7月21日
1985年のTM NETWORK、前途洋々「ドラゴン・ザ・フェスティバル」ツアー
21
1
 
 この日何の日? 
TM NETWORKのシングル「Dragon The Festival」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
ブッ飛んだイマジネーション、文学史を越えた猫アニメ「銀河鉄道の夜」

プリンス流儀のウッドストック、サイケでファンクな「ラズベリー・ベレー」

リアクションの疾走、インディーズ発でセールス1万枚の下剋上!

質実剛健!硬派を貫き通す稀有なヘヴィメタルバンド ー アンセム

ポール・ヤングとホール&オーツ「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」

ポール・ウェラーも愛した?英国的ゲイ映画「アナザー・カントリー」

もっとみる≫

photo:No4Ko4  

手元に1本のカセットテープがある。書いてある文字は、1985年10月31日 日本青年館 DRAGON THE FESTIVAL TOUR。そう、TM NETWORKの初めての本格的なツアーを録音したものだ。

日本青年館のキャパは1400弱とその頃あった都心のホールではもっとも小さく、ここでやることはすなわちライブハウスを卒業した証だった。

残念ながら私は見には行けていない。当時の事務所の方がライン録りしたものをくれたのでありがたくいただいた。

Openingは神秘的なインストゥルメンタル。1曲目は「DRAGON THE FESTIVAL」だ。若き宇都宮隆の声がバラバラと降ってくる。2曲目は「カリビアーナハイ」で、「RAINBOW RAINBOW」と続く。笑顔で耳に手を当てるしぐさが見える。

「DRAGON THE FESTIVAL TOURへようこそ! 今日は思いっきり歌ったり踊ったり、金色の夢を一緒に過ごそうよ! オーライ?」

客席で録ったものではないので歓声はMC時にしか聴こえてこない。最後は「アクシデント」~MC~「ELECTRIC PROPHET (電気じかけの予言者)」~Endingという終わり方をする。私の好きな「YOUR SONG」はやっていない。アンコールはなし。それが決まりだった。金色の夢は覚めたらそこで終わりなのだ。

85年のTM NETWORKは前途洋々だった。ニューロマ直系の小室哲哉と宇都宮隆。デュランデュランで言えばニック・ローズとサイモン・ル・ボン(ロッド・スチュワートやポール・ヤングの面影もある)。第三の男として取材などには出てこない木根尚登は、この後パントマイムなどで場を広げていく。

クラシックとグラムロックとブラックミュージックをルーツに持ち、クールな頭脳とパーカッシヴなキーボード。いつも微笑んでいた記憶があるボーカリストの、その華とステップ。地球に落ちてきた謎の生命体が音楽を発見し、やってみることにした、というストーリーがデビュー当時にはあった。

駆け出しのポップスターと恋に落ちるのは簡単なことだ。女の子たちの嬌声が彼らを加速させる。明けて86年、TM NETWORKはひとつの造語を提示する。

FANKS。その意味を知りたければ一歩踏み出すだけでよかった。彼らはすべて準備してくれていたのだ。

2017.08.29
21
  YouTube / nicotube200x


  YouTube / ky ma
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
佐々木美夏
コラムリスト≫
38
1
9
8
7
LPにはないガジェット感、CDだけで発売された TM NETWORK のベスト盤!
カタリベ / 吉井 草千里
14
1
9
8
7
集中力と作業効率を上げる一つの方法、TKサウンドエンドレスリピート
カタリベ / 小林 礼奈
27
1
9
8
7
語り継がれる名曲、アナログとデジタルの狭間で聴いた「Get Wild」
カタリベ / うえはら ふみかず
26
1
9
8
1
臭いものに蓋をするな!発売禁止になった白竜の「光州シティ」と小室哲哉
カタリベ / やっすぅ
48
1
9
8
5
私のTMは86年が最高潮!どんなに好きだったかは恥ずかしいから書かない
カタリベ / 佐々木 美夏
40
1
9
8
4
過去と今の私をつないでる、タイムマシン(TM)ネットワーク
カタリベ / Maria
Re:minder - リマインダー