7月20日
超レア!細野晴臣×高橋幸宏×今剛×ペッカー×佐藤博のディスコサウンド
37
1
 
 この日何の日? 
マイヤのシングル「ワンダーランド」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1979年のコラム 
ハマショーで風を感じて、自由に生きてく方法なんて100通りだってあるさ

ヒットチャートに背を向けたニール・ヤングと『地方創生』

エアギターじゃ伝わらない!? ジョニー ルイス&チャーのフリーコンサート

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 セクシャルバイオレットNo.1

1979年の所ジョージ。根っこにパンクを抱えたシンガーソングライター

ディストピア小説のような趣、P-MODEL「美術館で会った人だろ」

もっとみる≫

photo:福岡 智彦  

1978年、大ディスコ・ブーム時代、渡辺音楽出版の駆け出し社員の私は、プロモーションのために夜な夜な新宿歌舞伎町のディスコ巡りをしていました。ともかく、今では不思議なくらいディスコの勢いがものすごく、テレビ、ラジオや雑誌の力を借りなくても、ディスコで受ければレコードが売れるという状況で、ディスコDJへのプロモーションはとても重要だったのです。

やがてDJさんたちとも親しくなり、中でも特に気が合ったのが関屋くん、通称 ”ペケ” というDJでした。お店の名前は忘れてしまいましたが、彼はその時、ディスコDJ連盟(そんなのありました)の新宿地区リーダーでした。

「前から考えているんだけど…」と、ある日ペケくんが切り出しました。「オリジナルのディスコ・ソングを作りませんか? 僕らがプロデュースしたということなら、DJ仲間がプッシュしてくれますし、売れると思うんですよね。」全く無名のアーティストであっても売れていくケースを目の当たりにしていますから、説得力のある話でした。それをなぜペーペーの私に相談してきたのかはわかりませんが、多分いちばん言うことを聞きそうだったんでしょう。

さっそく上司に話しました。わりと簡単にOKしてくれたと思います。レコード会社も間もなく東芝EMI(当時)に決まりました。これもペケが持ちかけてくれたのですが、やはり当時のディスコの力がなせる技でしょう。渡辺音楽出版で音源制作をして、東芝でリリース、宣伝という座組です。

図らずも私が念願の音源制作に関わることになりましたが、右も左も分かりませんので、会社の先輩ディレクターのSさんに相談しました。Sさんが当時担当していた岡本一生さんという、SSWだけど作曲家でもある人に曲を依頼し、大学時代の軽音楽部の先輩Nさんに英語詞を作ってもらいました。アレンジはSさんが佐藤博さんに頼んでくれました。「佐藤さんがディスコのアレンジなんてやってくれるのかな?」と思いましたが、とにかくSさんに頼りました。今考えれば適役は達郎さんでしたね。

レコーディングの当日は驚きました。ミュージシャン、誰が来るか知らなかったんですが、なんと、細野晴臣さん、高橋幸宏さん、今剛さん、ペッカーさん、そして佐藤博さんという豪華メンバー。このレコーディングは1979年だったと思う(すみません、当時の記録がなくて…)ので、1978年11月25日にYMOの1stを発売した細野さんたちがスタジオ・ミュージシャンをやっていたのが不思議なんですが。まだ売れてなくてヒマだったんですかね?

女性ボーカルの ”Maiya(マイヤ)” はどういうツテだったか、英語ができる人ってことで探して、ハーフで、クラブかなんかで歌ってた人だと思います(いい加減〜 …ひどいね、私)。スタジオ・レコーディングに慣れていなくて、ボーカル録音にすごく時間がかかり、そのせいで制作費がかなりオーバーしてしまい、Sさんに怒られたのはよく覚えています。

ともかくもこうして、シングル「ワンダーランド Dancin’ In the Wonderland」は1979年7月20日、発売にこぎつけました。ジャケットにはディスコDJ連盟プロデュースを謳い、ジャケ裏には連盟参加DJさんたちの写真が満載、おまけに東芝EMIが「第2回世界ディスコ・ダンス選手権国内課題曲」というものに指定してくれまして、かなり鳴り物入りな感じ。私もマイヤさんを連れていろんなディスコでキャンペーンをやり、がんばってプロモーションしました。……が、結果は惨敗。なんとか7,000枚くらい売りましたが、当時の感覚からするととてもヒットとは言えませんでした。

売れない企画物なんてすぐに忘れ去られるもの、廃盤となった後は世の中に痕跡すらないんだろうなと思っていましたが、ある時ふとネットで検索してみたら、佐藤博さんの情報を集めているサイトでこのシングルのことが言及されていたのと、「eBay」で$39.99で取引されているのを発見して、ちょっと驚きました。

私すらなぜかシングル盤は行方不明で、販促用の12インチ/45回転盤しか手元にありません……。予算オーバーの企画倒れ、散々な初ディレクション仕事でしたが、この後なし崩し的に(笑)、私は制作ディレクターとしての道をヨチヨチ歩き始めることになったのです。

2017.01.08
37
  YouTube / tomorobin
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
トシちゃん25歳
現場、楽しそうですね!思いの外ハマル曲。好きです。
2017/01/13 11:58
4
返信
カタリベ
1954年生まれ
福岡智彦
コラムリスト≫
32
1
9
7
8
プロモーションは歌舞伎町!ディスコ巡りで「今夜はブギ・ウギ・ウギ」
カタリベ / 福岡 智彦
20
1
9
8
3
YMOの音楽講座、NHKで行われた伝説のジャムセッション
カタリベ / 鎌倉屋 武士
19
1
9
8
2
これぞ運命の出会い!マイコンとテクノポップとYMOのライディーン
カタリベ / デーモン大久保
56
1
9
7
8
EW&Fと六本木、僕の妄想は大箱ディスコとユーロビートに侵略された
カタリベ / 中川 肇
34
1
9
8
4
今でも大好きシーラ・E、渋谷のディスコで「グラマラス・ライフ」
カタリベ / 稲田 雪路
11
1
9
8
6
宮殿ディスコの発火点、あの「マハラジャ」が京都祇園に誕生した日!
カタリベ / 小山 眞史
Re:minder - リマインダー