1月

偉大なるアメリカン・ギターズ、愛ある限りギブソンは復活する!

18
0
 
 この日何の日? 
ギブソンが新たな経営者のもと会社の再建に動き始めた月
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
スーツの似合うロックミュージシャン、ロバート・パーマーは男の憧れ!

インダストリアル・サウンドの美学、鉄男の音楽を手掛けた石川忠のバンド

パンクとプログレを融合させミッキーの耳をつけてヤオンで演じたYBO²

【R.I.P.】メタルも続け!アフリカ救済チャリティのヒア・アンド・エイド 

フランス・ギャルと石川忠、何一つ似たところのないミュージシャンの死

さらばできない青春の光「ブラボー ジョニー」は今でもハッピーエンド

もっとみる≫







『THE AMERICAN GUITARS』というテレビ番組をご存知だろうか? 1992年にフジテレビで深夜に放送された、毎回1社ずつアメリカのギターメーカーを紹介するドキュメンタリー番組だ。先日、自宅の屋根裏部屋の整理をしていた時に、この番組を録画したビデオが見つかった。番組を毎週忘れずに1本の VHSテープに3倍モードで順番に留守録したもので、自分の几帳面な性格にキモさを感じながらも、嬉しさのあまり一気に見てしまった。

『THE AMERICAN GUITARS』は30分番組で全11回、リッケンバッカー、スタインバーガー、オベーション、フェンダー、G & L、ナショナル、ギブソン(アコースティック)、ギブソン(エレクトリック)、ヘイマー、ギルド、マーチンのギターを紹介したものだ。各回とも、工場がある現地の風景から始まり、作業風景、経営者やギター・ビルダー、そのギターを愛用するミュージシャンなどへのインタビューで構成されたシンプルながらも、とても丁寧に作られた番組だった。

ベースボールよりもハンダゴテで遊ぶ少年期を過ごしたラジオ修理技師、ギターの構造に疑問を持ちヘッドのないギターを作り出した家具デザイナー、花壇や灰皿の代わりに使われるようになってしまったスティール・ボディのギターを復活させた男、ギブソン ES - 125 だけを弾き続けるギタリストなど、ギターに関心がない人には、何のことやらな話だろう。でも番組はそのギターに関わっている人たちの強烈なギター愛を映し出す。彼らがいなかったら、ここで紹介されたいくつかのギターは世の中に存在せず、音楽は今よりも少し面白味がないものになっていたのかもしれない、と思わせられるのだ。

番組のオープニングとエンディングでは毎回それぞれのギターを代表するフレーズをギター1本で演奏するシーンが流れる。フェンダーのストラトキャスターでジミ・ヘンドリックスの「ヴードゥー・チャイルド」、ギブソンのレス・ポールではレッド・ツェッペリンの「胸いっぱいの愛を」など、ここで何が演奏されるのかを見るのが楽しみでもあった。ギター奏者は玉城宏志(ローザ・ルクセンブルグ)で、時々しれっとローザの曲を弾くこともあり、それをチェックするのも楽しみのひとつだったりした。

番組全11回を改めて見て、最も興味深かったのが「ギブソン(アコースティック)」だ。ギブソンといえば言わずと知れたギターのトップブランドのひとつだが、1969年に大企業に買収され、70年代は大量生産による品質低下でブランド存続の危機に瀕していた。

1986年に新しいオーナーを迎え、番組放送時には状況が好転した頃だったのだろう。工場の総責任者がギブソンをボクシングに例え、「KOされたチャンピオンが、もう一度リングに上がりカムバックをしようとしている」と自信に満ちた言葉で語っていた。創業の精神は今も生きているのだと。そして、その言葉通り、ギブソンは復活して不動の地位を築く。

ところがこのチャンピオンは最近になって再びKOされてしまう。2018年5月、ギブソンは破産法の適用を申し立て、事実上の経営破綻に陥る。まさかギブソンが! と俄かには信じ難いニュースだった。だが今回もきっとギブソンは復活する。どんなに時代が変わろうと、番組で紹介されていたあの工場で働く人たちが持つギターへの愛は今も変わらないと思えるからだ。

ギブソンがなくなる訳がないだろ、と言いながらビデオデッキをガチャガチャいじっていると、「VHS? 3倍モード? 留守録? 何言ってるのかワカンナ~イ!」とウチの娘(18歳)は言った。

2019.05.07
18
  YouTube / BASSMAN306198


  YouTube / BASSMAN306198
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1963年生まれ
やっすぅ
コラムリスト≫
105
2
0
0
9
ミュージカルTVドラマ「glee/グリー」で蘇った80年代の名曲たち
カタリベ / 中川 肇
24
1
9
8
4
不滅のロックンロールシューズ、Dr.マーチンの8ホールとポール・キング
カタリベ / inassey
13
1
9
8
7
アイドル決戦!デビー・ギブソンとティファニーは永遠のライバル?
カタリベ / DR.ENO
56
1
9
8
0
超アナログで超クール!ギタリストとしてのナイル・ロジャースを考える
カタリベ / 中川 肇
105
1
9
8
5
メロディーメーカーとしての尾崎豊論 ー あれ? なんか新しい
カタリベ / 指南役
21
1
9
8
2
91年生まれの僕と「ザ・フー」80年代の評価などどうでもよかった!
カタリベ /  白石・しゅーげ
Re:minder - リマインダー