2023年 8月12日

いつだって現在進行形【バンドやろうぜ ROCK FESTIVAL】音楽への憧れを呼び起こせ!

54
0
 
 この日何の日? 
「バンドやろうぜ ROCK FESTIVAL THE BAND MUST GO ON !!」大阪公演開催日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2023年のコラム 
THE プロデューサー【稲垣博司インタビュー】③ BTSの成功要因と次世代への熱きメッセージ

THE プロデューサー【稲垣博司インタビュー】② レコード会社の役割とこれからの音楽

THE プロデューサー【稲垣博司インタビュー】① 尾崎豊への思いとトップに必要な条件

バンドやろうぜ ロックフェス【ジュンスカ、ZIGGY、RESPECT UP-BEAT】大阪公演レポート

T-BOLAN 究極のシングルベスト発売!その歴史こそ 90年代音楽シーンの大きな1ページ

デビュー50周年のエアロスミス!意外にも初の全米1位は映画「アルマゲドン」主題歌

もっとみる≫




創刊は1988年。バンドブームの一翼を担った雑誌「BANDやろうぜ」


80年代のバンドブームは日本の音楽シーンを俯瞰した上でも極めて大きな潮流だったと思う。

BOØWYのブレイク、ブルーハーツの登場、そして、ライブハウスを中心に活躍するインディーズバンドが雑誌『宝島』などの誌面を賑わせ、ブームに拍車がかかる。87年頃からは原宿の歩行者天国で1,000人を超える動員を記録したJUN SKY WALKER(S)やTHE BOOMなどが続々とメジャーデビュー。ブームはピークに達する。

このブームが最も加熱した88年に宝島社で創刊された『BANDやろうぜ』の人気も、89年から放送された『三宅裕司のいかすバンド天国』と並びこのブームを象徴する出来事だった。

『BANDやろうぜ』には従来の音楽誌と異なり、読者が主体的にアクションを起こしたくなる要素で誌面が構成されていた。アーティストのライブレポートはもとより、ステージ衣装についてのレクチャー、楽器講座、今月のスコアなど、バンド志望の十代にとっては、夢にすぐ手が届きそうな記事が溢れていた。さらに、ある程度のセミプロではなく、楽器を手にしたばかりの読者を主体にした内容が多かったように記憶している。特にメンバー募集のコーナーの充実は他の雑誌に類を見るものはなく、地方からのアクセスも充実。同じ趣味の友人に恵まれず孤立していた地方在住のロック少年にとっても優しかった。

BOØWYのブレイクで、日常生活の全てを凌駕してしまうような圧倒的なヴィジュアルに憧れ、また、“自分でもロックスターになれるのでは?” と思わせてくれたブルーハーツの登場も象徴的な出来事であった。しかし、同時期に、ライブハウスシーンからホコ天から、そして地方のコミュニティから抜きん出た才能で東京進出を果たした数多くのバンドの熱量でこのシーンが形成されていたことを忘れてはならない。

大阪、名古屋、東京で公演!「バンドやろうぜ ROCK FESITIVAL THE BAND MUST GO ON!!」


2023年は、『BANDやろうぜ』創刊から35周年の節目にあたる。このタイミングで「大人のためのミュージックステーション」を標榜する東名阪のラジオ3局のプロデュースで『バンドやろうぜ ROCK FESITIVAL THE BAND MUST GO ON!!』が開催される。

あれから35年だとすると、当時のティーンエイジャーは、すでに50代! 家族を背負い社会の中枢で頑張っている世代になったと思うが、バンドキッズだったあの頃の熱量を思い出し、今も心の奥に潜む音楽への憧憬を呼び起こす絶好の機会だと言っても良いだろう。

ライブは、8月12日から9月2日にかけて大阪、名古屋、東京で3公演行われる。それぞれの会場に出演するバンドも異なり、地域ごとに多様化したバンドブームの違った輪郭が楽しめるイベントとなるだろう。

ZIGGY、RESPECT UP-BEAT、GO-BANG’S、PERSONZ、岸谷香、筋肉少女帯そしてジュンスカ


大阪公演にはZIGGYとヴォーカリス広石武彦を中心としたRESPECT UP-BEAT、名古屋公演にはGO-BANG’SとPERSONZ、東京公演にはプリンセス プリンセスの岸谷香と筋肉少女帯というバンドブームを語る上では欠くことのできないバンドが集結。

そして、3会場すべてに出演するのが、ホコ天出身で、メジャーデビュー以降もファンと等身大のメッセージを届け続けたバンドブームの申し子と言ってもいいJUN SKY WALKER(S)だ。

まさにゴールドラッシュであったホコ天出身のバンドの中で、頭一つ抜けた存在だったJUN SKY WALKER(S)は、純粋無垢な “決してお金では買えない大切なもの” を歌にし、シンプルなビートとメロディーで “DREAM COMES TRUE” へと帰結していく稀有なバンドだ。その穢れなき魂は、デビューから35年目を迎える今も色あせていない。

そう!『BANDやろうぜ』も創刊35周年、JUN SKY WALKER(S)もデビュー35周年! この奇跡の巡り合わせから生まれたこのイベントには当時のブームの熱量を次の世代に繋げるためにも大きな意義があるものだと思う。



『バンドやろうぜ ROCK FESTIVAL THE BAND MUST GO ON !!』

■ 大阪公演
開催:2023年8月12日(土)18:00開演
会場:Zepp Osaka Bayside
出演:ZIGGY、JUN SKY WALKER(S)、RESPECT UP-BEAT
主催:FM COCOLO
後援:宝島社
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(11:00~18:00)



■ 名古屋公演
開催:2023年8月19日(土)18:00開演
会場:Zepp Nagoya
出演:GO-BANG’S、JUN SKY WALKER(S)、PERSONZ
主催:TOKAI RADIO
後援:宝島社
お問合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(12:00~18:00)



■ 東京公演
開催:2023年9月2日(土)18:00開演
会場:Zepp Haneda
出演:岸谷香、筋肉少女帯、JUN SKY WALKER(S)
主催:ニッポン放送
後援:宝島社
お問合せ:ディスクガレージ https://info.diskgarage.com/



▶ バンドやろうぜに関連するコラム一覧はこちら!



2023.08.07
54
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
本田隆
コラムリスト≫
34
1
9
8
8
ブラジル版バンドやろうぜ!自宅ガレージで爆音のニュー・イヤーズ・デイ
カタリベ / clake
15
1
9
8
9
みんなに愛されたガールズバンド!プリンセス プリンセス「Diamonds」の魅力
カタリベ / 村上 あやの
33
1
9
8
9
これってエモさの塊? プリンセス プリンセス「LOVERS」胸キュンアルバムの金字塔!
カタリベ / はやしとも
15
2
0
2
2
広石武彦に訊くUP-BEAT ③ 僕の歌詞は基本「負け犬」。負けてるヤツが “それでも” って…
カタリベ / 本田 隆
47
1
9
8
8
筋肉少女帯の持つ普遍性、インディーズブームからバンドブームへ
カタリベ / 鳥居 淳吉
31
1
9
8
8
早すぎたGLAYの憂鬱!UP-BEATのオルタナティブな魅力と厭世的な歌詞世界
カタリベ / 古木 秀典