11月1日

切れ味鋭いコピーライター、NOKKOは作詞家としてもっと評価されるべき

60
2
 
 この日何の日? 
レベッカのアルバム「REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
ディオンヌが教えてくれた「愛のハーモニー」人の優しさと現実の厳しさ

チャーリー・セクストンの際立つ革ジャン、レザー着てなきゃ始まらない!

西海岸のハイウェイで聴いたドッケン、シスコ ↔ ロスの日帰りドライヴ!

十代限定の理想郷、レベッカの「76th Star」と 原宿チャオバンビーナ

レベッカ「Maybe Tomorrow」こんなことを歌にできるのはNOKKOしかいなかった

角川から独立した薬師丸ひろ子、映画 “野蛮人のように” 主題歌「ステキな恋の忘れ方」

もっとみる≫



photo:SonyMusic  

さて、この Re:minder における私の連載は、そのコンセプトを「80年代音楽解体新書」としているのですが、その「解体」の仕方が、音楽理論的な、やや小難しい話に偏ってきましたので、今回は久しぶりに、歌詞の話をしたいと思います。

さて、「作詞家としてもっと評価されるべき音楽家」だと思う人たちがいます。今回は、その1人として、レベッカの NOKKO を取り上げます。「隠れた名作詞家」として、他には、奥居香、小西康陽、木村カエラらもいますので、いつか彼(女)らのことも取り上げたいと思っています。

最近、再結成をし、過去作が見直されているかもしれません。今後、もしレベッカの過去音源を聴くことがありましたら、ぜひ歌詞に注目してみてください。

NOKKO の作詞の凄いところは、歌詞全体のストーリーというより、切れ味鋭い1~2行フレーズの作り方にあります。そういう意味では、名作詞家というより「名コピーライター」なのかも知れません。

さらに言えば、それらのフレーズは、おそらくターゲットとしていたであろう、(80年代の)女の子だけでなく、男性、ひいては、現在の私のようなオッサンまで射程においた幅広い層に向けて、書かれているような出来栄えなのです。

例えば、こんなフレーズがあります(以下、名コピーライター=NOKKO のフレーズを味わうべく、コピーライターがコピーを提案するときのように、紙の真ん中に、コピーを1行だけドーンと乗せる体裁で見せていきます。また、キャッチコピーっぽく見せるために、句読点を足しました)。



これなどは、女の子の気持ちを表現しながら、(ちょっと悪そうな)その女の子に惹かれる男性目線まで意識して、書かれている感じがしませんか?(男性諸君、この歌詞、萌えません?)。

つまり、一人の女の子(=NOKKO)としての自己表現にとどまらず、男性リスナーまで含めた幅広い層に売るために、高度に計算されたフレーズであり、そのあたりに、職業作詞家・NOKKO の凄みを見るのです。

そんなマーケティング臭いフレーズではなく、純粋に歌詞として美しいフレーズの代表作は、大ヒット曲『フレンズ』のこの2つでしょう。これらは、職業作詞家・NOKKO の最高傑作フレーズだと思います。





次に、松任谷由実『セシルの週末』などと並ぶ、日本ポップス史における「不良少女もの」の歌詞の傑作が『MOON』です。



そして、最後にご紹介したいのは、『SUPER GIRL』です。こちらは「OLもの」の歌詞なのですが、まさに「傑作フレーズてんこもり状態」になっています。こんなに切れ味鋭いフレーズが1曲に入っているのですから。









レベッカというと、NOKKO の絶叫ボーカルだけで語られることが多いのですが、ぜひそのボーカルで歌われている歌詞にも注目してみて下さい。では次回は、そのボーカルそのものに注目します。ボーカリスト NOKKO の凄みを、今一度味わいましょう。



歌詞引用:
CHEEP HIPPIES / レベッカ
フレンズ / レベッカ
MOON / レベッカ
SUPER GIRL / レベッカ

※2017年10月15日に掲載された記事をアップデート


2018.11.04
60
  YouTube / Sony Music (Japan)


  Apple Music


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
73
1
9
8
5
中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」が持つ奇跡的フレーズの音楽性 ①
カタリベ / スージー鈴木
81
1
9
8
0
デビュー曲のどアタマの音符に込められた佐野元春の大発明
カタリベ / スージー鈴木
66
1
9
8
0
1980元日発売!時代の転換点となった「TOKIO」すべてを飲み込む沢田研二
カタリベ / スージー鈴木
63
1
9
9
2
小泉今日子「Bambinater」東京モッズシーンの名曲 “東京ディスコナイト” もカバー
カタリベ / 本田 隆
21
1
9
8
9
初恋の思い出に満ちたプリンセス プリンセス、無垢な気持ちで長く愛せる大切なバンド
カタリベ / 吉井 草千里
50
1
9
8
0
山下達郎がもたらした響き、80年代を彩るメジャーセブンス
カタリベ / スージー鈴木