2017年 9月16日
シンガポールでテンションMAX! ナイトレース直前のデュラン・デュラン
23
1
 
 この日何の日? 
デュラン・デュランのシングル「ザ・ワイルド・ボーイズ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 2017年のコラム 
風と光のデイ・トリッパー、山下達郎の「COME ALONG」と鈴木英人

30年越しのリック・アストリー ~ 灼熱のサマーソニック大阪篇

30年越しのリック・アストリー ~ トレヴァー・ホーンと共演篇

嵐の氣志團万博、山下達郎が歌う「ハイティーン・ブギ」これで決まりさ!

ありがとうマルコム、天国で「地獄のハイウェイ」を演奏するっていいかもね

日本の音楽シーンを支える企業「ヤマハ」について考える ー 育成篇

もっとみる≫

photo:Singapore GP  

2017年9月20日の武道館、その来日コンサート直前のデュラン・デュランライブ。

毎年9月、シンガポールのF1グランプリは国をあげてのお祭りになり、会場内にはいくつものコンサート会場が設置される。そして、沢山のアーティストが招かれF1フェスとなる。

今年のヘッドライナーはカルヴィン・ハリス とアリアナ・グランデ! だけど私にとってのヘッドライナーは何と言ってもデュラン・デュラン! 残念ながらスケジュール的に武道館にいけない私にシンガポールで会うチャンスが巡って来た。このチャンスは逃せない。

デュラン・デュランのコンサートは土曜日、日曜日の2日あり、私が行けるのは土曜日のみ。残念ながら、メインステージではなくサブステージ。しかも、時間はレース直前の20:00~21:00の1時間、レースが始まってしまうから絶対に延長は無い。この限られた時間、彼らは絶対に楽しませてくれるはず…

熱気のこもる19:30に会場に着くと思ったより小さいステージに驚いた。ゲート入ってすぐのちょっと通路の広いあたりにステージが設置してある。大きめのスクリーンも設置してあるけどそこまで大きくないステージ。しかも、まだまだ人は少ない。こんな距離でこんな規模で観れちゃうの?

心配をよそに19:55。それまでスクリーンでやっていたレースの映像が消え、静かにスモークが舞台から流れ出した。来た! 始まる! 高揚感MAX!

スモークの中からメンバーが現れる。この暑さの中でジョンもニックもジャケット着用でバリバリにカッコイイ。暑さなど関係なく一番見たい姿を見せてくれる… 期待を裏切らないあたりはさすが。

サイモンはジャケット無しでTシャツだけだったけどセクシーなピタT。ある意味、期待通りのパフォーマンス。

この日までに、だいたい同じセトリで来ていたのにこの日は時間に制限があるからかガラッと内容を変えて来て、誰でも知っている昔の曲からのヒットパレード。

短い時間でも盛り上げられる仕掛け、そんなところにも自分たちの曲を聴いてくれる人たちを大事にする彼らの人柄が表れていたような気がする。

サイモンの変わらない声にも感動させられた。全然衰えていない声、しかも本当に楽しそうに歌う。どの曲もむかし聴いたあの声の伸びと張りで歌い上げてくれる。それで、舞台を端から端まで所狭しと走り回って全ての観客にサービスしてくれる。この暑さの中… プロだ…

どの曲も素晴らしかったなか、今回、盛り上がったのが 何と言っても「ザ・ワイルド・ボーイズ」。

この曲の歌詞はザ★男。「俺たち」感が全面に出ていてまさにPVの通りマッドマックス風。それが、その世代ど真ん中の観客の心を掴む、掴む。周りのおじさま達もビール片手に大合唱! 心はすっかり、ワイルド・ボーイズ!


 Wild boys (Wild boys) never lose it
 Wild boys (Wild boys) never
 Chose this way
 Wild boys (Wild boys) never
 Close your eyes
 Wild boys always shine


考えてみたらこの曲ほどF1に相応しい曲はない。ナイフの刃の上のような極限の世界での戦い、その勝者が輝かしい栄光を手にいれる。しかも、その栄光は常に死と隣り合わせ。格闘家のミルコ・クロコップの入場テーマ曲もこの曲だったし、戦う男のイメージ感は世界共通。

世界最速の最高の男を見に来た私たちが、このサビを叫びながら、マッドマックスなノリの「俺たち」になって、そこにいる全員が血を沸騰させ、レースに繰り出す準備を始めるのだ。

そんな熱気が伝わってかサイモンもノリノリ。ジョンと肩を組んで「Wild boys!」と叫ぶ、叫ぶ。観客も叫ぶ、叫ぶ。

気温が30度もある熱気の中、更に温度を上げシャウト! サイモンも汗だくの中、伸びのいい高い声を張り上げる。周りの「俺たち」も拳を上げて答える。締めの “Wild boys always shine!” での一体感。その高音 “ SHINE ! ” で頭の中は一気に真っ白だ。

最後の曲「リオ」でコントみたいな量の紙吹雪を観客席に撒き散らしてこの日は終了。たった1時間のコンサートなのに、気持ちを最高潮に盛り上げてレース観戦に送り出してくれた。

私はといえば、マッドマックスな気持ちをレース会場へ持ち込み、エンジンの爆音と “SHINE!” が頭の中でシンクロし続けて、テンションは最後までMAX。

最高の夜をくれたデュラン・デュラン、今でも、本当に最高のWild boysだった。



歌詞引用:
ザ・ワイルド・ボーイズ
/ デュラン・デュラン

2017.10.07
23
  YouTube / DuranDuranVEVO 
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1967年生まれ
にしやん
シンガポールGPの土曜日、私も会場におりました!!
想像より小さな会場で、もしかしたらソックリさんかも知れない。。
なんて不安になったりして。
チケットの都合で日曜日のステージは見れなかったけど
Wild boysは本当にF1にぴったり!!って思いました。

2017/10/10 10:41
0
返信
カタリベ
1969年生まれ
ユリンベ
コラムリスト≫
76
1
9
8
1
デュラン・デュランは女子のもの?そんな線引きがあったのかもしれない
カタリベ / 宮井 章裕
23
1
9
8
5
みんなの洋楽ナイト — 解散疑惑に揺れたデュラン・デュラン、1985年のイイ仕事
カタリベ / ソウマ マナブ
25
1
9
8
7
ミーハー魂は枯れず。現存する最古の美形バンド、デュラン・デュラン
カタリベ / 佐々木 美夏
39
1
9
8
1
大相撲をなめるなよ!デュラン・デュラン「グラビアの美少女」に憤り!
カタリベ / 平マリアンヌ
30
1
9
8
6
円熟のデュラン・デュラン、ノトーリアスを髣髴とさせるセクシービデオ
カタリベ / 鎌倉屋 武士
30
1
9
8
4
3人のテイラー(仕立て屋)がいるバンド、王者デュラン・デュラン
カタリベ / inassey
Re:minder - リマインダー