1993年 5月15日

Jリーグ開幕30周年!当時のチェアマン 川淵三郎の開会宣言はなんとわずか30秒

37
0
 
 この日何の日? 
Jリーグ開幕日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1993年のコラム 
素敵な歳の重ねかた!ユニコーン「すばらしい日々」新しい年にふさわしい90年代の名曲

松田聖子が切り拓いた ”大人のアイドル” という世界 〜 ドラマ主題歌「大切なあなた」

鈴木雅之のルーツは三橋美智也? ラブソングの王様が歌うピュアで普遍的なバラード「恋人」

90年代のR&B名盤!ジャネット・ジャクソンとジャム&ルイスの “ヒップホップ・ソウル”

ZARD 坂井泉水の美声が最も輝いた曲「揺れる想い」一色紗英が出演したポカリのCMソング!

ピチカート・ファイヴ「ボサ・ノヴァ2001」にみた “ほんの少し先の未来”

もっとみる≫




新・黄金の6年間 ~vol.6
■ Jリーグ開幕
開幕:1993年5月15日

わずか30秒の開会宣言。1993年5月15日、Jリーグ開幕


「開会宣言。スポーツを愛する多くのファンの皆様に支えられまして、Jリーグは今日ここに、大きな夢の実現に向かって、その第一歩を踏み出します。1993年5月15日、Jリーグの開会を宣言します。Jリーグチェアマン、川淵三郎。」

―― この間、わずか30秒。

これは、今年30周年を迎えるJリーグが、その歴史的扉を開けた国立競技場での開幕セレモニーで、川淵三郎チェアマン(当時)が発したスピーチである。民放テレビで流れるCMと同じサイズだった。僕は当時、テレビでこの短いスピーチを聞いて、やたらと感動したことを覚えている。間違いなく、それは新しい時代の扉が開いた瞬間だった。

思えば、一昨年の2021年に開催された東京オリンピックの開会式で、IOCのバッハ会長が発したスピーチは13分もあった。また、昨年夏の甲子園大会の開会式で、主催者の朝日新聞社社長が行った挨拶は、コロナ禍で式が簡素化される中で3分もあった。そう、偉い人の話は長い―― それは、小学校の全校集会の校長先生の挨拶から、僕らが学んだことだった。

ところが―― Jリーグはわずか30秒。しかも、開幕セレモニーはリーグ史において一度きりの大イベントである。川淵サンは当時、この尺にした理由を問われ、「これなら、当日夜のニュース番組でも編集なしで使ってもらえる」と、ユーモラスに答えている。

そう、今回のコラムは、今から30年前の今日、1993年5月15日に新しい扉が開いた歴史的イベント、Jリーグの開幕である。それは、僕が唱える90年代のエンタメ全盛期―― 1993年から98年の“新・黄金の6年間”の幕開けを飾るに相応しい、象徴的な事件でもあった。キーワードは「地方」―― そして「フロンティア」である。

日本サッカーリーグ創設までの道のり


話は少しばかり、さかのぼる。

日本のサッカーの歴史は、華々しい黎明期と、その後の長いトンネルの冬の時代と、そしてJリーグ開幕から現在に至る時代と、大きく3つの時期に分けられる。まず黎明期――“日本代表” はいきなり爪痕を残す。1936年のベルリン・オリンピックで学生主体のチームながら、優勝候補のスウェーデンを3対2で破り、ベスト8に入ったのだ。世にいう「ベルリンの奇跡」である。

そして戦後―― 1960年に西ドイツ(現・ドイツ)から、後に「日本サッカーの父」と呼ばれるサッカー指導者のデットマール・クラマーを招聘する。クラマーは世界レベルのコーチングを日本に導入、その甲斐あって代表チームは1964年の東京オリンピックで強豪アルゼンチンを破り、ベスト8に進出。更にクラマー帰国後も、釜本邦茂、杉山隆一らクラマーの教え子たちは技術の向上に励み、68年のメキシコ・オリンピックで価千金の銅メダルを獲得する。

更に、クラマーは帰国にあたり、日本サッカーにもう一つの置き土産をした。それが――“リーグ戦の創設” である。曰く「リーグ戦形式にしなければ日本の強化にはならない」―― かくして1965年、日本初のサッカーのアマチュアリーグ「日本サッカーリーグ」(JSL)が創設される。先のメキシコ五輪の銅も、このリーグ戦を通じて代表選手たちが切磋琢磨できた要因が大きかった。

日本で徐々に高まるサッカー熱、「キャプテン翼」の影響も


ところが―― 70年代に入ると、日本サッカーは長いトンネルに入り、冬の時代を迎える。オリンピックはメキシコの次のミュンヘン以降、出場はおろか、アジア予選で敗退を重ねる。ワールドカップに至っては、1954年の初参戦以来、まったく歯が立たない状況だった。

一方で、日本サッカー協会(JFA)は、1977年の国立競技場でのペレの「引退試合」で7万人を動員した成功体験を皮切りに、79年にはFIFAワールドユース選手権を招致する。同大会は、アルゼンチン代表のマラドーナが6ゴールを決めて、MVPに選出。一躍、日本にマラドーナブームが到来したことでも知られる。

更に、1981年からは、欧州と南米のクラブチームによる世界一決定戦「トヨタカップ」が中立国である日本で毎年開催されるようになり、80年代―― 日本のサッカー熱は徐々に高まる。同時期に週刊少年ジャンプで連載が始まった高橋陽一原作の漫画『キャプテン翼』の影響も少なくなかった。

思えば、僕の中高時代がまんま80年代前半と重なるんだけど―― 当時のサッカー部は、野球部と並ぶ花形クラブだった。どうかしたら、サッカー部のほうが女子にモテたくらい。しかし、肝心の日本サッカーリーグの試合は閑古鳥が鳴く状況だった。日本代表に至っては、86年のW杯メキシコ大会、88年のソウル五輪と、またもやアジア予選敗退。いよいよJSLとJFAが危機感を募らせる。



前途は多難のプロリーグ化。川淵三郎がとった方法とは?


1988年3月、JSL―― 日本サッカーリーグは事務局内に「活性化委員会」を立ち上げる。各チームの実務者による、チーム強化のための議論の場である。ここで会議を重ね、翌89年の3月に出た結論は――“日本サッカーリーグのプロリーグ化” だった。しかし、この案はJSLの評議会で否決される。評議会のメンバーは各チームの親会社の取締役が務める事が多く、サッカーの知識に乏しい彼らにしてみれば、サッカーチームは会社の福利厚生の一部門に過ぎなかった。

この時、一人の男が立ち上がる。彼は、改革に後ろ向きなJSLに見切りをつけ、同リーグ内の活性化委員会を解散。新たに、JFA―― 日本サッカー協会副会長の長沼健に要請し、JFA内に「プロリーグ検討委員会」を設置する。男の名は川淵三郎。JSLの総務主事を務めながら、JFAにも顔が利いた。ここへ至り、プロリーグの主体がJSLからJFAへ移ったのである。時に1989年6月―― Jリーグ設立へ向けた第一歩は、ここに始まる。

よく知られた話だが、Jリーグの初期、リーグとタッグを組んだのは電通ではなく、同じく広告代理店の博報堂だった。電通は1977年のペレの引退試合以降、FIFAワールドユース選手権にトヨタカップと、日本サッカー協会とは順調に信頼関係を築いてきたが、実のところ、当時は日本におけるプロリーグ化は勝算が低いと読んでいた。

実際、かつてアメリカに1967年から84年の17年間のみ存在した「北米サッカーリーグ」なる失敗例もあった。ペレやベッケンバウアーなど、外国から有名選手を集めるも―― マーケティングに失敗。4大スポーツの壁にも阻まれ、人気が失速。撤退するチームが相次いで空中分解した。正直、日本でもサッカーのプロリーグは時期尚早という意見が少なからずあり、前途は多難だった。

そこで、川淵サンがとった方法が「この指とまれ」方式だった。時に、1990年3月―― それは、既存のJSLの強豪チームにプロ化を働きかけるのではなく、プロリーグへの参加条件を掲げ、広く募集をかけるというもの。モデルにしたのは、ドイツのブンデスリーガだった。その条件とは――

■ チームの法人化
■ ホームタウンの確立
■ 1万5000人以上収容可能なナイター設備付きの競技場の確保
■ 18人以上のプロ選手との契約
■ ジュニア / ユースなど下部組織の運営―― 等々。

―― 正直、それらのハードルは相当高い。企業が片手間に福利厚生でやれるものじゃない。将来的に、チーム名から企業名を外すことも内示された。それにも関わらず、当初設定された8枠を大きく上回る20チームが名乗りを上げた。翌91年2月、予定から2枠増やし、プロリーグに参加する10チームが決定した―― Jリーグの初年度を飾る「オリジナル10」である。

選考で重視したのは、東名阪に偏り過ぎず、地方にも目を向けることと、ホームタウンの熱意だった。それは即ち、連邦制を掲げるドイツのブンデスリーガの姿である。住友金属(後の鹿島アントラーズ)はJSLの2部チームで、地元の鹿島町(当時)の周辺人口も4万5000人に満たず、当初は最も不利と思われた。しかし、住金と地元関係者の熱量は高く、最終的に屋根付きで1万5000人収容できるサッカー専用スタジアムを作ることが決め手になり、最後の10番目に選ばれた。if―― もしもあの時、住金が選ばれなかったら、その後のJリーグの歴史はどうなっていただろう。

6万人近い観客で埋め尽くされ国立競技場、新しい時代を迎える高揚感


1991年11月、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が設立。川淵サンが初代チェアマンに就任した。愛称の「Jリーグ」は博報堂の発案だった。この時点のJリーグの目標は、2002年のワールドカップの自国開催であり、それまでに自力でW杯の本選に出場することだった。オリンピックと違い、W杯は都市ではなく、全国が会場になる。そのために、全国各地にW杯の規定をクリアするスタジアムを作る必要があった。そのためのJリーグでもあったのだ。

1993年5月15日、国立競技場は満員の6万人近い観客で埋め尽くされていた。開幕ゲームのヴェルディ川崎対横浜マリノスのキックオフの30分前の夜7時―― 暗転のスタジアムでセレモニーが始まった。鳴り響くJリーグ公式テーマ曲「J'S THEME」と、会場を交差する幻想的なレーザー光線。次の瞬間、テーマ曲の作曲者であるTUBEのギタリスト春畑道哉サンとダンサーたちが登場すると、彼らはフィールド全体を使ってパフォーマンスを繰り広げた。



それから、「オリジナル10」の巨大フラッグたちがフィールドを覆った。暗転後―― それらは、巨大なJリーグのマークに早変わりした。かと思えば、Jリーグのマスコット「J-boy」が巨大なバルーンと化して立ち上がった。そして、冒頭でも触れた川淵チェアマンの粋な短いスピーチに、スタンドはチアホーンを鳴らして歓喜した。クライマックスは、TUBEの前田亘輝サンによる「君が代」独唱。完璧な歌声に、観衆は思わず息をのんだ。

その夜、国立競技場の人々と、テレビの前のお茶の間は、新しい時代を迎える高揚感に包まれていた。

「ドーハの悲劇」が起きる、5ヶ月前の話である。



▶ スポーツ・格闘技のコラム一覧はこちら!



2023.05.15
37
  YouTube / TUBE Official YouTube Channel 


  YouTube / Jリーグ公式チャンネル
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
106
1
9
9
6
テレビ史上最も有名なローカル番組「水曜どうでしょう」今なおダマされ続ける大泉洋!
カタリベ / 指南役
35
1
9
9
6
藤子アニメは良曲揃い!キテレツ大百科「お料理行進曲」はアニソン史上最高の主題歌
カタリベ / 指南役
127
1
9
9
3
ピンチを逆手に取った音楽番組!CDTV こと「カウントダウンTV」が1993年に始まった 
カタリベ / 指南役
82
1
9
8
0
W杯決勝!超攻撃的布陣【ハードロック&ヘヴィメタルのギタリスト】ベストイレブン
カタリベ / 中塚 一晶
106
1
9
9
4
14枚目のシングル「がんばりましょう」アイドル冬の時代を経て SMAP ついにブレイク!
カタリベ / 指南役
64
1
9
8
9
W杯決勝トーナメント進出記念【90年代女性アイドル】最強イレブンはこれだ!
カタリベ / 長井 英治