7月25日

小泉今日子「魔女」に感じるシンパシー、キョンキョンならわかってくれるはず!

63
0
 
 この日何の日? 
小泉今日子のシングル「魔女」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
質実剛健!硬派を貫き通す稀有なヘヴィメタルバンド ー アンセム

松本典子「Straw Hat」ポスト松田聖子の夢を託された上質なデビューアルバム

本田美奈子の圧倒的な輝き、アイドル果汁120パーセント!

ポール・ヤングとホール&オーツ「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」

ポール・ウェラーも愛した?英国的ゲイ映画「アナザー・カントリー」

早見優「PASSION」アイドルポップスとロックのバランスが絶妙!

もっとみる≫




普通の女の子が主人公、小泉今日子「魔女」の魅力


1985年7月25日に発売された、キョンキョン16枚目のシングル「魔女」。

レコード屋で見つけたジャケットには、ボブのヘアースタイルで、こちらを怪訝な目つきで笑みも浮かべずに見つめる女性。黒の衣装のセーターも胸元まで開いていて、背景の色も黒。まるで夜に怯える黒猫のような―― 今まで知っているキョンキョンではなかったことを、当時10歳だった私は鮮明に覚えています。

「魔女」は作詞:松本隆、作曲:筒美京平のゴールデンコンビが手掛けた1曲です。男女問わず好きな方が多く、特に女性が「小泉今日子の好きな曲は?」と聞かれると候補に挙げる方が非常に多いそうです。そんな、多くの人から愛される「魔女」の魅力は2つあると思っています。

1つめは、この曲の主人公が “普通の女の子” であることです。この曲の主人公は、親の言うことを聞き、真面目に学校に行く女の子。たまたま好きになった人が年上のちょっと悪っぽい男性で、フラれてしまいます。そして、自分の部屋で独り、どうすれば振り向いてもらえたのか… を、考えます。

女の子の空想や妄想は、可愛らしさの中で何処か現実味を帯びます。あんな風に… こんな風に… と、好きだった男性の好みであろう「魔女」を作り上げながら、自分ならどう行動するかまでシミュレーションします。

聴き込んでわかった “自分自身と向き合う” 曲


こうして、どんどんと具体的になる魔女は、“もう一人の自分”。

 ジェラシー Umm
 ジェラシー Umm ジェラシー

女の子は、もう一人の自分である魔女に嫉妬し始めます。仕返しの計画はバッチリ。多分、化粧も出来るし、着たことがなかったタイプの服も買ってみた。だから、頭の中ではイキイキとしている魔女になれる! と一歩踏み出そうとしますが、

 魔女になれないの今夜は
 涙がシトシトながれて
 素顔の私に戻るの 戻るの

結局、魔女にはなれないと思い留まる主人公。もはや、フラれたことよりも、魔女になれなかった自分自身に対しての悔しさや、もどかしさを感じさせます。

昔は、「魔女」を失恋ソングと思って聴いていた私。しかし年齢を重ね、いろんな経験も重ねるにつれ、ちょうど女の子と大人の女性の境目を描く “自分自身と向き合う曲” に聴こえるようになってきたのです。

そこには、誰もが持ち合わせている心の声、本音がいっぱい詰まっています。仮に大人の女性に成長していても、体よく振られた相手ならば仕返しをしたくなるものです。でも実行に移す人はほとんどいないはず。

誰しもが、心の奥に魔女を潜ませては、涙で引っ込めてしまう… そんな “共感” できる部分が非常に多いところが、たくさんの女性が “大好きな1曲” に挙げる所以なのではないでしょうか。

サビで感じる、歌手・小泉今日子の魅力


2つめは、歌手・小泉今日子の魅力です。

落ち着いた曲調で、シンプルなメロディーの「魔女」。発売されたのは、トリッキーかつ、クセの強めな楽曲をサラリと歌いこなし、“キョンキョン” という七変化する可愛らしさと、遊び心と、少しヤンチャなキャラクターが定着していた時期でした。

一歩間違えれば “地味な曲” として埋もれていたかもしれなかった楽曲ですが、テレビで唄うキョンキョンは笑顔で、どこか嬉しそうにも見えました。歌全体を通しても、可愛らしく歌っている部分と、真面目に歌う部分を使い分けていたり… と工夫が多く見受けられます。

そんな中で、この曲における歌手としての小泉今日子の1番の聴かせどころは、サビに入る直前の、「だけど」。

たった3文字ですが、まるで魔法が解けるような言葉。妄想から現実へと引き戻される、少女と大人の女性の境界線を繋ぐ言葉。

それまでの、声を張り上げ、ありのまま “素の部分” をぶつけるキョンキョンの歌唱とは、「あれ、いつもと違う」という魅力を感じた方は多かったのではないでしょうか?

失った恋をテーマに、女性ファンの心を掴んだ小泉今日子


この曲以降、キョンキョンは女性ファンを増やしていきます。「魔女」を含めて3年間、「夜明けのMEW」、「Smile Again」と7月に発売されたシングル曲は “失った恋” をテーマにじっくり聴かせる楽曲を発表していきます。

それは「キョンキョンになれるかも!」という憧れとともに、「キョンキョンならわかってくれるはず」というシンパシーを「魔女」という作品以降、歌の中で感じ取ったから… ではないしょうか。

冒頭に書いたアイドルには珍しい真っ黒なレコードジャケット。初回スリーブ仕様の裏面にはボブのウイッグを取り、笑みを浮かべるキョンキョンがいます。

「まだまだ皆、私のことわかってないでしょう?」

… と言わんばかりの表情で…。

もしかすると、乙女の私も黒の魔法をかけられ、未だ解けてないのかもしれません。皆さんも、小泉今日子という「魔女」の魅力に今も取りつかれていたりしませんか?

40周年☆小泉今日子!

▶ 小泉今日子のコラム一覧はこちら!



2022.03.02
63
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1975年生まれ
林ともひと@muzikrecord
コラムリスト≫
29
1
9
8
3
時代を先取り!(歩いてたら)会えるかもしれないアイドル、森尾由美
カタリベ / 時の旅人
54
1
9
7
8
伝説のファイナルカーニバル、キャンディーズ解散と私の社会人デビュー!
カタリベ / ふくおか とも彦
26
1
9
8
6
女性ファン獲得!小泉今日子「木枯しに抱かれて」まだまだ続くコイズミのアップデート
カタリベ / 高橋 みき夫
33
1
9
8
3
ジャパニーズAORの旗手、安部恭弘が奏でるシティポップのダンディズム
カタリベ / 彩
31
1
9
8
3
杏里「悲しみがとまらない」よくある寝取られ話が4分25秒のドラマに化けた!
カタリベ / 彩
32
1
9
8
3
アイドルマニア垂涎の逸材!多彩な顔ぶれ、83年デビュー組アイドル
カタリベ / 鈴木 啓之