4月29日

長髪のフレディを知らない子どもたち… の迷いごと ~ クイーンに捧ぐ

41
1
 
 この日何の日? 
フレディ・マーキュリー初のソロアルバム「MR.バッド・ガイ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」が持つ奇跡的フレーズの音楽性 ①

大切な音楽の記憶、父と聴いたあの曲とタワーレコード横浜元町店

シンディ・ローパーをバックアップしたアメリカの至宝、ザ・フーターズ!

二人のバッドガイ — フレディ・マーキュリーとマイケル・ジャクソンの孤独

風営法の大幅改正、新宿ディスコシーンの終焉とデッド・オア・アライヴ

追悼:ユーロビート番長「デッド・オア・アライヴ」名前通りの波乱人生?

もっとみる≫







今やレジェンドとしてロック史に鎮座しているクイーンだが、1980年代に入ってから洋楽を聴き始めた自分にとって、当時の彼らは微妙なポジションのアーティストだった。洋楽デビュー以前から、その名は雑誌等で目にしていたし、日本でもすごく人気があることは皮膚感覚でわかっていたけれど。

それだけにガツーン! とくるロックンロールを期待していたが、クイーンという存在を意識して初めて耳にしたのが、ラジオで聴いた「地獄へ道づれ(Another One Bites the Dust)」。これをロックの文脈で理解するのは、若気だけが先走る中学生には難しい。この人たちはディスコバンドだったのか!?

続くサントラ用の曲「フラッシュのテーマ」は好みだったが、いかんせん肝心の映画『フラッシュ・ゴードン』がトホホ。デヴィッド・ボウイとのコラボ曲「アンダー・プレッシャー」を経て、82年のシングル「ボディ・ランゲージ」は、またも暗いディスコ…。

しかし何よりボンクラ中学生をミスリードしたのはフレディ・マーキュリーのビジュアルだ。初めてアー写を見た時は “長髪のかっこいい人(=ブライアン・メイ)が歌ってる” と勝手に想像したが、まさかドラマーと思われた短髪&ヒゲ男がボーカルとは… ヴィレッジ・ピープルにも、こういう人、いたよな!?

そんなフレディのイビツさを、より強烈に印象づけたのが84年のアルバム『ザ・ワークス』からのヒット曲「ブレイク・フリー」の PV。ここではメンバー全員が女装しているが、ノースリーブ&レザーのミニスカでヒゲ面のフレディの存在感がスパークする。

気持ち悪いけど、これ笑ってイイんですか?

しかし翌年、ロックバンドとしてのクイーンの底力を思い知る。そう、フレディのソロアルバム『MR.バッド・ガイ』を挟んで出演したライヴ・エイド。「ボヘミアン・ラプソディ」「RADIO GA GA」も感動的だったが、『ザ・ワークス』中もっともハードな「ハマー・トゥ・フォール」のパフォーマンスは私的ハイライト。テレビ中継時は日本時間午前3時を過ぎていたが、タイトな演奏とフレディのスキのないボーカルに眠気が吹っ飛んだ。

ゴメンな、クイーン、あの時、あなたたちは確かにロックだったよ…。


※2016年11月23日に掲載された記事をアップデート

2018.11.24
41
  YouTube / Queen Forever


  YouTube / Queen Forever
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1970年生まれ
ジャン・タリメー
僕もクイーンデビューは「ブレイク・フリー」でした.それで覚えていたのはやはり冒頭のフレディの女装.でも今回コラムに触発されてPV見直したら,随分と凝ったものでした.伸びのある声もやはり独特だし.またぞろクイーンに魅かれてしまいました.今晩はクイーンだ.
2016/11/23 13:55
1
返信
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
62
1
9
8
5
映画「ボヘミアン・ラプソディ」でカットされたクイーンの曲のヒミツ!
カタリベ / 宮木 宣嗣
48
1
9
8
5
クイーンが魅せた音楽の力、ライヴエイドでの圧倒的パフォーマンス!
カタリベ /  白石・しゅーげ
33
1
9
8
2
生粋のライヴバンド、クイーンの「ホット・スペース」ツアー目撃談!
カタリベ / 中塚 一晶
53
1
9
8
1
フレディとボウイの「アンダー・プレッシャー」ストーリーはまだ終らない
カタリベ / 宮木 宣嗣
66
1
9
8
0
クイーンの「ザ・ゲーム」、僕が選ぶ歴代ナンバーワンアルバムはこれだ!
カタリベ / 藤澤 一雅
36
1
9
8
5
二人のバッドガイ — フレディ・マーキュリーとマイケル・ジャクソンの孤独
カタリベ /  白石・しゅーげ
Re:minder - リマインダー