7月7日

ユーミンも絶賛!パット・メセニーのブラジルフレーヴァーは真夏の清涼剤

12
1
 
 この日何の日? 
パット・メセニーのアルバム「スティル・ライフ」が全米でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1987年のコラム 
鈴木聖美 with Rats & Star「ロンリー・チャップリン」が夜の街のカラオケを席巻するワケ

魅惑のカセットテープミュージック、ドライヴで聴くためのAORオムニバス

女優・薬師丸ひろ子が歌う中島みゆきの世界、アルバム「星紀行」収録の「未完成」

彷徨う九州男児のラヴソング、チェッカーズの「WANDERER」を聴け!

テレンス・トレント・ダービー、安直なジャンル分けを拒んだ果敢な挑戦

荻野目洋子「少年の最後の夏」青春の苦い思い出こそグローイング・アップ

もっとみる≫



photo:Jazz Rock Fusion Guitar  

CDが売れないこのご時世だからか、洋楽の旧譜アルバムが廉価盤として1,000円とかのシリーズで売ってたりしますよね。リリース時にはスルーしていたアイテムもこの機会に思わず爆買いしてしまったりする、いまだに「音楽購買世代」の私ですが、こういった廉価盤シリーズで嬉しいのがジャズ。

若い頃、ジャズにも興味があるけどロックで手いっぱいだった自分にとって、今更ながら研究心&好奇心の対象として大いに利用させてもらってます。

モダン・ジャズやビバップにまで首を突っ込むことはありませんでしたが、大学時代はそこそこフュージョンを聴いていました。

クルセイダーズ、デイヴィッド・サンボーン、ラリー・カールトン、ウェザー・リポートなど、かじる程度でしたがドライブなどのBGMで楽しんで。

中でもいまだによく聴くのがパット・メセニー。

出会いはアルバム「スティル・ライフ」でした。このアルバムのテイストは全体的にブラジル音楽。ジャズやフュージョン自体そんなによく知らないのにいきなりブラジル!

まあ、聴いていた当時はそんなこともよくわからず、そのサウンドの気持ちよさにただただウットリするばかりでした。

いろいろ調べていると松任谷由実が絶賛してたり、デヴィッド・ボウイと共演してたり(This Is Not America)、初期のキャリアではECMレーベルからリリースしていたりという情報を得て驚きを交えつつ、少しずつのめり込んでいくはめに。

とは言え、この「スティル・ライフ」以前に10枚以上リリースされているアルバムを一気にに購入することは不可能。ですので、現在の廉価盤シリーズは本当に嬉し涙こぼれます。

今ではかなりのディスコグラフィが揃ったパット・メセニーですが(まだコンプリートはしてません…)、私にとってのベストは初パットの「スティル・ライフ」です(ちなみに次点は「オフランプ」「レター・フロム・ホーム」と続きます)。

未聴の方は是非。特にこれからの季節、暑い夏にはきっと心地いい清涼感をもたらしてくれるはずです。

2016.07.24
12
  YouTube / PenchoDuque


  YouTube / cascade6060
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
57
1
9
8
0
超アナログで超クール!ギタリストとしてのナイル・ロジャースを考える
カタリベ / 中川 肇
23
1
9
8
3
ユーミンが歌詞に込めた思いとは? 原田知世「ダンデライオン」を深読み!
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
78
1
9
8
5
浜田省吾が癒してくれる「ひとりぼっちのクリスマス・イブ」
カタリベ / 藤澤 一雅
104
1
9
8
2
強者どもの憂さ晴らし!? ベイクド・ポテト・スーパー・ライヴ!
カタリベ / 中川 肇
56
1
9
8
0
エイティーズ歌謡を切り拓いた「今剛」の華麗なギターサウンド!
カタリベ / @0onos
10
1
9
8
7
1987年5月、デイヴィッド・フォスター@昭和女子大学人見記念講堂
カタリベ / @0onos