンブリー・スタジアムとは違う種類の感動が、きっとあったと思うんだよなぁ…。

Song Data
■ Barcelona / Freddie Mercury and Montserrat Caballe
■ 作詞・作曲:Freddie Mercury・Mike Moran
■ プロデュース:Freddie Mercury・Mike Moran・David Richards
■ 発売:1987年10月26日

Official Charts
■ Barcelona / Freddie Mercury and Montserrat Caballe(1987年11月14日 全英8位)

Billboard Chart&Official Charts(Album)
■ Barcelona / Freddie Mercury and Montserrat Caballe(1992年8月22日 全英15位)
■ Barcelona Gold / Various Artists(1992年8月15日 全米32位)
■ Greatest Hits III / Queen(1999年11月20日 全英5位)


2019.09.05
30
  YouTube / Freddie Mercury Solo


  YouTube / Freddie Mercury Solo


  YouTube / Olympic
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
28
1
9
8
4
リッチー・ブラックモアとレインボー、黒の美学・ハードロックの美学
カタリベ / ジャン・タリメー
55
1
9
8
8
男闘呼組 ― 今こそ再評価したい80年代最強のアイドルハードロックバンド
カタリベ / 中塚 一晶
20
1
9
8
2
ジョーン・ジェットを思わせるハードロック、本格派ヘイルストーム
カタリベ / 鎌倉屋 武士
17
1
9
7
9
サマーといえばドナ・サマー、涙が出るほどカッコいいデュエットライブ!
カタリベ / ミスターZ
22
1
9
8
9
昭和から平成へ。キングダム・カムのハードロックと自粛ムード
カタリベ / 中塚 一晶
13
1
9
8
1
孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー