11月1日
ボーカリスト・NOKKOの真髄を見た雨中の早稲田祭 in 1986
61
4
 
 この日何の日? 
早稲田祭でレベッカのライブが開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
竹内まりやが主題歌を歌うアニメ「時空の旅人」は天才たちの梁山泊

天才同士のぶつかり合い、いわくだらけのXTC「スカイラーキング」

大ヒットしたカヴァーを超えたオリジナル、荻野目洋子の六本木純情派

好き好き大好き、戸川純の歌声と情念に教室が凍りついた日

オープン・ユア・ハートのビデオから感じるマドンナの特別さのワケ

世良公則の「バカくさ」に惚れた!チンピラ映画としての「極道の妻たち」

もっとみる≫


前回に続いて、レベッカ時代のNOKKOの、音楽家としての凄みについて書きたいと思います。

前回は作詞家、いや「コピーライター」としてNOKKOが、歌詞の中に、実に鋭いフレーズをはさみ込んでいたことを検証しました。今回は、ボーカリスト・NOKKOの歌が、とても素晴らしかったという話です。

ここでまずボーカルについての、個人的な評価基準を述べておきます。私が考える、「いいボーカリスト」の概念は、ざっくり3つの基準で構成されるものです。


(1)音程(ピッチ)が合っていること
(2)ビブラートが必要以上に大きくないこと
(3)声量があること


(1)は、これは一般的にいう「歌の上手さ」の概念ですよね。ですが、やっぱり大切なことだと思います。これに関連して(2)。私は、極論すれば、ビブラートまったく無しで、後ろの伴奏と、音程がぴったり合っているような、まるでオルガンみたいな歌い方をするボーカリストこそが「歌が上手い」と考える立場です。

逆に、過剰にビブラートをかけるボーカルは、下手、とは言いませんが、好きではありません。主に演歌の世界で多いのですが、過剰に、これでもかこれでもかとビブラートをかけて(こぶしを回して)、どの音程を取っているのか、分からなくなっているような歌があります。

更にはそういう、感情移入の過剰な歌こそが上等だとする、昭和からの風潮があって、キツイ言い方をすれば、私は、そういうのを、貧乏くさいと思うんですよね。

そして(3)。実は私は、この基準を最も重視しています。ボーカリストは、とりわけロックボーカリストは、大声であるべきです。大声が出るということは「小声」も出るわけで、大声から小声の間での、声量の変化による表現力も備わっているということなのですから。

そんな私が「あぁ素晴らしいなぁ」と思った女性ボーカリストは、後で触れるNOKKOに加えて、デビューからちょっと経ったあたりの松田聖子(「夏の扉」のあたり。その後、もったいないことに声を潰してしまいます)や、最近では木村カエラですね。

さて本論です。上の(1)~(3)の条件を、それぞれ高得点で満たしたNOKKOのボーカルを聴いていきましょう。音源は下のYouTubeリンクに貼っておきます。

まずは、アルバム『Maybe Tomorrow』のタイトル曲=「Maybe Tomorrow」でしょう。下のリンクをクリックして、全編聴いていただきたいのですが、お時間の無い方は、4分39秒あたりからの、「♪ Maybe Tomo《rrow》」の《 》内のロングトーン・ボーカルをお聴き下さい。

どうでしょう? この、抜群の音程と声量で、みずみずしく響き渡るボーカルは。あまりにも個性的なボーカルだったため、「NOKKO=優秀なボーカリスト」だとは、当時ほとんど語られなかったと記憶しますが、あれから30年を超えて、今これを聴けば、そういう聴き方をしなかったことが、いかにもったいなかったかと思ってしまいます。

そして、極めつけは、1986年11月1日、早稲田大学の学園祭=『早稲田祭』で行われたライブにおける「プライベイト・ヒロイン」です。実は私、早稲田大学の1年生として、この場に居合わせたのです。

大阪から上京してきた1年生。初めての大学祭なので、一応、行っておこうと足を運んだのですが、知り合いもいないし、天気も悪いので、帰ろうか思っていたら、レベッカが来るという噂が流れてきたので、文学部のある戸山キャンパスに向かったのです。

行ったら、すでにかなり人が集まっていて、そこにレベッカが登場、どんどん盛り上がっていくのに気後れして、穴八幡宮の方から遠巻きに見つめていました。

今から考えると、この圧倒的なパフォーマンスに、なぜもっと近づかなかったのか、飛び込まなかったのかと悔やまれます。そういう意気地なしの少年が、30数年後に音楽評論家になっている。人生とはそんなものでしょう。

下の動画リンクから見て下さい。これは音楽というより、もうスポーツの領域です。少なくとも、80年代の日本ロック界を代表するライブパフォーマンスの1つであることは言うまでもありません。意味もなく「ざまあみろ」と叫びたくなります。

この映像に映っている若者たちの多くは、もう50歳を超えているはずです。みんな元気でしょうか。今でもレベッカを、そしてロックンロールを聴いているでしょうか――。

最後に。この映像を含む、早稲田祭ライブ全6曲の完全版が収録されたDVD2枚組『REBECCA LIVE ’85-’86 -Maybe Tomorrow&Secret Gig Complete Edition-』が、今年発売されました。

2017.10.29
61
  YouTube / ak suzuki


  YouTube / REBECCA II
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
ひろ
いかに彼女がパフォーマーとして、何よりボーカリストとして凄かったのかがビンビン伝わってくる映像です。ちなみに個人的レベッカのベストは『London Boy』でした。
2018/01/29 21:55
2
返信
1967年生まれ
パックンチョ。
実は、当日会場にいました。REBECCA目当てではなく、早稲田祭を見に行ったら、やたら盛り上がっていて“なんだコリャ?”と思った記憶を思い出しました。
2017/11/09 14:21
1
返信
1966年生まれ
太田秀樹(ohtachan)
この早稲田祭の映像はすごい。当時、見に行こうとしたけど面倒くさくなって行かなかった事を覚えている。パフォーマンスはもとより、今につながるライブ映像収録のプロトタイプ。
2017/10/29 11:58
2
返信
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
48
1
9
8
5
切れ味鋭いコピーライター、NOKKOは作詞家としてもっと評価されるべき
カタリベ / スージー鈴木
69
1
9
8
8
NOKKOも描いた母娘の確執。口づけをかわした時、ママが前から歩いてきた
カタリベ / かいなってぃー
45
1
9
8
9
始めに言葉ありき? NOKKOが撮影現場で発した叫び
カタリベ /  ポリ
36
1
9
8
1
夏の扉を開けた松田聖子にキラキラの魔法をかけたのは誰?
カタリベ / 太田 秀樹
28
1
9
8
5
80年代女子高生の恋愛事情〜レベッカ「76th Star」できらめいて
カタリベ /  ポリ
47
1
9
8
5
憧れの渋谷スクランブル交差点!ハーフポテトな俺たちとレベッカの関係
カタリベ / パックンチョ。
Re:minder - リマインダー