3月24日

80年代ストーンズ!ダーティー・ワークとワン・ヒットの衝撃!

14
1
 
 この日何の日? 
ローリング・ストーンズのアルバム「ダーティ・ワーク」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
河合その子に恋をした!地上に舞い降りた天使、おニャン子クラブ会員番号12番

ゥリィーーーーーと熱唱! 郷ひろみが二谷友里恵に捧げた巻き舌の「REE」

山瀬まみ「メロンのためいき」松本隆とユーミンが描く世界を歌ったデビューシングル

ストーンズ「ダーティ・ワーク」と下北沢「蜂屋」のキース・リチャーズ

16歳で出会った最高のアルバム、ストーンズの新譜「ダーティ・ワーク」

80年代イントロなんでもベスト3 ~ その3「コミカル・イントロ」

もっとみる≫



photo:UNIVERSAL MUSIC JAPAN  

2014年感動の来日公演から、キューバ公演、モノラルボックスの発売、そしていぶし銀のブルースが素晴らしい11年ぶりの新作『ブルー&ロンサム』のリリースなど、ますます話題に事欠かないローリング・ストーンズ。一般的に80年代は、彼らの「迷走期」であるとされている。そして事あるごとに、その証明としてこの『ダーティー・ワーク』が槍玉に挙げられることが多い気がする。

ブリティッシュ・ビートマニアとして、またブライアン・ジョーンズが好きな僕にとってまず60年代の彼らは別格だ。逆に「黄金期」と呼ばれる70年代中頃の彼らや、ロン・ウッド加入後のアルバムは、なんとなく聴き逃していた。しかし、そんな僕をストーンズ・マニアに一変させたのが、奇しくも『ダーティー・ワーク』であったのだ。

それはYouTubeで「ワン・ヒット(トゥ・ザ・ボディ)」のPVを視聴したことから始まった。冒頭のリフが終わり、チャーリーのスネアが高く響く。その音に合わせてヒップを突き出すトゥーマッチなミック。そして、キレッキレのキース。ミックに蹴りを入れたり、ギターソロで謎の通路を駆けめぐる。そして、時々絶妙な角度でフレーム・インするチャーリー。ちょこちょこ動き回るロニー。そして、ふと見せるミックとキースの笑顔。それを後ろで確かめ、頷き合うロニーとビル。ともかく各メンバーのキャラが立った、情報量の極端に多いヴィデオだ。

曲自体もソリッドでかっこよかった。そして僕は急いでタワーレコードに駆け込み、アルバムを買ったのであった。いかにも80年代然としたジャケットは置いておいて、この『ダーティー・ワーク』には、隠れた名曲が多い。ジミー・クリフの参加した「トゥー・ルード」や「スリープ・トゥナイト」など、特にキースの曲は粒ぞろいだ。急逝した第六のメンバー、イアン・スチュワートのピアノソロも素晴らしい。そして、立派にストーンズ「沼」にはまり込んだ僕は、彼らからブルースの訓練を受けると同時に、20歳の誕生日を迎えたのだった。

2016.12.26
14
  YouTube / The Rolling Stones
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
コラムリスト≫
59
1
9
7
8
世界一過小評価される弟分、ロン・ウッドがストーンズにもたらしたもの
カタリベ / 山口 順平
21
1
9
8
2
91年生まれの僕と「ザ・フー」80年代の評価などどうでもよかった!
カタリベ /  白石・しゅーげ
26
1
9
8
5
帰れない素晴らしい夏の日、ブライアン・アダムス「想い出のサマー」
カタリベ /  白石・しゅーげ
33
1
9
8
6
孤高の存在、スライダーズのようなバンドはもう二度と現れないのだろうか
カタリベ / 佐々木 美夏
30
1
9
8
8
唯一無二!ストーンズのキース・リチャーズが鳴らした至高のロックンロール
カタリベ / 宮井 章裕
20
1
9
8
8
みんなが待ってたミック・ジャガー!入国できない最後の大物、来日狂騒の記憶
カタリベ / ソウマ マナブ