3月24日
80年代ストーンズ!ダーティー・ワークとワン・ヒットの衝撃!
14
1
 
 この日何の日? 
ローリング・ストーンズのアルバム「ダーティ・ワーク」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
岡村孝子とホンダ・トゥデイ ― 僕が愛した2人の「T」の物語。

あー、たまらん!アニタ・ベイカーの「スウィート・ラヴ」に一耳惚れ♡

会員番号12番、地上に舞い降りた天使「河合その子」に恋をした!

四月に雪が降ることもある、ありがとうプリンス… 感謝してる

新しい時代の幕を開けた「パレード」恐れを知らず、孤独だったプリンス

モノマネはデーモン小暮、聖飢魔Ⅱを聴きまくった人生の転換期

もっとみる≫

photo:rollingstones.com  

2014年感動の来日公演から、キューバ公演、モノラルボックスの発売、そしていぶし銀のブルースが素晴らしい11年ぶりの新作『ブルー&ロンサム』のリリースなど、ますます話題に事欠かないローリング・ストーンズ。一般的に80年代は、彼らの「迷走期」であるとされている。そして事あるごとに、その証明としてこの『ダーティー・ワーク』が槍玉に挙げられることが多い気がする。

ブリティッシュ・ビートマニアとして、またブライアン・ジョーンズが好きな僕にとってまず60年代の彼らは別格だ。逆に「黄金期」と呼ばれる70年代中頃の彼らや、ロン・ウッド加入後のアルバムは、なんとなく聴き逃していた。しかし、そんな僕をストーンズ・マニアに一変させたのが、奇しくも『ダーティー・ワーク』であったのだ。

それはYouTubeで「ワン・ヒット(トゥ・ザ・ボディ)」のPVを視聴したことから始まった。冒頭のリフが終わり、チャーリーのスネアが高く響く。その音に合わせてヒップを突き出すトゥーマッチなミック。そして、キレッキレのキース。ミックに蹴りを入れたり、ギターソロで謎の通路を駆けめぐる。そして、時々絶妙な角度でフレーム・インするチャーリー。ちょこちょこ動き回るロニー。そして、ふと見せるミックとキースの笑顔。それを後ろで確かめ、頷き合うロニーとビル。ともかく各メンバーのキャラが立った、情報量の極端に多いヴィデオだ。

曲自体もソリッドでかっこよかった。そして僕は急いでタワーレコードに駆け込み、アルバムを買ったのであった。いかにも80年代然としたジャケットは置いておいて、この『ダーティー・ワーク』には、隠れた名曲が多い。ジミー・クリフの参加した「トゥー・ルード」や「スリープ・トゥナイト」など、特にキースの曲は粒ぞろいだ。急逝した第六のメンバー、イアン・スチュワートのピアノソロも素晴らしい。そして、立派にストーンズ「沼」にはまり込んだ僕は、彼らからブルースの訓練を受けると同時に、20歳の誕生日を迎えたのだった。

2016.12.26
14
  YouTube / The Rolling Stones
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
コラムリスト≫
27
1
9
8
3
映画館で観てから30年、やっとたどり着いたローリング・ストーンズ
カタリベ / 本田 隆
26
1
9
8
5
鬼気迫るパフォーマンス、ミック・ジャガーの凄まじいエネルギー
カタリベ / 宮井 章裕
26
1
9
8
1
80年代の金字塔、ストーンズ「スタート・ミー・アップ」は1位じゃない!?
カタリベ / KARL南澤
59
1
9
8
1
スタート・ミー・アップでわかるミック・ジャガーの商才と商魂
カタリベ / 中川 肇
79
1
9
8
3
タワーレコード渋谷店、僕たちは宇田川町を通じて世界を感じていた
カタリベ / 中川 肇
54
1
9
7
8
ブロンド好きのスーパースターがカープール・カラオケにやってきた!
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー