4月24日
ジミヘンから R.ケリーまで 〜 アイズレーこそ最強のインフルエンサー
105
2
 
 この日何の日? 
アイズレー・ブラザーズのアルバム「シルクの似合う夜」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
僕の前にいきなり現れたロック・シンガー、佐野元春で忙しかった夏

80年代カラオケの実情:SOMEDAY、いったい誰がマイク持ってるの!?

高気圧ガール♪ タツローサウンドと眞木準さんの思い出(前篇)

私にとって運命の男、ロジャー・テイラーと織りなす妄想ラブストーリー

松田聖子プロジェクトの最高傑作、細野晴臣も参加した「天国のキッス」

1983年夏、夏期講習の帰りに聴いた松田聖子の天国のキッスなどなど

もっとみる≫

photo:SonyMusic  

アイズレー・ブラザーズという名前を聞いても、日本の音楽ファンの多くはザ・ビートルズより前に「ツイスト・アンド・シャウト」をカバーヒットさせたことくらいしか思いつかないかもしれない。だが実は、このグループは音楽界に偉大な記録を残している。

2001年に「アイズレー・ブラザーズ・フィーチャリング・ロナルド・アイズレー」名義で発表されたシングル「コンテイジャス」は、ビルボードの Hot 100(全米シングルチャート)にチャートインした。これによって、アイズレー・ブラザーズは1950年代から2000年代まで6つのディケイド連続で Hot 100 に登場した史上初のアーティストになったのだ。

2017年には、サンタナとのジョイントアルバム『パワー・オブ・ピース』が Top R&B Albums(ソウルアルバムチャート)で7位に入るなど、今でも現役感バリバリである。

このように、僕たちが生まれる前から活躍していたアーティストが、21世紀に入ってからもヒットを飛ばしているという事実は、ある意味、ポール・マッカートニーやザ・ローリング・ストーンズが70歳を過ぎてワールドツアーを行っている以上に凄いことだと思う。しかし、このグループが凄いのは単に息が長いということだけではない。むしろ評価すべきは、昔も今も音楽シーンで多大な影響力を発揮しているという点だ。

例えば、60年代半ばには、当時無名だったジミ・ヘンドリックスをツアーやレコーディングに抜擢した。その後の彼の活躍は言うまでもないだろう。

90年代以降は、R.ケリーに代表されるフォロワー、いわゆる「アイズレー・マナー」の継承者を数多く生み出した。パブリック・エネミー、アイス・キューブ、ザ・ノトーリアス・B.I.G.、アリーヤなどにカバーやサンプリングされたこともあって、近年のヒップホップ / R&B作品の「ネタ元」としても注目されている。

そんな「偉大な」彼らだが、僕たち世代の日本の音楽ファンの間でイマイチ浸透していないのは、80年代がちょうど彼らの過渡期・混乱期に当たっていたからかもしれない。キャリアが長ければ、紆余曲折があるのは当然だ。

73年に6人組となって以来、Billboard 200(アルバムチャート)で6枚のトップ10ヒット、Top R&B / Hip-Hop Albums(ソウルアルバムチャート)で7枚のNo.1を獲得するなど、全盛期とも言える活躍をみせていたのに、メンバー間の対立が徐々に顕在化して83年には分裂してしまう。残ったメンバーも急死や離脱するなど、遂にロナルド・アイズレーのソロプロジェクトとなってしまった。

まあ、そんな訳ではあるが、80年代音楽ファンの皆さんには、6人時代最後の作品であり、Top R&B / Hip-Hop Albums でNo.1を獲得した名作『シルクの似合う夜(Between The Sheets)』の表題曲を是非とも聴いてもらいたい。

英国の音楽サイト “WhoSampled.com” によると、この曲をサンプリングした曲が125曲、それに6つのカバー曲が存在するそうなので、きっとどこかで耳にしたことがあるはずだ。


Song Data
■ Between The Sheets / The Isley Brothers
■ 作詞・作曲:Rudolph Isley, O'Kelly Isley Jr., Ronald Isley, Ernest Isley, Marvin Isley, Chris Jasper
■ プロデュース:Ronald Isley, Rudolph Isley
■ 発売:1983年3月9日


2018.04.08
105
  YouTube / TheIsleyBrothersVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
goo_chan
アイズレー、驚異のグループですよね。私が彼らを知ったのはパワーステーションがカバーした「Harvest of the World」を通じてでした。
2018/04/12 01:43
1
返信
1965年生まれ
中川 肇
おぉ・・・確かにPower Stationがカバーしてましたね。でも僕はいかにも70年代っぽい雰囲気のオリジナルバージョンが好きです :)
https://youtu.be/dUxiKQXxGR8
2018/04/15 21:09
1
1965年生まれ
中川 肇
Fourplayの93年のカバーです。参加メンバーはBob James、Lee Ritenour、Nathan East、Harvey Masonの4人+Chaka Khan。
https://youtu.be/kL54q48y-oM
2018/04/08 11:40
2
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
18
1
9
8
2
歌謡風味の軽快サウンド、サンタナの情熱メロディー「ホールド・オン」
カタリベ / DR.ENO
35
1
9
8
7
ライナーノートに導かれ 〜 EPOが仕掛けたソウルクラシックの宝探し
カタリベ / せトウチミドリ
22
1
9
7
8
野性の証明、演歌魂溢れる町田義人のソウルフルなバラード…
カタリベ / ライダー#13
9
1
9
8
6
ブリティッシュソウルのプライド、実はスターだったビリー・オーシャン
カタリベ / KARL南澤
102
1
9
8
1
ジョン・ベルーシ、80年代に「監獄ロック」を連れてきてくれたソウルマン
カタリベ / 藤澤 一雅
138
1
9
8
6
日本のソウル「天城越え」、すべての歌手は石川さゆりに嫉妬する
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー