5月13日
フォークソングの終焉、ポップスの平原を自在に駆け抜けた伊勢正三
12
5
 
 この日何の日? 
かぐや姫の再結成ライブ「かぐや姫・今日」が横浜スタジアムで開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1978年のコラム 
中学時代はKISSが全て、あまりのカッコ良さに理屈抜きで吹っ飛ばされた!

伝説のファイナルカーニバル、キャンディーズ解散と私の社会人デビュー!

伝説のひと、YAZAWAくんの語る山口百恵の「プレイバックPart2」

プロモーションは歌舞伎町!ディスコ巡りで「今夜はブギ・ウギ・ウギ」

今だから話そう「新人バンドの見つけ方」ルールよりも情熱が勝つ!

妄想探偵が紐解くメロイック・サイン「モンスター」にはまだ秘密があった

もっとみる≫

photo:AWESOME MUSIC  

「好きなアーティストは?」と訊かれて「伊勢正三」とこたえても、知らない人が多い、最近は。で、たいてい説明することになる。「かぐや姫って知ってる?」「風って知ってる?」みたいなことから始まって「なごり雪」とか「22才の別れ」とかいくつか彼が作った有名な曲名をあげていくと、「ああ、そうなんだ」となんとかわかってもらえる。

けど、そこで伊勢正三のビジュアルを思い浮かべる人はどれくらいいるだろう? その当時の彼のギタープレイや歌声を思い出す人はいるんだろうか? 思い込みだけで書いているが、70年代をフォークソングからAORまで、ポップスの振り幅をめいっぱい使いながら、珠玉の名曲、名プレイを生み出してきたのが伊勢正三だ。

「かぐや姫」はフォークソングの域にとどまっていたが、「風」の進化はすごかった。75年から78年にかけて5枚のオリジナルアルバムをリリースし、79年にベストアルバムを出して活動休止にいたるまで、まさに風のようにポップスの平原を駆け抜けていった。叙情フォーク「22才の別れ」(デビューシングル)から、フュージョンの匂いも持つ「海風」(『海風』収録)まで、自由に、変幻自在に。

そういえば、1978年に期間限定で再結成されたかぐや姫のライブを横浜スタジアムに見に行って、伊勢正三がBCリッチを弾きながら歌ったロック風「22才の別れ」にちょっとした衝撃を受けた。デビュー時の「22才の別れ」とは、もう違う世界の音になっていて、70年代のフォークソングが確実に終わりを迎えているのだと思った。

2016.03.11
12
  YouTube / hirohirohirohiropiro


  YouTube / sentimentalh
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1959年生まれ
藤本 真
海風、最高ですよね! あのイントロ弾くのをめちゃ練習しました! けっこう難しい弾き方していたんですが、正やんのみたら、もっと簡単に弾いていてビックリしました(笑)
2016/04/05 19:13
6
返信
1965年生まれ
トシちゃん25歳
海風は最高です!導入から痺れてしまいます。カラオケ入れたら三連投したくなるw
2016/03/19 11:50
1
返信
カタリベ
1959年生まれ
藤本真
コラムリスト≫
25
1
9
8
5
清涼感溢れるUKのフュージョンファンク、レベル42の夏向きヒットソング
カタリベ / DR.ENO
33
1
9
8
2
もはやAORではない、ポール・デイヴィスと振り返る絶頂期のアメリカ
カタリベ / 中川 肇
21
1
9
8
6
フュージョンファンクも悪くない「TUTU」は私にとっての初マイルス!
カタリベ / DR.ENO
20
1
9
7
9
バンドメンバー募集中、フォーク発フュージョン経由ロンドンパンク行き!
カタリベ / やっすぅ
30
1
9
8
3
追悼:みんな覚えがアルジャロウ?「モーニン」は朝のキラキラAOR
カタリベ / @0onos
58
1
9
8
8
最近よく聞く「不謹慎」爆風も米米も聖飢魔Ⅱもいい具合に不謹慎だった
カタリベ / 佐々木 美夏
Re:minder - リマインダー