7月
鎌倉に夏がやって来る!(昼篇)ビーチボーイズとシードックのお姉さん
28
0
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
パティ・スミスの「People Have the Power」音楽が政治的で何が悪い

モーレツア太郎、教祖様ブームを打つ 僕が選んだ筋肉少女帯!

男心を惑わせる、ストリート・スライダーズの危ない魅力

鎌倉に夏がやって来る!(夜篇)夏夜の海とビールとレゲエの方程式

ブラジル版バンドやろうぜ!自宅ガレージで爆音のニュー・イヤーズ・デイ

カイリー・ミノーグ、変わらぬ美貌で輝き続けるポップアイコン

もっとみる≫

photo:SEADOG  

むかし、鎌倉に丘サーファーありけり。赤いファミリアのダッシュボードに椰子の木、ゴッデスのシャツにビーチサンダル、焼けた素肌にロン毛、音楽はビーチボーイズのサーファーガール、もちろん “サーフィンは出来ない” 。

1980代に原宿で「セーラーズ」というブランドが大流行したが、同時期、丘サーファーの間でも「シードック」という湘南発祥のトレーナーがブームを巻き起こした。「シードック」は丘サーファーにとって必須のアイテムであり、車にそのステッカーを貼っていなければ、それはもう「正式な丘サーファー」として認めてもらえないくらい彼らにとっては重要なアイテムであった(シードックの名誉の為に補足するが、本当のサーファーの間でも流行っていたし、今でもファンは多い)。

小生がバイトしていたガソリンスタンドの隣にもシードックの出店があり、コンガリ焼けたナイスバディなサーファーのお姉さん店員たちが働いていた。横から見ていたのだが、商品を買い求める客と、お姉さん目当ての客の比率は半々ぐらいであった。そのお姉さんは、日焼けオイル「コパトーン」の香りがするホンダの白いシティに乗っており、車の具合が悪くなると隣のスタンドに修理を依頼してきた。

繰り返しになるが、その隣のスタンドで働いていたのが小生である。私はちょっとした修理なら無料で行い、お姉さんからの好感度を日々上げていた。別段それがどうしたという事ではないのだが、お姉さん目当ての客を尻目に、お礼のアイスキャンディーなどを差し入れしてもらい、近しく話をしているとちょっとした優越感があったものだ。ある日お姉さんにお使いを頼まれて隣の駅まで出かけた。ガソリン代が掛かるので自分のシティを使ってくれと言われ、その通りにした。

「サーファーガール」というのは、几帳面な性格をしていてはダメなのである。カセットテープなどは助手席に散乱させておいて、たまたま手に取ったやつをデッキに押し込まなければならない。“どんな音楽がかかるかなど細かいことは気にしない” それが海の女の掟である。

普通の感覚だと、名前しか知らない隣のスタンドの店員に自分の車を貸して買い物に行かせることなどあり得ない事だが、「それが何か?」と言うくらい細かいことは気にしないシードックのお姉さんは本物のサーファーガールだった。夏になり、どこからともなくビーチボーイズの曲が聞こえると、今でもシードックのお姉さんを思い出す。

2016.08.05
28
  YouTube / Gabrielle Marie
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
時の旅人
コラムリスト≫
60
1
9
8
8
鎌倉に夏がやって来る!(夜篇)夏夜の海とビールとレゲエの方程式
カタリベ / 時の旅人
11
1
9
8
8
周回遅れでやってきたトロピカルカクテルのブームとビーチボーイズのココモ
カタリベ / 時の旅人
47
1
9
8
4
80年代のサマーソングを探してみたら、ドン・ヘンリーに行き着いた!?
カタリベ / 中川 肇
93
1
9
8
5
サザンの「KAMAKURA」秘話、前歯のないリーダーと真冬のサーファー
カタリベ / 瑠璃土
22
1
9
8
2
スウィート路線なのに甘くない、PANTAのサマーソングは「人類最後の日」
カタリベ / やっすぅ
12
1
9
8
7
ジャニーズ的サマーソング、少年隊が歌って踊る夏を感じるこの2曲!
カタリベ / むぅとうさん
Re:minder - リマインダー