4月19日

北国からの主張、10代のメンタリティに刺さったアズテック・カメラ

25
1
 
 この日何の日? 
アズテック・カメラのアルバム「ハイ・ランド、ハード・レイン」が英国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
MTV的映画「フラッシュダンス」と ジェリー・ブラッカイマーのメディアミックス

1983年は日本のダンス元年!ムーンウォークと同時に登場した映画「フラッシュダンス」

4月15日は「東京ディズニーランド」の誕生日、夢と魔法の王国が日本にできるまで!

麻里ちゃんは、ヘビーメタル。から40年!浜田麻里はどこまで浜田麻里を超え続けるのか

杉山清貴&オメガトライブ「SUMMER SUSPICION」カーステと相性抜群の和風AOR

パティ・スミスじゃなくてパティ・スマイス!旦那は “悪童” ジョン・マッケンロー

もっとみる≫



photo:Warner Music Japan  

その昔、社会人になったばかりの頃、呑みの場で数歳、年上の上司と音楽の話をしていたときのこと。

オリジナルパンクを10代で体験していたその上司から誇らしげに「パンクをリアルタイムで聴いていないなんて、かわいそうだな」と言われた。カチンときて、「でも、10代でザ・スミスやアズテック・カメラを聴いた喜びは、あなたにはわかりませんよね?」と言い返した。ザ・スミスもアズテック・カメラも自分にとって特別なバンドだが、今回は後者の話を…

秋田の高校生にとって、アズテック・カメラは強烈なシンパシーを抱ける数少ないバンドだった。スコットランド出身、そこってイギリスの東北みたいなものなんだろうか… などと地図を見ながら夢想した。

ファーストアルバム『ハイ・ランド、ハード・レイン』の “ハイ・ランド” は、スコットランドを指すらしいが、実際、秋田も山が多いし、ハイ・ランド(高地)には違いない。このアルバムは、高校2年の大晦日、雪の降る日に購入。訳詞とにらめっこしながら聴いたが、どの曲もジワジワとしみこんでくる。「ウォーク・アウト・トゥ・ウィンター」の――


 ジョー・ストラマーのポスターが
 壁から剥がれ落ちる
 彼から教わったことは甘くて苦い
 今はそれらを飲み干して
 冬へと歩き出そう


の部分は、ブームとしてのパンクが終わった後の指針ともいえた。フロントマンのロディ・フレイム(というか、実質的には彼のソロプロジェクトであったことは、後になって知る話)は、当時18歳。歳が近いから、共感も強くなるのは必然。そのうえ、クソ寒い地方出身なのだから、なおさらだ。

十代最後の年の春、秋田を後にして東京へ。新幹線の中で聴く「ザ・ボーイ・ワンダーズ」。


 この少年は思う
 メダルを売って列車に乗ろう~
 希望を持つ者が躊躇するような
 ハイランドから、僕はやって来た


―― の部分が突き刺さる。

「ハイ・ランド、ハード・レイン!」のコールの部分では、新生活への期待や不安、感謝や怒りがこんがらがって、不覚にも涙が流れてきた。地方から都会に出てきた人間の気持ちを、これ以上明解に描いた歌はないのではないか。

30年以上が過ぎ、すっかりオールド・ボーイとなった今も、このアルバムを聴くと、あの頃の “甘くて苦い” 記憶が甦ると同時に、「ワンダー」の意味を考えさせられる。“何かをやろう” という気持ちを、なくしてないだろうか? もっと、もっと進まないとな!

オールド・ボーイの厄介なところは、「あの頃はよかった」と口にしてしまうことだ。十代でニルヴァーナやレディオヘッド、アークティック・モンキーズを聴いた年下の人たちの声を聴くと嬉しくなるけれど、先述の上司のように、飲み過ぎてつい世代論を語り、酔いがさめてから苦笑いする自分がいることは、ここだけの話にしておく。

2018.09.26
25
  Spotify
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
22
1
9
8
4
80年代音楽映画のバイブル!「ストップ・メイキング・センス」vol.1
カタリベ / DR.ENO
12
1
9
8
5
夏はネオアコ!地味な夫婦デュオ「EBTG」がつくるちょうどいい清涼感
カタリベ / DR.ENO
21
1
9
8
3
どこまでもつづくハイランドの丘陵、ビッグ・カントリーがくれた心の宝箱
カタリベ / まさこすもす
20
1
9
8
7
初代ヴォーカリストは宮城宗典、80年代を駆け抜けたヒルビリー・バップスの軌跡
カタリベ / 本田 隆
13
1
9
8
7
ゼン・ジェリコは徒花じゃない!時代の狭間に響くストレートなバンドサウンド
カタリベ / 岡田 ヒロシ
82
1
9
8
3
ロニー田中は見た!BOØWYのベーシスト・松井恒松が作った丁寧で真面目なオムレツ
カタリベ / ロニー田中