7月7日
ユーミンも絶賛!パット・メセニーのブラジルフレーヴァーは真夏の清涼剤
11
1
 
 この日何の日? 
パット・メセニーのアルバム「スティル・ライフ」が全米でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
グレイト・ホワイトの真骨頂、寒い冬にはブルージーな「ロック・ミー」

筋肉少女帯の「高木ブー伝説」と「鼻血ブー伝説」は紙一重!?

J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.4

岡村靖幸はプリンスと松田聖子が大好きで最初からチャーミングな天才!

BOØWYがヒットを連発した87年、僕の知ってる原宿のドリーミーな原風景

スライダーズの「EASY ACTION」”アンタ” とはいったい誰なのか

もっとみる≫

photo:Jazz Rock Fusion Guitar  

CDが売れないこのご時世だからか、洋楽の旧譜アルバムが廉価盤として1,000円とかのシリーズで売ってたりしますよね。リリース時にはスルーしていたアイテムもこの機会に思わず爆買いしてしまったりする、いまだに「音楽購買世代」の私ですが、こういった廉価盤シリーズで嬉しいのがジャズ。若い頃、ジャズにも興味があるけどロックで手いっぱいだった自分にとって、今更ながら研究心&好奇心の対象として大いに利用させてもらってます。

モダン・ジャズやビバップにまで首を突っ込むことはありませんでしたが、大学時代はそこそこフュージョンを聴いてました。クルセイダーズ、デヴィッド・サンボーン、ラリー・カールトン、ウェザー・リポートなどかじる程度でしたがドライブのBGM等で楽しんでました。

中でもいまだによく聴くのがパット・メセニー。出会いはアルバム「スティル・ライフ」でした。このアルバムのテイストは全体的にブラジル音楽。ジャズやフュージョン自体そんなによく知らないのにいきなりブラジル! まあ、聴いていた当時はそんなこともよくわからずそのサウンドの気持ちよさにただただウットリするばかりでした。いろいろ調べていると松任谷由実が絶賛してたり、デヴィッド・ボウイと共演してたり(This Is Not America)、初期のキャリアではECMレーベルからリリースしていたりという情報を得て驚きを交えつつ、少しずつのめり込んでいきました。

とは言えこの「スティル・ライフ」以前に10枚以上リリースされているアルバムを一気にに購入することは不可能でした。ですので、現在の廉価盤シリーズは本当に嬉し涙こぼれます。今ではかなりのディスコグラフィが揃ったパット・メセニーですが(まだコンプリートはしてません…)、私にとってのベストは初パットの「スティル・ライフ」(ちなみに次点は「オフランプ」「レター・フロム・ホーム」と続きます)です。未聴の方は是非。特にこれからの季節、暑い夏にはきっと心地いい清涼感をもたらしてくれるはずです。

2016.07.24
11
  YouTube / PenchoDuque


  YouTube / cascade6060
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
21
1
9
8
6
フュージョンファンクも悪くない「TUTU」は私にとっての初マイルス!
カタリベ / DR.ENO
12
1
9
8
9
80'sの夏フェスはジャズフェス!盛り上がったアート・ブレイキー
カタリベ / 千代田区のUra
22
1
9
8
2
渋谷のTOP DOGと「アー・ユー・ゴーイング・ウィズ・ミー?」
カタリベ / まさこすもす
48
1
9
8
2
1982年夏の最強タッグ、ユーミンと聖子がいなかったら夏休みは始まらない
カタリベ / 親王塚 リカ
33
1
9
8
0
【R.I.P.】時のないホテル、ユーミンが松原正樹に頼った動かぬ証拠がコレだ!
カタリベ / @0onos
28
1
9
8
5
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ユーミン初の資生堂タイアップ
カタリベ / @0onos
Re:minder - リマインダー