7月20日

ユーミンから教えてもらったハロウィン「りんごのにおいと風の国」

10
0
 
 この日何の日? 
松任谷由実のアルバム「OLIVE」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1979年のコラム 
ギタリスト野口五郎「女になって出直せよ」LAフュージョンをお茶の間に披露!

男の夢みるわがままソング、さだまさし「関白宣言」は最上級の愛情表現

エアギターじゃ伝わらない!? ジョニー ルイス&チャーのフリーコンサート

超レア!細野晴臣×高橋幸宏×今剛×ペッカー×佐藤博のディスコサウンド

憂鬱な月曜日、狂気との格闘、ブームタウン・ラッツ「哀愁のマンデイ」

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 セクシャルバイオレットNo.1

もっとみる≫



photo:UNIVERSAL MUSIC  

ビバリー・クリアリーと松任谷由実に教えてもらった “ハロウィン”


金木犀の季節が終わると、巷で見かけられるようになるのが “ハロウィン” の文字。10月31日に向けて、あちらこちらのお店でオレンジ色や黒で溢れますよね。いよいよハロウィンシーズンの到来です。

日本でもここ何年かですっかり “ハロウィン” って馴染みましたが、私が小学生だった頃はそこまでメジャーではなくて、大好きだったビバリー・クリアリーの児童文学書『ヘンリーくんシリーズ』で「アメリカには、ハロウィンっていう楽しいお祭りがあるんだな」と知ったくらい。

だから、“ハロウィン” は外国の象徴でした。そして中学生になって、お友達に借りたユーミンのアルバム『OLIVE』のラストに収録されていた「りんごのにおいと風の国」で久しぶりに “ハロウィン” という言葉に再会。この曲との出会いで “外国の楽しそうなお祭り” だったのが一気に “お姉さん色” を帯びてきました。

アルバム「OLIVE」収録、異国情緒溢れる「りんごのにおいと風の国」


“ハロウィン” という言葉で始まる「りんごのにおいと風の国」は哀愁のあるメロディで始まり、サビでゆったりと明るく展開していく美しい曲です。別れからの再生の曲なのかな? と感じさせる曲の中で、ふと思い出して歌ってしまうのは、サビの部分の明るく広がる曲調の部分。

 ハロウィーン
 りんごのにおいと風の国へ急ぎます

「りんごのにおいと風の国」って、もうそれだけで異国の雰囲気。小学生時代に『ヘンリーくんシリーズ』でハロウィンは “アメリカの楽しいお祭り” とインプットされているので、私にとってはとにかく異国情緒溢れるキーワードなんです。

明るく伸びやかに伸びるユーミンの声で歌われるこのサビを聴いていると、連なる丘にたわわに実ったりんごの木が一面に植わっている、どこか外国の風景が目に浮かんでいました。

その後大人になった私ですが、アメリカへ行った時にお友達に連れて行ってもらったニューヨーク州の北部で見たんです! 丘に広がる一面りんごの畑を!! それは、私のイメージした「りんごのにおいと風の国」そのまんまでした。10月のニューヨークはハロウィンであり、リンゴの季節でもあったのです。

「あったじゃん!」という嬉しい気持ちと日本を思い出すホームシックみたいな気持ちでいっぱいになって、ちょっと泣いちゃいましたね。

その才能と影響力、ユーミンから学んだものって、なに?


それから10年以上経ちますが、相変わらず10月になるとこの歌を口ずさんで、あの「りんごのにおいと風の国」を思い出しては甘酸っぱい気持ちになります。

みなさんがユーミンから学んだものって、なんでしょうか?

「りんごのにおいと風の国」の他にも、東南アジアの街へ行けば「スラバヤ通りの妹へ」、香港へ行けば「ホン・コン・ナイト・サイト」、台風が近づいてくると「タイフーン」を歌ってしまいます。ほかにも、誰に会うかわからないので、決して安いサンダルを履いてお出掛けはしません(DESTINY)。改めて、ユーミンの才能と影響力に感服! ですよね。



2020.10.22
10
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
ユリンベ
コラムリスト≫
74
1
9
7
8
黄金の6年間:いよいよユーミン再始動!松任谷由実の新しい世界が始まった
カタリベ / 指南役
52
1
9
8
9
松任谷由実「Valentine's RADIO」スキーといえばユーミンとオリジナルカセット!
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
24
1
9
8
1
石川ひとみ「まちぶせ」松任谷由実の愛すべきストーカーソング?
カタリベ / 吉井 草千里
30
1
9
8
8
松任谷由実の名曲に、バブリーな時代の息苦しい記憶
カタリベ / 藤本 真
54
1
9
8
3
手の届かないあの時代、松任谷由実「星空の誘惑」に想う 80年代への憧れ
カタリベ / ミシマ サイコ
34
1
9
8
7
SWEET DREAMS ー 松任谷由実が描いた甘く、せつなく、やるせない気持ち
カタリベ / ミシマ サイコ
Re:minder - リマインダー