8月12日
派手な動きとツーバスドコドコ!コージー・パウエルは僕のアイドル
38
0
 
 この日何の日? 
マイケル・シェンカー・グループの初来日公演が日本武道館で開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
エンドレス・ラブ、史上最強デュエットソングは「女王」最後の全米No.1

イモ欽トリオ、ダンスフロアに華やかなハイスクールララバイ

おでこが眩しかったぁ!松田聖子の初主演映画「野菊の墓」舞台挨拶

スタート・ミー・アップでわかるミック・ジャガーの商才と商魂

日テレ日曜夜10時半、UFO時代のときめき飛行「アメリカン・ヒーロー」

ロックを選んだ漫才師、ビートたけしとロッド・スチュワートの意外な接点

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

内外の多くのロックドラマーがファンであることを公言してはばからないのが「コージー」こと、コージー・パウエル。

ちなみに、中学時代エレキギターを始めたものの手先が器用でないため一年も経たずにドラムに転向した僕ですが、結局下手なまま今に至っているため、「ドラマー」ではなく「ドラムおたく」といったところでしょうか。

さて、最初にコージーを聴いたのは、ラジオです。リッチー・ブラックモアズ・レインボーのライブアルバム『オン・ステージ』のオープニング曲『キル・ザ・キング』でした。足で踏み鳴らす大太鼓「バスドラム」が2つ並んだ所謂「ツーバス」のドラムセットを叩くコージーのプレイを初めて聴きましたが、曲自体のスピード感に加えギターソロの後半、3分19秒あたりからのツーバスの連打には圧倒されました。

そして、初めて生のコージーを観たのは高校時代、マイケル・シェンカー・グループの武道館ライブ。あのカッコいいコージーがそこにいる、というだけで大感激。ただ、その前年にリリースされたマイケル・シェンカーの復帰アルバム『神〜帰ってきたフライング・アロウ』の一連の曲はコージーよりもレコーディングメンバーのサイモン・フィリップスのプレイの方が合っていると思います。

そんな中、コージーにフィットしていると思う数少ない曲の一つが『イントゥ・ジ・アリーナ』です。ライブ映像の2分13秒あたり、離してセットした左右のシンバルを敢えて右手一本で交互に叩きにいくというムダな動き! ……じゃなくて派手なスティック・ワークがコージーのドラミングの醍醐味なのです。 

来日時にソロアルバムのプロモーションも兼ねて「つのだ⭐︎ひろ」のラジオ番組に出演した時のこと。番組のコーナーで2人の「ドラム合戦」があったのですが(番組を録音したので後で何度も聞き返しました)、何回聴いても「つのだ⭐︎ひろ」の方がドラマーとしては上手に聞こえてしまうのです。まあ、実際の評価はさておき、むしろこの時、このロックドラマーが自分にとってのアイドルであることを再認識する事になるわけですが。

それから幾年の時を経た、ロンドン駐在からの帰国を間近に控えたある晴れた春の日の夕方。帰宅途中のオフィス最寄りの地下鉄駅の新聞スタンドで買った夕刊紙の小さな記事でコージーの死を知りました(1998年)。スピードの出し過ぎで中央分離帯に激突するという自動車事故とのことで、かつて真剣にカーレーサーを目指していた彼らしい最期だったかと。

当時まだ音楽活動は続けていたようですが、在英中に彼の出演するライブに行かなかった事への後悔は全くありませんでした。ただ「好きなロックドラマーは?」と訊かれれば答えの中に間違いなく彼の名前が出てきます。来年で没後20年になりますが、今だに時折YouTubeで再生する『キル・ザ・キング』の「ツーバスドコドコ」には聴き入ってしまいますね。

2017.03.03
38
  YouTube / ヤマハミュージックメディア DVD/Blu-ray/CD


  YouTube / myspace1198


  YouTube / DIOCIRCLE
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
飛影
コラムリスト≫
25
1
9
8
4
リッチー・ブラックモアとレインボー、黒の美学・ハードロックの美学
カタリベ / ジャン・タリメー
53
1
9
8
2
これが幻のMSG、最高傑作であるからこそ悔やまれる「黙示録」
カタリベ / 藤澤 一雅
23
1
9
8
4
世界でいちばんドラムをカッコよく叩く男、それがコージー・パウエル
カタリベ / DR.ENO
1091
1
9
8
4
マイケル・シェンカーの泣き叫ぶギターとヘビメタまわりのおかしな邦題
カタリベ / 田中 泰延
71
1
9
8
3
武道館のヘッドバンギングが止まった!マイケル・シェンカーのギターソロ
カタリベ / 藤澤 一雅
13
1
9
8
1
孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー