1月21日
決定!!全日本歌謡選抜、小川哲哉に「くん」呼ばわりされた有名シンガーは!?
80
3
 
 この日何の日? 
稲垣潤一のデビューシングル「雨のリグレット」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
粋でいなせでブレがない、マッドネスは英国一チャーミングなバンド!

ソニーのウォークマンとジョーン・ジェットのアイ・ラヴ・ロックンロール

ジョーン・ジェットを思わせるハードロック、本格派ヘイルストーム

ありがとう、ニッポンのお父さん!夏の海の思い出とサザンオールスターズ

チャコの海岸物語で思い出す、交通安全キャンペーンでのカラオケ大失態…

白シャツ男子と私の妄想、息子と彼とポール・ウェラー

もっとみる≫

photo:銀狼's BLOG  

80年代前半にラジオを聴きまくっていたみんな!音楽番組の司会といえば、小川哲哉(1オクターブ下げて抑揚をつけて喋ろう)です。「あぁ、トシ〜?」に代表される、馴れ馴れしいタメぐち業界トークの元祖だ。もともとTBSの局アナで、レコード大賞の中継なんかをやっていた氏が、その名を一躍有名にしたのは、文化放送の『決定!!全日本歌謡選抜』(!が二連になってるのがミソ)である。

NTV『スーパーJOCKEY』▶JOQRにラジオをチューニング▶NHK『レッツゴーヤング』が日曜午後の定番の流れだった。

番組は76年から90年まで続くのだが、途中から電通が代理店となり、トヨタ自動車の一社冠提供になる。私の手元の同録では82年2月の時点で既に「TOYOTAサンデースペシャル」とコールしている。ちなみに「決定!!全日本歌謡選抜の実行委員会が、公平かつ厳正な立場で決定した2月の推薦新人コーナー」(オンエアでこの通りにすごい早口で言う)は稲垣潤一「くん」の『雨のリグレット』。

妙ちくりんだったのは、番組の途中で競馬実況が入ったり、春には早慶のボートレース中継が入ったりしてたこと。いわば「オールターゲット・総合編成のAMラジオ」を体現したような構成だった。が、この番組は関東以外の人には馴染みがないかもしれない。それというのも、企画ネットという特殊なスポンサード方式で、他の地区では同じ時間に同じ番組フォーマットで全く違う人が司会をしていたからである。

実は現在、J-WAVEやFM802、ZIP-FMなどで展開されている『HOT100』の原型がコレなのだ。これはホントで、電通に残っていた『HOT100』企画メモにそう書かれているのを確かに私も読んだし、ラジオ局の先輩からも同じ話を聞かされた。そういえば、小川哲哉氏の業界風トーク術のDNAは、クリス・ペプラー氏の語り口に、そこはかとなく引き継がれている感じがするよなぁ〜。

2016.03.30
80
  YouTube / keiwaka


  YouTube / Blak Life Select
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
トシちゃん25歳
原田真二の三曲トップ50入りとか、レイジーやCHARさん、石野眞子に桜田順子。1978年4月16日の歌謡選抜は50位から10位まで大ヒット曲ばかりが並んでいて驚き。コレはまさに神回ですネ!9位以降が気になる~
2016/03/30 07:22
2
返信
カタリベ
1965年生まれ
@0onos
コラムリスト≫
20
1
9
8
1
全国歌謡ベストテンにハマったラジオ少年と来生たかおの「夢の途中」
カタリベ / キマグレ絶望11人いる'16
41
1
9
7
6
我が家にラジオがやってきた、大入りダイヤルからのオールナイトニッポン!
カタリベ / 時の旅人
28
1
9
8
0
不二家歌謡ベストテン、ユーミンとロイ・ジェームスと日曜日の朝
カタリベ / 親王塚 リカ
57
1
9
8
2
隠れた名曲:稲垣潤一のハイトーンボイスが彩る「真夜中の青山通り」
カタリベ / 藤澤 一雅
56
1
9
8
6
冴え渡るハイトーンボイス、シンガーに徹する道を選んだ稲垣潤一に拍手
カタリベ / 藤澤 一雅
22
1
9
8
4
アメリカンDJスタイル、それは小林克也の声に乗ってやってきた!
カタリベ / goo_chan
Re:minder - リマインダー