2002年 3月13日

エンタメの横顔 — 80年代の音楽シーンを大きく変えた「CD」の登場 ⑤

35
0
 
 この日何の日? 
日本で初めて CCCD がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2002年のコラム 
エイティーズのその後を楽しむ、超極私的フェイヴァリットカヴァーズ!

ジョー・ストラマーの命日は “月に手を伸ばせ、たとえ届かなくても”

もっとみる≫




【エンタメの横顔 — 80年代の音楽シーンを大きく変えた「CD」の登場 ④ からの続き】

CDにも最初からコピーガードがあれば…


もし、CDが元からコピーガードされていて、「コピーしたいなら、それまでのアナログレコードと同様に、アナログ出力からどうぞ」ということだったなら、それを不満に思う人はいなかったでしょう。DVD やブルーレイディスクがデジタルコピーできないのと同じです。

だけど、「CDから mp3 に変換して、mp3 プレイヤーで聴く」ことが新しい音楽の楽しみ方になりつつあるところに、「あなたは mp3 を違法に流通させるかもしれないので、今後はデジタルコピーできないようにします」などと言われたらどうでしょう?

まずは「おいおい、人を犯罪者扱いかよ」とムッとしますよね。そして、「まぁでも、ファイル交換なんかも流行ってるらしいからしょうがないか…」としぶしぶ諦めようとしたところ、実はその技術にいろいろ問題があったとしたら…。

プレイヤーが故障? 問題だらけだったコピーコントロールCD


前回お話ししたように、「CCCD(Copy Controlled Compact Disc)」は、既存のCDプレイヤーでは問題なく再生できながら、PC の CD-ROM ドライブでは読み取れないようにして、デジタルコピーやリッピングを防ぐというものです。その方法は、私は技術のことはよく分からないので正確には説明できませんが、CDの再生に必要な「読み取りエラー訂正信号」をわざとデタラメにし、CDプレイヤーではそれを補正できるので再生できるが、PC のドライブはデタラメをデタラメと判断して再生できなくなる、というようなことなのだそうです。

しかしながら、「わざとデタラメ」ってどうなの? と誰もが不安を感じるように、それはCDの仕様を規定した「レッドブック」というものからは逸脱する掟破りの行為だったのです。なので、CCCD には、音楽CDの盤面には必ず印刷されている「COMPACT disc DIGITAL AUDIO」というロゴがありませんでした。

そして実際、余計な信号補正の負荷をかけることがCDプレイヤーにはよくないし、PC では読み取りできてしまうものがあったりして、実効性が乏しい割に、マイナス面が多いという、どうしようもないシロモノだったようです。

私が買った CCCD はただ1枚、ビートルズの『Let It Be...Naked』です。だけどちゃんと被害は蒙っています。まだ、プレイヤーによくないなんてことは知らなかったので、何も気にせず聴いていたのですが、やがてプレイヤーが故障して、CDを認識してくれなくなりました。それでも CCCD のせいだとは思わず、修理に出そうとしたらけっこう高かったので、DENON の20万円くらいのいいプレイヤーながらもう古かったし、諦めてお払い箱にしてしまいました。

おそらく CCCD が原因だろうと知った時は、愕然としました。そんな怪しいモノを、名だたるレコード会社が堂々と売っていいんだろうか!?

ソニー・ミュージックの “すごい” CCCD「レーベルゲートCD」


そんな中、業界を代表するソニー・ミュージックが捻り出したのは、「レーベルゲートCD」という名の CCCD。PC で聴けないのは不便だろうから、Atrak3 という(コピーガードがかかった)圧縮音源もついていて、それは1回だけハードディスクにコピーさせてあげましょう、ただし1回目は無料だけど2回目からは有料ですと。で、その、何回目なのかという判断はネット経由でサーバーで行うのですが、そのために、1枚毎に個別の ID を埋め込んだのです。

“1種類” ではなく “1枚” ですよ。つまりドリカムみたいに何百万枚と売れるCDでも、その何百万枚にすべて違う ID が入っていて、ID 毎に圧縮音源の利用状況をサーバーが記録するのです。システムを構築するのにたいへんなお金がかかったはずですが、実際に圧縮音源を(1回でも!)利用した人はわずかだったと聞いています。お金と労力をかけるところを間違っていたとしか思えません。

一方、親会社ソニーのCDプレイヤーには、取扱説明書に「CCCD は動作保証外」と明記してあったそうです。いやはや…。

アーティストたちも反発、自主レーベルを立ち上げた佐野元春


これにはさすがにアーティストたちも反発。「CCCD では出さない」と怒りを顕にするアーティストも多かったし、佐野元春などこれがきっかけで、デビュー以来ガッツリ組んできたエピックを去り、自主レーベルを立ち上げました。

そんな状況ではレコード会社もゴリ押しするわけにはいかず、2002年にスタートした CCCD は、早くも2年後には鳴りを潜め、2006年には全社撤退とあいなりました。

1998年までソニー・ミュージックで音楽ディレクターだった私は、この CCCD 騒ぎの頃は音楽配信の部署にいて、その最前線に立つことを免れていました。もしディレクターのままだったら、会社の方針ですから、CCCD でのリリースを進めなければならなかったはずで、今考えてもゾッとします。そのタイミングで会社を辞めたかもしれません。

とは言え、レコード会社の一員だったのですから、責任の一端は自分にもあると思っています。ですからこのことは、「ああ、そんなこともあったね」で済ますのではなく、もっとちゃんと分析して検証しておかねばと思うのです。

…つづく。

2020.03.05
35
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1954年生まれ
ふくおかとも彦
コラムリスト≫
24
1
9
9
9
エンタメの横顔 — 80年代の音楽シーンを大きく変えた「CD」の登場 ④
カタリベ / ふくおか とも彦
24
1
9
9
9
エンタメの横顔 — 80年代の音楽シーンを大きく変えた「CD」の登場 ③
カタリベ / ふくおか とも彦
52
1
9
8
3
佐野元春「ロックンロール・ナイト・ツアー」最終公演 ~ 終わりははじまり
カタリベ / 本田 隆
48
1
9
8
3
僕の前にいきなり現れたロック・シンガー、佐野元春で忙しかった夏
カタリベ / 藤澤 一雅
21
1
9
8
3
佐野元春のフィルムコンサート「ノー・ダメージ」~ 終わりははじまり
カタリベ / 本田 隆
104
1
9
8
0
佐野元春の革新性、そして日和ることなきロックスピリット
カタリベ / ふくおか とも彦