12月7日

これぞ「ザ・エイティーズ」1984年から1986年はテッパンの3年間!

27
1
 
 この日何の日? 
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が日本で劇場公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
シンデレラ・エクスプレスの物語、0系新幹線がカボチャの馬車だったころ

音楽が聴こえてきた街:文化屋雑貨店とナゴムギャル、時代に媚びない愛すべきへなちょこ

ヤヌスの鏡、大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌

デロリアンに乗って教えてあげたいこと、バック・トゥ・ザ・フューチャー

グーニーズ、シンディ・ローパーの歌声が残した濃密なキスマーク

藤波辰巳「ドラゴン・スープレックス」は不滅の大技であり、名曲である。

もっとみる≫




入口と出口が全く違う80年代、クロスオーバーからバブルカルチャーへ


2020年、あけましておめでとうございます。80年代の音楽エンタメに特化したリマインダーですが、おかげさまで記事数なんと 3,000 超え! 世界でも珍しいアーカイヴになっておりまして、これもひとえに皆さまの温かいご支援の賜物。ありがとうございます!

さて、たった10年しかない80年代ですが(当たり前だ)、何が面白いって、その入口と出口で文化の様相がかなり違っていることなんです。

前半は、指南役サンが「黄金の6年間」と呼んだジャンルのクロスオーバー時代。東京が最も面白く、猥雑で、エキサイティングだった 1978年から1983年が該当します。そして後半は、1986年12月に始まったとされるバブル景気の影響をモロに受けた、1987年から90年代初頭の文化。キラキラともギラギラとも取れる、いわゆるトゥーマッチなバブルカルチャーが幅を利かせます。

これぞ「ザ・エイティーズ」1984年から1986年はテッパンの3年間!


そんな80年代、僕がこれから紹介していきたいのは2つの時代に挟まれた中盤の3年間。そう、1984年から1986年のエンタテインメントです。黄金の6年間で生み出したものをベースに、バブル時代へと向かっていく過渡期とも移行期とも言えるタイミング。振り返ってみると、これぞ「ザ・エイティーズ」と呼ぶべきコンテンツが続々と生まれています。

なにしろ、僕が 80年代ナンバーワン・コンテンツに推す「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が公開されたのも1985年ですからね。また、時代のアイコンと言ってもいい「フットルース」も、「ゴーストバスターズ」も、「トップガン」だって、この3年の間に封切られているんです。

さあ、「黄金の6年間」という名キャッチコピーには及びませんが、その言葉を意識して、豊潤の3年間… いや、なんか違うな… うん、「テッパンの3年間」とでも名付けてみましょうか。さてさて、ざっくりどんな時代だったのか?


まずは、1984年 ——


あの頃、ニュースやワイドショーは「グリコ・森永事件」と「ロス疑惑」を過剰なまでに伝えていました。日経平均株価は1万円を超え、夏にはロサンゼルスオリンピックが開幕。渡辺和博の「金魂巻(○金○ビ)」がベストセラーとなり、六本木プリンスホテルや有楽町マリオンがオープンしたのもこの年。

音楽に目を向ければ、マイケル・ジャクソンがグラミーの8部門を受賞。シンディ・ローパーとマドンナがブレイクし、プリンスは「パープル・レイン」を発表します。チェッカーズ、吉川晃司、尾崎豊の躍進もこの年で、ユーミンの「NO SIDE」やアン・ルイスの「六本木心中」などもリリースされています。

年末には麻布十番に「マハラジャ」がオープン。大晦日の紅白で都はるみが引退し、その視聴率は78.1%を記録するも、以降その数字が上がることはありませんでした。そうそう、アップルコンピュータが「マッキントッシュ」を発売したのも、トルコがソープランドに名称変更したのも1984年の出来事です。

つづく、1985年 ——


アメリカのレーガン政権が2期目に入り、ソ連の共産党書記長にはゴルバチョフが就任します。第2次世界大戦の終結から40年、冷戦の終わりが見え始め、中曽根首相は戦後初の靖国公式参拝を敢行しました。その直前には日本航空123便の大惨事、バブルの起点とも言われるプラザ合意もこの年の出来事です。

欧米のチャートでは第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの最盛期。MTVの影響力は勢いを増し、「ウィ・アー・ザ・ワールド」や「ライヴエイド」に象徴される世界的なチャリティブームも起こっています。

あ、松田聖子が結婚した間隙を縫って、おニャン子クラブの「セーラー服を脱がさないで」や、小泉今日子の「なんてったってアイドル」がシーンを引っ掻き回したのもこの年。そのインパクトはある意味、アイドルの終焉をほのめかすものでもありました。これ、秋元康が仕掛けたというよりも、時代が「それ」を望んでいたのでしょう。その空気感を敏感にキャッチした秋元サンのチームが、見事なコンテンツとして世に送り出したというワケです。

そして、1986年 ——


時代はバブル直前、チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故はショックだったものの、エンタメのコンテンツはドンドン多様化していきます。レコード大賞は2年連続で中森明菜でしたが、レベッカや BOØWY はもとより、ユースカルチャーを形成するバンドがインディーズシーンからもどんどん飛び出してきました。

ハレー彗星は大接近するし、ダイアナ妃の来日で旋風が巻き起こるし、ワールドカップのメキシコ大会でマラドーナが5人抜きするし、「写ルンです」も画期的だったけど、世の中を変えた大きな出来事は、男女雇用機会均等法が施行されたことでしょうね。にわかに信じがたいかもしれませんが、1986年まで女子総合職の採用は基本的に無かったわけですから…


まだまだ挙げ切れませんが、ざっとこんな感じでしょうか。以降は指南役サンに倣い、個別のコンテンツを掘り下げることで、時代の全体像が浮き上がってくるような連載にできればと思っています。さあ、何から取り上げようかな? よろしければ、今年もご贔屓に!

2020.01.01
27
  YouTube /  Universal Pictures


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
太田秀樹
コラムリスト≫
69
1
9
8
4
1984という時代、テッパンの3年間(1984〜1986)の幕開け
カタリベ / 太田 秀樹
55
1
9
8
4
チェッカーズの躍進と吉川晃司の登場! 1984年、僕はなりたい自分を手に入れた
カタリベ / 本田 隆
41
1
9
8
2
黄金の6年間:傑作「蒲田行進曲」クロスオーバー時代に生まれた化学反応!
カタリベ / 指南役
50
1
9
8
5
まるで80年代の神話 — 吉川晃司、尾崎豊、岡村靖幸、そして鈴木賢司
カタリベ / 吉井 草千里
104
1
9
8
3
黄金の6年間:映画「戦場のメリークリスマス」はクロスオーバーの象徴!
カタリベ / 指南役
71
1
9
8
6
1986年の秋元康 ― 小泉今日子「夜明けのMEW」にみる ほとばしる才気
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー