4月5日

ルースターズのアクセル全開!1981年の日比谷「野音開き」100円コンサート

34
2
 
 この日何の日? 
「第8回野音開き100円コンサート」が日比谷野外音楽堂で開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
池中玄太のテーマ曲? 不器用な男のやさしくてあたたかい愛の歌

ゆらり揺らめいたメモリーグラス。堀江淳は飲みほせない!

司会はタモリ「今夜は最高!」これぞ ザッツ・エンターテインメント!

野音開き!! ライブが魅力のARB、石橋凌の煽りは 雨の中OKシェイキン!

ぶりっ子じゃない松田聖子、ラジオ「夢で逢えたら」で見せた飾らない姿

大事なことはだいたい坂本龍一の「サウンドストリート」に教えてもらった

もっとみる≫



photo:NIPPON COLUMBIA  

1981年の野音開きは “めんたいロック” が多数出演!


海開きや山開き、プール開きなんて言葉がある。でも僕にとっての「〇〇開き」といえば、これはもう間違いなく「野音開き」だ。

毎年4月初旬に日比谷野外音楽堂で開催されていた『野音開き100円コンサート』は、入場料が100円で色々なバンドが観られる、とてもお得で嬉しいコンサートだった。僕が観に行ったのは81年の野音開きで、“めんたいロック” と呼ばれるバンドが多く出演した年だった。ARB、ロッカーズ、ルースターズ、モッズ(当日出演キャンセル)、アナーキー(めんたいロックじゃないけど)などの名前が並んでいて、当時の僕のど真ん中。これらのバンドがたったの100円で観られるのだから行かないわけがない。

吐き捨てるように歌う大江慎也、もう手をつけられない勢い!


この日出演したバンドで一番記憶に残っているのがルースターズだ。吐き捨てるように歌う大江慎也の姿がとても印象的だった。セカンドアルバム『THE ROOSTERS a-GOGO』が発売される直前で、この日初めて聴いた新曲「FADE AWAY」にはもう手をつけられない勢いを感じた。バンド史上最もスピード感が溢れる時期だったのではないだろうか。

 受話器を置いて
 今やっと気づいたところさ
 お前がくだらねぇ女だってこと
 とっととここから消えちまいな

活動時期によってサウンドが違うルースターズ、一番勢いがあったのは?


たたみかけるように次々と曲は続き、中でも輪をかけて早い「恋をしようよ」ではもう何だかわからない状態。ステージ前には観客が集まり、曲に合わせて体を動かしているんだけど、ビートが早すぎてただ暴れてるだけで全くついていけない。下で紹介する「恋をしようよ」のライブ映像も途中からメンバー同士で競争が始まり、一気に走り抜けていく感じがこの上なく格好いい。早けりゃいいってもんじゃないけど、これだけ早けりゃ文句ありません!

ルースターズは活動時期によってガラリとサウンドが違う。テンションが高い初期、サイケデリックな中期、大江慎也脱退後のラウドな後期とそれぞれに違った魅力を待つバンドだった。紆余曲折していくルースターズには常に魅力を感じていたが、一番勢いがあったこの頃のライブを見られたのはとても貴重な体験だったと思う。しかも100円でね。


※2016年5月13日に掲載された記事をアップデート

2020.04.05
34
  YouTube / stringer117


  YouTube / 安室令
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1963年生まれ
やっすぅ
コラムリスト≫
20
1
9
8
3
本当はこわいルースターズ、僕の夏は「C.M.C」の掛け声で始まる!
カタリベ /  白石・しゅーげ
20
1
9
7
8
ぎんざNOW!が教えてくれた「ショットガン」と「めんたいこ」の味
カタリベ / やっすぅ
12
1
9
8
8
ルースターズへの深い愛情、ラストアルバム「FOUR PIECES」にみる花田裕之
カタリベ / 岡田 浩史
24
1
9
8
2
博多ビートパレード:ルースターズとロックンロールが引き寄せた出会い
カタリベ / ソウマ マナブ
25
1
9
8
9
考えるな! 感じろ! 陣内孝則率いる「ザ・ロッカーズ」の本質
カタリベ / 本田 隆
37
1
9
8
1
野音開き!! ライブが魅力のARB、石橋凌の煽りは 雨の中OKシェイキン!
カタリベ / やっすぅ
Re:minder - リマインダー