1月1日

カバーの女王「椎名恵」さしづめ彼女はシンガーソングトランスレーター

15
2
 
 この日何の日? 
椎名恵のデビューシングル「今夜はANGEL」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
インダストリアル・サウンドの美学、鉄男の音楽を手掛けた石川忠のバンド

偉大なるアメリカン・ギターズ、愛ある限りギブソンは復活する!

スーツの似合うロックミュージシャン、ロバート・パーマーは男の憧れ!

シンプリー・レッドのミック・ハックネルは「赤い悪魔」の熱狂的サポーター

80年代メタルのギター革命! イングヴェイ、そしてポール・ギルバートの衝撃

アフリカ飢餓救済チャリティ「ヒア・アンド・エイド」HR/HM 勢も続け!

もっとみる≫



photo:MUDAMUDA DAM  

この間、サントラアルバム『フットルース』のことを書いていたら、国内でカバーされた楽曲が多かったことを思い出した。「ヒーロー」は麻倉未稀、「ネヴァー」はMIEの歌唱によって、そこそこのヒットになっていたが、これらに共通しているのはいずれもある一連のドラマシリーズ主題歌だったことだ。

そう、80年代に一世を風靡した『大映ドラマ』シリーズである。

しかし、このドラマシリーズの主題歌となった曲について書いてみませんか、とのお題をいただいた時、真っ先に思い出したのは、それらとは全く別の曲、椎名恵の「今夜はANGEL」であった。

「今夜はANGEL」……

銀蠅一家じゃあるまいし、なんてダサいタイトルなんだろう、というのが第一印象だった。そもそもカバー曲というのは、時折原曲とかけ離れたおかしな訳詞で歌われることがあるので、洋楽ファンとしてはしばしば悲しい思いをすることがある。

「In the NAVY~♪」が「ピンクレィディ~♪」になったり、近いところだと「あなたはアジアのパーピヨン♪」なんてのはジャネット・ジャクソン側からクレームが入ったというから(後に容認)、まさにその類だろう。

原曲はかの映画『ストリート・オブ・ファイヤー』のヒロイン、ダイアン・レインが劇中で唄う「Tonight is What It Means to Be Young」だが、邦題はというと「今夜は青春」と、これまたダサい(笑)。

しかし映画はというと主役のマイケル・パレのカッコよさにもシビれたが、映画の主題歌ともいえるこの楽曲がダイアンのステージシーンで使われ、これがめちゃめちゃカッコよかった。

そして椎名恵。

当代カバーの女王といえば「レリゴ~♪」以来、May J.の代名詞みたいになっているが、この後にオリビアの名曲「そよ風の誘惑(Have you Never been Mellow)」やシャーリーンの「愛はかげろうのように(I've Never Been to Me)」のカバーでヒットを飛ばした彼女こそ、当時そう称されるに相応しい存在であった。

大映ドラマの代表作『ヤヌスの鏡』の主題歌となったこの曲は、そんな彼女のデビュー曲でもあったのである。

ヤヌス?… 怪しげなタイトルから邪推が横行したこのドラマには、実はちゃんとした原作の漫画があり、アイドル(杉浦幸)に不良少女を演じさせるという大映ドラマお得意のパターンを踏襲して大ヒット。素晴らしい原曲と原作のおかげで “ダサいタイトル” “奇妙なタイトルのドラマ” “主演が新人アイドル” といった三重苦? を乗り越え、椎名恵は幸運なデビューを飾ることができた。

ところで、彼女のカバー曲にはある特徴がある。それは、すべての楽曲の訳詞を彼女自身で行っているということだ。

それまで洋楽カバーの訳詞といえば、大方、湯川れい子か奈良橋陽子というのが定番だったが、さしづめ彼女は当時は珍しいシンガーソングトランスレーターだったといえるだろう。

彼女が手がけた「今夜はANGEL」は、オリジナルの歌詞を大切にし、彼女なりの解釈を加えた佳曲であり、国内の一部ファンからは原曲を超えたとさえいわしめた。“ダサいタイトル” とはいささか言葉が過ぎたが、彼女に関してはカバーの出来でがっかりさせられることはなかった。そういう意味では、今をもって彼女こそがカバーの女王といえると思うのだ。

2016.10.22
15
  YouTube / LEGACY80s


  YouTube / Andy Cruise
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1971年生まれ
キマグレ絶望11人いる'16
『ヤヌスの鏡』の主役杉浦幸が演じた二重人格のヤンキーVer.の声は杉浦本人ではない
2017/04/05 19:34
2
返信
カタリベ
1965年生まれ
goo_chan
コラムリスト≫
35
1
9
8
4
80年代の人気ナンバーワン女優【ダイアン・レイン】の役者人生半世紀!
カタリベ / 高橋 みき夫
37
1
9
8
3
麻倉未稀は洋楽カバーだけじゃない!セクシーなシティポップ路線に名曲あり
カタリベ / 長井 英治
64
1
9
8
4
フロアを熱狂させるアン・ルイス「六本木心中」80年代ディスコシーンの真実!
カタリベ / 本田 隆
30
1
9
8
4
稲垣潤一とユーミンの異色コラボ、ドライブ感に満ちた「オーシャン・ブルー」
カタリベ / 彩
24
1
9
8
4
不良少女とよばれて、大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌
カタリベ / DR.ENO
28
1
9
8
9
80年代最後を飾る大物アイドル、Winkとタクシー券と僕のバブル初体験
カタリベ / 本田 隆