1993年 4月21日

class「夏の日の1993」ドラマティックなハーモニーの秘密【90年代夏うた列伝】

22
0
 
 この日何の日? 
classのシングル「夏の日の1993」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1993年のコラム 
ピンチを逆手に取った音楽番組!CDTV こと「カウントダウンTV」が1993年に始まった 

初期ラルクの儚く耽美的な世界 〜 今なお進化を止めない L'Arc-en-Ciel の魅力

90年代ドラマ最高視聴率「ひとつ屋根の下」主題歌は財津和夫が歌う「サボテンの花」

鈴木雅之のルーツは三橋美智也? ラブソングの王様が歌うピュアで普遍的なバラード「恋人」

松田聖子が切り拓いた ”大人のアイドル” という世界 〜 ドラマ主題歌「大切なあなた」

素敵な歳の重ねかた!ユニコーン「すばらしい日々」新しい年にふさわしい90年代の名曲

もっとみる≫




爽やかな歌声とメロディーが暑い夏に一服の清涼感を与えてくれる「夏の日の1993」


♪1993 恋をした Oh 君に夢中

―― この歌詞で始まるサビを聴くと、歌詞のようなシチュエーションに全く無縁だった筆者でも、若かりし日の夏を思い出します。ちょうど30年前の正に1993年に大ヒットした「夏の日の1993」は、爽やかな歌声とメロディーが暑い夏に一服の清涼感を与えてくれる、夏の大定番曲になりました。

歌詞はとっても軽いのに、楽曲のクオリティーがその軽さを完全にかき消しています。音楽はまず旋律と歌声が大切なのだという当たり前の法則を、とても分かりやすく示してくれる1曲だと思います。

爽やかさとは違う何かを感じるハーモニー


この曲の大事な要素の1つが、ボーカルのハーモニーです。歌声やメロディーと同様に、ハーモニーからも爽やかさを感じますが、筆者はこの曲のハーモニーを聴くと、爽やかさとは違う何かを感じるのです。それが何なのかを、ハーモニーを詳しく見ることにより紐解いていきます。

ハーモニーの構成は比較的オーソドックスだと言えるでしょう。Aメロの途中から少しずつハモりが入り始め、サビでは全体にハモりが入ります。サビでずっとハモりが続くことで、恋に落ちた気持ちの高まりが感じられます。

ハーモニーのパターンもオーソドックスで、主旋律に少し高い音を重ねる “上ハモ” や、逆に低い音を重ねる “下ハモ” といった、典型的なハモりがほとんどです。なので「夏の日の1993」は全体を通して、心地よく歌声を聴くことができるのだと思います。

ハモりの構成やパターンが典型的であるにもかかわらず、ハモりの印象が強く残るのはなぜでしょうか。ハモりの旋律を筆者独自の譜面を用いて見ていきます。まずはAメロ〜Bメロのハモりを図示します。歌詞は1番のみ記載していますが、2番やリフレインでもハモりの旋律は同じです。



Aメロ(上図上段)は上ハモが入ります。上ハモは最も一般的と言ってよいハモりであり、耳なじみがあるので心地よく聴けます。これがBメロ(上図下段)に入ると下ハモに変わります。上ハモの後に下ハモが来ると、ハモりのパターンが変わることで、ある種の緊張感がもたらされます。

この “上ハモと下ハモの入れ替わり立ち替わり” が、サビにも出現するのです。その様子を次の図で確認してみましょう。



1番の歌詞を追っていくと、

【上ハモ】1993 恋をした 〜
《下ハモ》普通の女と 〜
【上ハモ】Love 人違い 〜
《下ハモ》いきなり恋して 〜

という具合に、上ハモと下ハモが交互に現れます。ハモりの上下が頻繁に入れ替わることで、揺れ動く心情やドキドキ感が感じられる気がします。

“ドラマティック” なハモりで彩られている「夏の日の1993」


そして、サビのラスト。歌詞「夏の日の君に」の箇所は、それまでとは異なるハーモニーになっています(上図の赤い点線枠の箇所)。「夏」はオクターブユニゾン、続く「の」では音程が下降する主旋律に対してハモりの音程が上昇し、不思議な感覚になります。

残りの歌詞「〜日の君に」では普通の下ハモに収まるので、特徴的なハモりは「夏の」の3音だけです。ただ、この3音のハモりは荘厳な雰囲気が出る旋律であり、これがサビのクライマックスに来ることで「今年の夏はすごいことになりそう」というワクワク感が表れているように感じます。

これら一連のハモりを紐解く中で見えてきたことは、「夏の日の1993」が、歌詞にも出てくる “ドラマティック” なハモりで彩られているということです。ハモりの旋律が典型的なので全体的には爽やかな印象を保ちつつ、上ハモと下ハモの入れ替わりや、サビ終わりに瞬間的な変異パターンを入れることで、さりげなくドラマティックな雰囲気を醸し出している… このボーカルハーモニーの妙が「夏の日の1993」を印象的にする要因になっていると筆者は考えています。

今度「夏の日の1993」を聴く際には、ぜひハモりに意識を向けて聴いてみてください。爽やかさの中にドラマティックな夏を感じていただけるのでは? と思います。

▶ “ハモり”に関連するコラム一覧はこちら!



2023.08.09
22
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
倉重誠
コラムリスト≫
25
1
9
7
6
ニューミュージックの扉を開いたハイ・ファイ・セット vol.2
カタリベ / 鎌倉屋 武士
53
1
9
8
3
1983年夏、夏期講習の帰りに聴いた松田聖子の天国のキッスなどなど
カタリベ / 太田 秀樹
24
1
9
8
0
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.7
カタリベ / KARL南澤
48
1
9
8
4
80年代のサマーソングを探してみたら、ドン・ヘンリーに行き着いた!?
カタリベ / 中川 肇
34
1
9
8
2
ありがとう、ニッポンのお父さん!夏の海の思い出とサザンオールスターズ
カタリベ / Maria
21
1
9
9
1
J-WALK「何も言えなくて…夏」がミリオンヒットした深層心理【90年代夏うた列伝】
カタリベ / 田中 稲